GJ > 競馬ニュース > 「無茶ぶり」に武豊騎手もパニック  > 2ページ目
NEW

【天皇賞・春(G1)回顧】北島三郎の「無茶ぶり」に武豊騎手もパニック!?キタサンまつりに終わった春の天皇賞

【この記事のキーワード】, ,

 2番手にいたヤマニンボワラクテを競り落としたものの、4角先頭からの粘り込みを図ろうとしたゴールドアクターだが、あと一頭が捕まらない。鞍上吉田隼人の計画図が、ズルズルと溶けていく。

 完全にレースを支配し、最後の直線で先頭に立ったキタサンブラック。ここまで「誰も競り掛けてこなければ、スローで逃げる」という『プランB』を採用した武豊騎手にとっては、まさに理想的、完璧なレース運びだったように映る。

 しかし、この武豊の完璧なペース配分を「しめしめ……」とほくそ笑んでいる、もう一人の男がいた。この展開で武豊騎手のもう一つのプラン「先行インベタの競馬」を実践し、全馬の中で最も大きな恩恵を受けていたカレンミロティックの鞍上・池添謙一騎手である。

 道中ずっとキタサンブラックのすぐ後ろにいたカレンミロティックは、まず手応えがなくなったゴールドアクターを競り落とすと、前を行くキタサンブラックに一歩一歩詰め寄る。武豊騎手にとって完璧なレース運びは、同時に池添騎手にとっても理想的な展開だった。

 まるで、キタサンブラックを徹底マークした、大阪杯のアンビシャスと横山典弘騎手のような競馬。枠順、展開、ペースとすべてを味方につけたカレンミロティックは、力強い足取りでキタサンブラックの前に出る。一瞬、このままカレンミロティックが勝つと思われた。

 しかし、ここからキタサンブラックが菊花賞馬の意地を見せる。武豊渾身の”ゲキ”に応え、人知を超えた粘り腰を見せるキタサンブラック。桜花賞を悔しいハナ差で落としていただけに、もう絶対に繰り返したくないと必死に馬を追う池添騎手。

 お互いがまったく譲ることなく、2頭が並んだままゴールを駆け抜けた。

 ゴール直後、どちらが勝ったのかまったくわからなかった。キタサンブラックか、カレンミロティックか。大観衆のどよめきに包まれた長い写真判定の結果、天皇賞・春を制したのは前者だった。

「ああ~、まつりだ、まつりだ、キタサぁンまつり。今日はユタカさんとまつりだよ~」

「ああっ、いえいえ、結構です。結構です」という武豊騎手の必死の抵抗?で、残念ながら武騎手による「まつり」の披露はなかったが、もはや”定番”となったキタサンブラックのオーナー北島三郎による「まつり」が、京都競馬場に”勝利の凱歌”として響き渡る。

 桜花賞に続き、またも際どいハナ差で涙を飲むことになった池添騎手は「完璧なレースができて、馬も応えてくれたんですけど……」と唇を噛みしめる。上位2頭と同じく、道中内々で脚を溜め続けていたシュヴァルグランが直線で馬群を割って伸びたが、3着が精一杯だった。

 対照的に、いつものように積極的な競馬を仕掛けていったゴールドアクターは最後の直線で失速し12着。スローペースに持ち込まれ、展開が向かなかったフェイムゲームも8着止まりだった。

 4着のタンタアレグリアも含め、若い4歳世代の活躍が目立ったレース。ドゥラメンテやリアルスティールなどタレント揃いのこの世代が、競馬界をリードする時代の到来を予感させる天皇賞・春だった。

【天皇賞・春(G1)回顧】北島三郎の「無茶ぶり」に武豊騎手もパニック!?キタサンまつりに終わった春の天皇賞のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス