GJ > 競馬ニュース > 戸崎圭太「悲願」の日本ダービー(G1)へ「マカヒキ、ドウデュースと遜色ない」超大物がクラシックの主役に急浮上!「今年は俺だったのになぁ」の悔しさから5年
NEW

戸崎圭太「悲願」の日本ダービー(G1)へ「マカヒキ、ドウデュースと遜色ない」超大物がクラシックの主役に急浮上!「今年は俺だったのになぁ」の悔しさから5年

戸崎圭太「悲願」の日本ダービー(G1)へ「マカヒキ、ドウデュースと遜色ない」超大物がクラシックの主役に急浮上!「今年は俺だったのになぁ」の悔しさから5年の画像1
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

共同通信杯で圧倒的な強さ見せたジャスティンミラノ

 11日、東京競馬場で行われた共同通信杯(G3)は、4番人気のジャスティンミラノ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が勝利。デビュー2連勝で、春の牡馬クラシック戦線に大きく名乗りを上げた。

 2021年のエフフォーリア、種牡馬としてブレイク中のスワーヴリチャードなど、勝ち馬だけを取ってみても後の名馬がズラリと並ぶ共同通信杯。今年も朝日杯フューチュリティS(G1)の1着馬ジャンタルマンタル、2着エコロヴァルツが顔を揃えるなど、登竜門に相応しい好メンバーが集っていた。

 しかし、鞍上の戸崎圭太騎手が「強い勝ち方をしてくれた」「強かったです」と手放しに絶賛したように、終わってみればジャスティンミラノの1強だったと言っても過言ではないかもしれない。

 10頭立ての少数精鋭となったレースで、戸崎騎手が「スタートが決まらなかった」と振り返った通り、ジャスティンミラノのスタートは決して良くなかった。しかし、そこから戸崎騎手が軽く促すと、瞬時に反応して2番手まで浮上。そのまま最後の直線に向くと逃げ粘るパワーホールをあっさりと交わし、最後は2歳王者ジャンタルマンタルの追い上げに1馬身半差をつけて完封した。

「デビュー戦でも非凡なところを見せていましたが、今回も着差以上の強さだったと思います。

その能力も然ることながら、特筆すべきは戸崎騎手も『乗りやすい』と絶賛していた操縦性ですね。スタートでやや出負けしたこともあって、そこからポジションを取りに行ったのですが、まったく引っ掛かるところもなく、すんなりと折り合っていました。気性面の成熟度はこの時期の3歳馬としては群を抜いていますし、後のクラシックでも大きな武器になると思います。これは先々が楽しみな大物が出てきた印象です。戸崎騎手は『今度こそ!』ですね」(競馬記者)

 記者がそうエールを送ったように、戸崎騎手の共同通信杯といえば2019年の勝ち馬ダノンキングリーを思い出す読者も少なくないはずだ。

戸崎圭太「悲願」の日本ダービー(G1)へ「マカヒキ、ドウデュースと遜色ない」超大物がクラシックの主役に急浮上!「今年は俺だったのになぁ」の悔しさから5年の画像2
ダノンキングリー 撮影:Ruriko.I

「今年は俺だったのになぁ」の悔しさから5年

 今回のジャスティンミラノと同じく、2歳王者だったアドマイヤマーズに完勝したことで一躍クラシックの主役の1頭に躍り出たダノンキングリーと戸崎騎手。だが、皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)で共に3番人気に支持されたものの3着、2着とあと一歩手が届かなかった。

 特に日本ダービーでは前年のエポカドーロに続く、2年連続の2着。これには『競馬ラボ』のインタビュー企画『週刊!戸崎圭太』で「今年は俺だったのになぁ」と珍しく悔しさを滲ませていた。

 その後、5歳の春にようやく安田記念(G1)を勝利し、悲願のG1初制覇を飾ったダノンキングリー。だが、その背中に戸崎騎手の姿はなく、同コラム内では「正直、悔しいですし情けないのが本音」と元主戦騎手としての複雑な思いを語っている。

 そんな戸崎騎手にとって頼もしいのが、ジャスティンミラノを管理する友道調教師に他ならない。日本ダービー3勝を誇る名伯楽は「調教の動きはマカヒキ、ワグネリアン、ドウデュースと現時点で遜色ない」と自身が手掛けたダービー馬3頭を引き合いに出すほど自信を持っているだけに、悲願のダービー制覇を目指す戸崎騎手としても心強い限りだろう。

 あのダノンキングリーの共同通信杯から5年。奇しくも、また2歳王者を2着に退けて優勝した戸崎騎手。「乗りやすかったので、距離も問題ない」という言葉は皐月賞だけでなく、5月の日本ダービーを見据えているはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

戸崎圭太「悲願」の日本ダービー(G1)へ「マカヒキ、ドウデュースと遜色ない」超大物がクラシックの主役に急浮上!「今年は俺だったのになぁ」の悔しさから5年のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材