GJ > インタビューニュース > 東京大賞典×桃井はるこ
NEW

東京大賞典(G1)で「地方馬」が最強!? 女王桃井はるこが期待する平成最後の「5頭」とは?

【この記事のキーワード】, ,
東京大賞典(G1)で「地方馬」が最強!? 女王桃井はるこが期待する平成最後の「5頭」とは?の画像1

 JRAの有馬記念(G1)とともに、年末の風物詩として競馬ファンには馴染み深い東京大賞典(G1)。ここが真の年末の総決算だと考えている人も多いのではないだろうか? そこで今回は昨年に引き続き、『地方競馬・愛』を公言している桃井はるこさんにこのレースの見どころを語ってもらった。有馬記念では見事に推し馬が上位に入った競馬女王は、東京大賞典をどう見るのだろうか?

桃井はるこ:ついに、ついに来ましたね!! 東京大賞典は私が1年で一番楽しみにしてるレースです。今年もJRAからはゴールドドリーム、オメガパフュームなど一線級の馬たちが出走を予定しています。でも、地方からも大井競馬場、船橋競馬場の南関東はもちろん、さらに北海道の門別競馬場で活躍する馬たちが出走予定なんです。どの馬も実績は十分なので、あなどると痛い目を見ることになりますよ。

――いつも以上に気合が入っていますね。では、さっそく今年のイチオシを教えて下さい。

東京大賞典(G1)で「地方馬」が最強!? 女王桃井はるこが期待する平成最後の「5頭」とは?の画像4

桃井はるこ:私は南関東競馬をよく見ているので、気持ち的に南関の馬、騎手を応援したい。なので今年、私のイチオシはサウンドトゥルー(セン8歳・佐藤裕太厩舎)。

 サウンドトゥルーは、15年はホッコータルマエ、コパノリッキーらを抑えて優勝、そして16年は3着、昨年は2着と、実績は十分です。大井競馬場の砂があっているんでしょうね。今年、南関東競馬の佐藤裕厩舎(船橋)に転厩して、ここが初戦。中央から移籍しG3カペラステークスで3着と好走したキタサンミカヅキ(8歳牡・佐藤健二厩舎)のように地方のノウハウによっての復活もありそうです。

 8歳ということで敬遠する人もいるでしょう。ですがダートメインのセン馬ならば、まだまだ走り頃です。そしておそらく騎乗するのは、”大井の天才”とも称される御神本訓史騎手。その手腕を存分に発揮してもらいたいですね。

 地方所属になったサウンドトゥルーに地元を知り尽くす御神本騎手が乗り、JRA勢を突き抜けてくれたら、もう最高!! (※御神本騎手騎乗が正式決定)

東京大賞典(G1)で「地方馬」が最強!? 女王桃井はるこが期待する平成最後の「5頭」とは?のページです。GJは、インタビュー、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 【新台スマスロ事前評価】神も喰らう衝撃の出玉性能を装備…「直AT」「純増9枚」「510枚×約90%」の仕様に高まる期待!
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. スマスロで『新ミリオンゴッド』降臨の可能性も!?「最大級イベント」の展示マシンが話題に
  7. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  8. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  9. 注目の新台『ミスタージャグラー』を徹底考察! 変則押しでの全小役奪取が必須!?
  10. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?