GJ > 競馬ニュース > 牝馬の福永は過去の栄光!?
NEW

JRA「牝馬の福永祐一」は過去の栄光!? 「桜花賞(G1)13連敗中」もミヤマザクラを“買いたい”理由

【この記事のキーワード】, ,

JRA「牝馬の福永祐一」は過去の栄光!? 「桜花賞(G1)13連敗中」もミヤマザクラを買いたい理由の画像1

 桜花賞(G1)2勝の福永祐一騎手が15年ぶり3度目の「桜戴冠」を狙う。今年のパートナーは、前走初コンビでクイーンC(G3)を制したミヤマザクラ(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 昨年8月、札幌芝2000mの未勝利戦を衝撃のレコードタイムで勝ち上がったミヤマザクラ。続く京都2歳S(G3)では唯一の牝馬ながら、優勝したマイラプソディから2馬身差の2着に健闘した。年が明けて2月のクイーンC。ミヤマザクラは、大逃げを打ったインザムービーから離れた2番手につけると直線力強く抜け出し、追い込んだマジックキャッスルをクビ差しのいだ。

 福永騎手は「長くいい脚を使って押し切ってくれた。初めてのマイルとは思えないくらい上手に対応してくれたと思います」と、初騎乗となった前走の内容に手応えを感じた様子だ。

 8日(水)の最終追い切りでは、栗東坂路で4F52秒8-12秒0をマーク。しかし、ある競馬誌ライターはミヤマザクラの不安点を次のように話した。

「最終追いは、時計こそ合格点でしたが、調教で動く馬だけに僚馬に1馬身遅れたことはプラスとは言えませんね。福永騎手はこの馬の長所として『パワーとスピードの両方が備わっている』と高い評価を与えていますが……。肝心の福永騎手が、ここ数年牝馬に乗って結果を残せていないのも気になります」

 かつて競馬界には「牝馬の福永」という格言が存在した。1996年にデビューした福永騎手。初めてのG1制覇がデビュー4年目の桜花賞だった。1999年にプリモディーネとのコンビで悲願を達成。その後はダイワエルシエーロ、ラインクラフト、シーザリオなど数多くの牝馬をG1制覇に導いてきた。

 福永騎手は、デビューから2011年までの16年間でG1を15勝したが、実にそのうちの10勝が牝馬とのコンビだった。しかし、それ以降は一転、牝馬とのコンビでは結果が出ていない。2012年以降のG1勝利は「10」に上るが、牝馬でのG1制覇はヴィヴロスで制した2016年の秋華賞のみだ。

 牝馬でのG1成績は2011年までが「10-5-10-57」。12年以降は「1-1-4-39」とその差は歴然。「牝馬の福永」という格言は、もう過去のものとなっている。

 これまで桜花賞では99年プリモディーネと2005年ラインクラフトで2勝している福永騎手。06年以降は13戦して未勝利だが、4度の3着がある。その4レースでは、いずれも人気薄の伏兵馬を3着に持ってきていることは覚えておきたい。

【福永祐一騎手、桜花賞3着、2006年以降】
 2009年 ジェルミナル(5番人気)
 2010年 エーシンリターンズ(11番人気)
 2013年 プリンセスジャック(14番人気)
 2016年 アットザシーサイド(6番人気)

 ミヤマザクラはクイーンC経由ということもあって、伏兵的な存在だ。G1初制覇を飾った思い出の桜花賞で久々に「牝馬の福永」は炸裂するだろうか。

JRA「牝馬の福永祐一」は過去の栄光!? 「桜花賞(G1)13連敗中」もミヤマザクラを“買いたい”理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?