GJ > 競馬ニュース > 元クラシック大本命馬 新潟記念で復活?
NEW

JRAデビュー戦を「練習台」扱い川田将雅に非難も!? 元クラシック大本命馬と久々タッグ、新潟記念(G3)で復活条件が揃った?

【この記事のキーワード】, ,
JRAデビュー戦を「練習台」扱い川田将雅に非難も!? 元クラシック大本命馬と久々タッグ、新潟記念(G3)で復活条件が揃った?の画像1
リアアメリア 撮影:Ruriko.I

 13着、7着、7着、9着、13着……。

 これはリアアメリア(牝4歳、栗東・中内田充正厩舎)の直近5戦の着順だ。昨年9月のローズS(G2)で勝利したのを最後に掲示板すら載れないレースが続いている。

 2年前に誰がこんなリアアメリアの姿を予想しただろうか。単勝オッズ1.2倍という大きな期待を背負ってデビューしたのは2019年6月1日。阪神・芝1600mを1頭だけ違う次元の脚で、2着に8馬身差をつける衝撃的な世代一番星を飾った。そして、このレース後に鞍上・川田将雅騎手が残したコメントがファンの間でも話題となった。

「今日は意識的にスタートを遅らせて後方からのレースを練習させました。無事に初戦を終えることができて良かったです」

 同世代では格が違うと確信していた川田騎手。将来を見据えたこの作戦に、一部のファンからは「練習台扱いした」と批判の声も上がった。

「当時は『こんなこと(意図的な出遅れ)をしたら、出遅れ癖がついてしまうのでは』とリアアメリアを心配する意見もありました。そして、そんなファンの不安は的中することになります」(競馬誌ライター)

 2戦目のアルテミスS(G3)でもスタートで立ち遅れ、後方からの競馬となったリアアメリア。このときは前残りの展開を大外豪快に差し切って薄氷の勝利を手にした。

 しかし、その後は歯車が狂い、阪神JF、桜花賞、オークスとG1の舞台で3連敗。不完全燃焼のまま3歳春を終えた。

「結果論ですが、後方待機策が仇となった可能性もありそうです。オークスは中団から上位(4着)に食い込み、力のあるところを見せていましたが、勿体ない競馬だったようにも感じられます」(同)

 そんなリアアメリアが復活を遂げたのは、昨年のローズSだった。

JRAデビュー戦を「練習台」扱い川田将雅に非難も!? 元クラシック大本命馬と久々タッグ、新潟記念(G3)で復活条件が揃った?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?