GJ > 競馬ニュース > 【共同通信杯(G3)展望】ダノンスコーピオンVSジオグリフも朝日杯FS組は近年大苦戦…エフフォーリアに続く大物出現の予感?
NEW

JRA【共同通信杯(G3)展望】ダノンスコーピオンVSジオグリフも朝日杯FS組は近年大苦戦…エフフォーリアに続く大物出現の予感?

【この記事のキーワード】, ,
JRA【共同通信杯(G3)展望】ダノンスコーピオンVSジオグリフも朝日杯FS組は近年大苦戦…エフフォーリアに続く大物出現の予感?の画像1
ダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 13日(日)には、東京競馬場で共同通信杯(G3)が行われる。昨年はエフフォーリアが無傷の3連勝を飾り、その後G1・3勝の躍進につなげた。今年もこのレースから新たなスターは誕生するか。

 何と言っても、注目はダノンスコーピオンとジオグリフの2頭だろう。

 昨年6月の2歳新馬、10月の萩S(L)を連勝したのはダノンスコーピオン(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)。どちらもゴール前で測ったかのように差し切ってのクビ差勝利だった。

 3連勝を懸けた前走の朝日杯FS(G1)は川田将雅騎手が香港遠征のため、松山弘平騎手に乗り替わり、4番人気に支持された。レースではちょうど中団で折り合い、いい手応えで直線を向いたが、進路取りにやや手間取っている隙に外からドウデュースに抜け出された。

 ダノンスコーピオンは、ワンテンポ遅れて急坂を駆け上がったが、前にいたセリフォスも捉えることはできず3着。それでも初めての多頭数競馬で上出来といえる内容だった。

 これまでの3戦は全て阪神競馬場の1600~1800mを使われているダノンスコーピオン。初の左回りと長距離輸送などを克服する必要はあるが、安田隆調教師が「これから大きなレースをにぎわせてくれる馬」と語っているほど陣営の期待は大きい。

 鞍上が再び川田騎手に戻る今回はしっかり勝ちきって賞金を加算したいところだろう。

JRA【共同通信杯(G3)展望】ダノンスコーピオンVSジオグリフも朝日杯FS組は近年大苦戦…エフフォーリアに続く大物出現の予感?の画像2
ジオグリフ 撮影:Ruriko.I

 朝日杯FSでダノンスコーピオンから0秒3差の5着だったのがジオグリフ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 昨年6月に今回と同じ東京芝1800mでデビュー。3番人気だったが、好位追走から直線鋭く伸びて勝ち上がった。

 その後は北海道に移動し、9月の札幌2歳S(G3)で復帰。今度は1番人気に支持されると、スタートで出遅れるも全く問題にせず。最後方追走から向正面で位置を上げていき、4コーナーでは3番手まで押し上げ、最後はアスクワイルドモアを4馬身突き放して完勝した。

 その後は再び間隔を空けて年末の朝日杯FSへ。1番人気のセリフォスと2強を形成したが、初のマイル戦でペースについていけず、道中は後方を追走。直線は大外を通って伸びたが5着に追い上げるのがやっとだった。

 騎乗したC.ルメール騎手も「後ろすぎました。距離を延ばしたら大丈夫です」と話していたように、2戦2勝の1800mで仕切り直しの一戦となる。

 ただし、ダノンスコーピオンとジオグリフの2頭が人気を二分しそうだが、前走・朝日杯FS組は2000年以降、「2-5-1-12」と案外勝てていない。特に阪神開催になってからは「0-2-0-2」で、1番人気に支持されたアドマイヤマーズとステラヴェローチェはいずれも不覚を取っている。09年ブレイクランアウト以来となる朝日杯FS組の共同通信杯制覇はなるか。

JRA【共同通信杯(G3)展望】ダノンスコーピオンVSジオグリフも朝日杯FS組は近年大苦戦…エフフォーリアに続く大物出現の予感?の画像3
アケルナルスター 撮影:Ruriko.I

 前走ホープフルS(G1)7着から距離短縮で臨むアケルナルスター(牡3歳、美浦・清水英克厩舎)が“2強”の一角崩しを狙う。

 デビューから3戦全てで上がり最速を記録する末脚の持ち主で、6日の東京芝2400mで行われたゆりかもめ賞(1勝クラス)にも登録があったが、1週延ばして強豪揃いの一戦をあえて選択した。

 前走は勝ったキラーアビリティから0秒5差の7着も、後方2番手から見せた末脚は際立っていた。デビュー戦から鞍上を務める柴田大知騎手は『競馬ラボ』の自身のコラムに「相手が強くとも東京コースなら通用するという見立てで挑みます」と、共同通信杯に臨む意気込みを記している。

 決め手は2強にもひけを取らないだろう。展開次第で、直線突き抜けるシーンがあっても驚けない。

JRA【共同通信杯(G3)展望】ダノンスコーピオンVSジオグリフも朝日杯FS組は近年大苦戦…エフフォーリアに続く大物出現の予感?の画像4
アサヒ 競馬つらつらより

 昨年6月の新馬戦でジオグリフの2着だったアサヒ(牡3歳、美浦・金成貴史厩舎)。3戦目で勝ち上がると、続く東京スポーツ杯2歳S(G2)で、イクイノックスの2着に好走し、賞金加算に成功した。東京1800mをすでに3度使われているのも強み。今回も上位争いに加わってくるだろう。

 ビーアストニッシド(牡3歳、栗東・飯田雄三厩舎)は、キャリア4戦すべてで人気を上回る着順に好走している。脚質は自在で、昨秋の京都2歳S(G3)は逃げて2着、前走・シンザン記念(G3)は中団に控えて3着レッドベルアームとハナ差の4着に好走した。人気がなくても注意は必要だろう。

 この他には、19年の当歳セレクトセールで1億7280万円(税込)という高値で落札されたダノンベルーガ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)。祖母がエアグルーヴという良血馬のレッドモンレーヴ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)などが出走を予定している。

 春の牡馬クラシックへ向けて重要な一戦は、順当にダノンスコーピオンとジオグリフの争いになるのか。それとも伏兵の台頭はあるのか。発走は15時45分を予定している。

JRA【共同通信杯(G3)展望】ダノンスコーピオンVSジオグリフも朝日杯FS組は近年大苦戦…エフフォーリアに続く大物出現の予感?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内