GJ > 競馬ニュース > 「とても3歳馬とは思えない」スプリント界の新星候補が破竹の4連勝!ハクサンムーン育ての親も絶賛、順調ならスプリンターズSで大仕事も?
NEW

「とても3歳馬とは思えない」スプリント界の新星候補が破竹の4連勝!ハクサンムーン育ての親も絶賛、順調ならスプリンターズSで大仕事も?

「とても3歳馬とは思えない」スプリント界の新星候補が破竹の4連勝!ハクサンムーン育ての親も絶賛、順調ならスプリンターズSで大仕事も?の画像1

 スプリント界に新たな大物候補が現れたかもしれない。

 26日、阪神競馬場で行われたマーガレットS(L)は、単勝1.3倍に推されたビッグシーザー(牡3、栗東・西園正都厩舎)が断然人気に応えて完勝。昨年の未勝利から続く快進撃を4連勝に伸ばした。

 10頭立て芝1200mのレース。五分のスタートを決めたビッグシーザーは、内目の4、5番手を追走。前半3ハロン33秒8の淀みない流れの中、絶好の手応えのまま最後の直線を迎える。

 残り300m付近で進路を外に切り替えると、前にいたミルトクレイモーとアームズレインの間を縫うように伸び、あっという間に先頭に躍り出ると、最後はブーケファロスの猛追を2馬身振り切ってゴールした。

「昨年の未勝利戦でレコード勝ちしているように、スピードに秀でたタイプなのはわかっていましたが、ここでも力が違いましたね。鞍上の幸英明騎手も『強かった』とべた褒めでしたし、最後は流す余裕すらありました。先々も大いに期待できそうです。

また、次走は間隔を空けて5月の葵S(G3)に向かう予定のようです。昨年の覇者ウインマーベルは、のちにスプリンターズS(G1)で3歳ながら2着に入りました。ビッグシーザーも葵Sを勝って順調に進むようなら、大仕事をやってのけるかもしれませんよ」(競馬誌ライター)

 本馬を管理するのは、これまで阪神JF(G1)を勝ったタムロチェリーをはじめ、マイルCS(G1)を制したエーシンフォワードやサダムパテックなどを手掛けた西園正調教師。重賞勝ちの殆どが芝のマイル以下であるように、短距離馬の育成には定評がある名将だ。2013年のセントウルS(G2)は管理馬のハクサンムーンで、スプリント界の絶対王者ロードカナロアを撃破した実績も見逃せない。

 そんな西園正師も、レース後には「非常に安心して見ていられました」「強いハクサンムーンの後継馬にと思います」とビッグシーザーを絶賛。『東京スポーツ』の記事によれば、戦前から獣医にも「とても3歳馬とは思えない」と評価された模様で、今後に期待を寄せているはずだ。

 惜しくもハクサンムーンでは、高松宮記念(G1)やスプリンターズS(G1)でいずれも2着が最高だったように、スプリントG1制覇にはあと一歩届いていない西園師。新たな大物候補が現れたとなれば、夢が膨らむのも当然だろう。

「短い距離に特化して、頂点を目指したい」

 その言葉からも、狙うは今秋のスプリンターズS一択だろうか。いずれにせよ、楽しみな新星が現れた。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「とても3歳馬とは思えない」スプリント界の新星候補が破竹の4連勝!ハクサンムーン育ての親も絶賛、順調ならスプリンターズSで大仕事も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは