GJ > 競馬ニュース > ダノンザキッド「鬼門」の中山でまたも悪夢…2度目のゲート再審査でドバイ遠征も中止と踏んだり蹴ったり
NEW

ダノンザキッド「鬼門」の中山でまたも悪夢…2度目のゲート再審査でドバイ遠征も中止と踏んだり蹴ったり

【この記事のキーワード】, ,
ダノンザキッド「鬼門」の中山でまたも悪夢…2度目のゲート再審査でドバイ遠征も中止と踏んだり蹴ったりの画像1
吉田豊騎手

「日本の皆さんこんばんは。サウジアラビアでサウジカップ勝ちました!」

 日本時間26日の未明、競馬界にビッグニュースが飛び込んだ。世界最高の1着賞金(約13億6000万円)を誇るサウジカップ(G1)で、日本馬のパンサラッサが大金星を上げたのである。

 過去には日本馬5頭が挑戦し、6着が最高だったサウジカップだが、ついに快挙を成し遂げた。レース後には鞍上の吉田豊騎手をはじめ、管理する矢作芳人調教師も「こんな結果が出るとは信じられない」と喜びを爆発。歴史に残る日本馬初の大偉業に、ファンも歓喜に沸いた。

ダノンザキッド「鬼門」の中山でまたも悪夢…2度目のゲート再審査でドバイ遠征も中止と踏んだり蹴ったりの画像2
ダノンザキッド

 昨年の中山記念覇者パンサラッサがサウジアラビアで大輪を咲かせた一方で、今年の中山記念で2番人気に支持されたダノンザキッド(牡5、栗東・安田隆行厩舎)は、最後の直線で伸びを欠き、11着に惨敗。1番人気で7着に敗れていた昨年の1年越しのリベンジを狙っていたものの、またも厳しい結果に終わってしまった。

「鬼門」の中山でまたも悪夢…

 手綱を取った北村友一騎手が「いい位置で競馬はできた」と振り返った通り、スタートや道中の位置取りは、決して悪くなかったダノンザキッド。スローの逃げに持ち込んだドーブネが3着に残れたように、内ラチ沿いの好位を追走する絶好のポジションだった。スタートが一息だった上に後方から末脚不発に終わった昨年に対し、今年は積極果敢なレース運びにも映った。

 しかし、敗戦を振り返った北村友騎手が「ポジションを取りに行った分気負って、4角から脚が使えなかった」とコメントした通り、勝負どころでいつものような末脚を使うことなくズルズルと後退。2歳時に同じ中山コースのホープフルS(G1)を優勝した馬にしては、物足りなさを感じたレース内容かもしれない。

「昨秋からマイルCS(G1)2着、香港カップ(G1)2着と復活の兆しが見えていただけに、残念な結果となりました。戦前から陣営も『あの頃(1年前)より状態は数段良くなっている』と状態に太鼓判を押していたのですが……。

状態面に不安がなかったとなれば、敗因は精神面の方でしょうか。昨年7着に敗れた際に、鞍上の川田将雅騎手が『中山に嫌な記憶が残っているのか全く走る気になってくれませんでした』と漏らしていましたが、これはおそらく弥生賞ディープインパクト記念(G2)3着から臨んだ皐月賞(G1)で15着に惨敗し、日本ダービー(G1)を目前に骨折したことを意味している可能性が高そうです」(競馬誌ライター)

 また、昨年に続く中山での惨敗に留まらず、ゲート入りにおいても課題が残った。

 昨年の毎日王冠(G2)ではゲートの前扉を壊し、JRAからゲート再審査の処分を受けたダノンザキッドだが、今回はスタート前にゲートをくぐってしまうハプニング。再度JRAから「枠内駐立不良」と判断され、2度目のゲート再審査と1カ月間の出走停止を課せられた。

 これにより、来月のドバイ遠征も事実上不可能となった。春の大目標まで諦めざるを得ない上に、3年連続で中山開催のレースを大敗してしまった。

 ダノンザキッド陣営にとっては、まさに踏んだり蹴ったりの結末だったのではないか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ダノンザキッド「鬼門」の中山でまたも悪夢…2度目のゲート再審査でドバイ遠征も中止と踏んだり蹴ったりのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?