GJ > 競馬ニュース > 藤田菜七子「80連敗」でまさかの年越し
NEW

藤田菜七子「80連敗」でまさかの年越し。「戦線離脱」「重賞未勝利」苦難の1年も、目標達成のチャンスあり!?

【この記事のキーワード】,

藤田菜七子「80連敗」でまさかの年越し。「戦線離脱」「重賞未勝利」苦難の1年も、目標達成のチャンスあり!?の画像1

 今年は苦難の年となったようだ。

 2016年にデビューした藤田菜七子騎手。JRAでは16年ぶりに誕生した女性騎手ということで大きな注目を集めた。

 デビューイヤーは6勝に終わったが、翌年は勝ち星を伸ばして14勝。その後は、27勝、43勝と毎年自己ベストを更新し続けてきた。だが、今年は35勝に終わり、初めて前年を下回る成績を記録した。

 さらに、今年の開催最終週は土日で6鞍に騎乗するも未勝利に終わり、「80連敗」という屈辱的な記録で1年を終えることになってしまった。これは18年12月から19年1月に記録した「95連敗」に次ぐ、ワースト3位。1日も早く不名誉な記録更新が止まることが待ち望まれる。

 今年の藤田騎手といえば、4月25日に女性騎手としては初のJRA通算100勝を達成するという明るいニュースがあった。その一方で、2月に落馬負傷でキャリア初となる長期離脱を経験。また、コパノキッキングとのコンビで3度重賞に挑むも、いずれも勝利することができなかった。

 コパノキッキングで重賞初制覇、年間43勝達成と順風満帆だった昨年と比較すれば、物足りない1年だったと言えるだろう。

「昨年と比べると勝ち星は落ちていますが、勝率は変わっていません。むしろ、1月から減量特典が減っていることを考えれば、上々の結果ではないでしょうか。ただ、これにより乗鞍が減ったという背景もあります。多くの若手騎手がこのタイミングで壁にぶつかりますからね。

約1か月間の戦線離脱の影響もありますが、昨年の703鞍から570鞍に減少しています。これが勝ち星に直結していますね。今後、騎乗依頼を増やすためにはさらなる成績向上が求められそうです」(競馬記者)

 それでもフェアプレーの面ではしっかりと結果を残している。

 今年の藤田騎手は35勝を挙げ、制裁点は10点。これはフェアプレー賞の条件である年間30勝、制裁点10点以下を満たしているのだ。

 9月27日の中山8Rで戒告を受けて、制裁点10点となった藤田騎手だが、残り3か月間は1度も制裁を受けることのないフェアな騎乗が続けられたことは十分に誇れるだろう。

 昨年、フェアプレー賞を受賞した際に藤田騎手は「狙っていた賞だったので、獲ることができて、とてもうれしい」と語っている。今年もその土俵に乗ることができてホッとしているはずだ。

 来年はフェアプレーを心がけながら、更なる成績向上となることに期待したい。

藤田菜七子「80連敗」でまさかの年越し。「戦線離脱」「重賞未勝利」苦難の1年も、目標達成のチャンスあり!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅、C.ルメールも認めた「9戦連続」1番人気の大物がカムバック。新進気鋭の指揮官に託された超新星の復活はホンモノか、フロックか
  2. 「3000万円級」の大波乱演出に本人もビックリ!確勝期した敗戦に戸崎圭太はガックリ…「ルメールロス」嘆くファンも
  3. 「2連勝中」武豊の秘密兵器候補VS「逆襲」のギャンブルルーム! 秋の大舞台を見据え、好調3歳牡馬の素質馬が激突!
  4. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  5. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  6. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  7. 武豊、55歳でも「鉄人ぶり」証明した函館開催…ドウデュース敗戦もヤマニンウルスとG1視野、「レジェンド超え」の伏兵陣も要注意
  8. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 「武豊を追いかける」証拠映像がジョッキーカメラに!? 「マークする相手を間違えました…」前日重賞初Vの若武者が敗戦の弁