GJ > 競馬ニュース > クラシック「見学危機」横山典弘に救いの手!?
NEW

JRA桜花賞(G1)クラシック「見学危機」横山典弘に救いの手!? メイケイエール武豊負傷、関東の大ベテランに舞い込んだ4年ぶりの大チャンス

【この記事のキーワード】, ,

JRA桜花賞(G1)クラシック「見学危機」横山典弘に救いの手!? メイケイエール武豊負傷、関東の大ベテランに舞い込んだ4年ぶりの大チャンスの画像1

 6日に阪神競馬場で行われた桜花賞トライアル・チューリップ賞(G2)を制したメイケイエール(牝3、栗東・武英智厩舎)が、横山典弘騎手とのコンビで桜花賞(G1)に向かうことが明らかになった。

 本番でも有力視されているメイケイエールだが、主戦を務める武豊騎手が先週の土曜阪神で負傷。後に骨折が判明したため、鞍上が未定となっていた。

 昨年8月、福永祐一騎手とのコンビでデビュー勝ちしたメイケイエールは、2戦目から武豊騎手にバトンタッチして重賞を3勝。阪神JF(G1)こそ4着に敗れたが、後方から鋭く伸びた末脚は見せ場十分。ここまで武豊騎手とは4戦3勝と好相性だった。

 だが、高いポテンシャルを持つ一方で、同馬の芝1200m戦でも掛かってしまう前進気勢の強さに陣営が頭を悩ませていたのも確かである。前走のチューリップ賞でも終始行きたがる素振りを見せ、武豊騎手も半ば諦めるような形で残り800mでは早くも先頭に立ったメイケイエール。そのまま押し切りを図ったところで内から猛追したエリザベスタワーに一度は先頭を奪われるシーンもあったが、なんとか踏ん張って同着に落ち着いたものの、一歩間違えれば暴走しかねない危うさが課題として浮き彫りになった。

「枠順やスタートにもよりますが、逃げるという選択もありでしょう」

JRA桜花賞(G1)クラシック「見学危機」横山典弘に救いの手!? メイケイエール武豊負傷、関東の大ベテランに舞い込んだ4年ぶりの大チャンスの画像2

 ついには自身の公式サイトで武豊騎手から「逃げ」という選択肢も飛び出したメイケイエール。幾多の名馬の背中を知る名手が、パートナーを肌で感じたこれまでの4戦から導き出した最善の選択肢なのかもしれない。

 それだけに、試行錯誤の集大成ともいえる桜花賞を前に絶対的なパートナーを失ったことはメイケイエール陣営にとって、まさに寝耳に水の大誤算だったといえるだろう。

 とはいえ、新たなパートナーが武豊騎手と公私ともに懇意にしている横山典騎手に決まったことは、不幸中の幸いだったという見方も可能だ。時には見るものをアッと驚かせる鮮やかな逃げ、またあるときはファンを不安にさせるような大胆な後方待機で魅了する“横山マジック”は今も健在だ。

「横山典騎手といえば、やはりセイウンスカイでスペシャルウィークを破った菊花賞(G1)が印象的です。ダービーで苦杯を舐めさせられたライバルに3馬身半差の圧勝。勝ちタイムの3分3秒2は当時の世界レコードでした。

また、気分屋で難しい気性の持ち主といわれたゴールドシップを乗りこなし、2年連続で敗れていた春の天皇賞を3度目にして優勝に導いた手腕は、乗り役を選びそうなメイケイエールの代打としては頼もしい騎手といえそうです」(競馬記者)

JRA桜花賞(G1)クラシック「見学危機」横山典弘に救いの手!? メイケイエール武豊負傷、関東の大ベテランに舞い込んだ4年ぶりの大チャンスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?