GJ > 競馬ニュース > 歴代三冠馬の古馬始動戦の明暗  > 2ページ目
NEW

JRA大阪杯(G1)デアリングタクト敗れるもコントレイルは大丈夫!? 歴代三冠馬の古馬始動戦の明暗、7冠馬ディープインパクトに続けるか

【この記事のキーワード】,

 ここまで例をみると、「さすがの三冠馬は古馬をも一蹴する……」と想像しがちだが、”先輩”馬の前に屈するケースもあった。

 2011年の三冠馬オルフェーヴルは、翌年の阪神大賞典に登場。レースでは終始掛かり通しの上、2周目の3コーナー入口でコーナーを曲がらずに外ラチ近くまで逸走。単勝1.1倍の支持を裏切って2着に終わった。その後、平地調教再審査の制裁を受けたオルフェーヴル。天皇賞・春(G1)出走は無事にクリアしたが、後方のまま見せ場なく11着と敗れた。

 最後に紹介したいのが、1941年に日本競馬史上初の三冠馬となったセントライトだ。現在の菊花賞にあたる「京都農林省賞典四歳呼馬」を勝利した後、中山競馬場で行われるハンデキャップ競走に出走する予定だった。ところがこのレースで背負わされる斤量が72キロに決定。馬主はこのハンデ重量に納得がいかず、潔く引退させたという話がある。

 それぞれに波乱万丈のエピソードがある歴代三冠馬の古馬始動戦。自身を含めて3頭しかいない「無敗」の三冠馬コントレイルには、まずは無事に出走へとこぎつけて欲しいと祈るばかりだ。

JRA大阪杯(G1)デアリングタクト敗れるもコントレイルは大丈夫!? 歴代三冠馬の古馬始動戦の明暗、7冠馬ディープインパクトに続けるかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!