GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「2400mの馬」もヴィクトリアマイル参戦表明!惜敗続くスターズオンアースの選択は迷走か名采配か
NEW

C.ルメール「2400mの馬」もヴィクトリアマイル参戦表明!惜敗続くスターズオンアースの選択は迷走か名采配か

C.ルメール「2400mの馬」もヴィクトリアマイル参戦表明!惜敗続くスターズオンアースの選択は迷走か名采配かの画像1
スターズオンアース

 先日の大阪杯(G1)は、武豊騎手騎乗の2番人気ジャックドール(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)が逃げ切り、念願のG1タイトルを獲得した。

 一方で、1番人気に支持されたスターズオンアース(牝4、美浦・高柳瑞樹厩舎)はハナ差の2着に惜敗。前残りの展開ながら後ろから一頭だけ追い込んできたレースぶりは“負けて強し”の内容だった。

 鞍上のC.ルメール騎手から「秋華賞と同じ競馬になった」というコメントが出た通り、前半に位置をとれず差し届かないという負け方は昨年の秋華賞(G1)と同じような敗戦。また、レース後にルメール騎手が「2400mの馬。跳びが大きくて直線の長いコースのほうがいい」と話したように、2000mよりも長い距離への適性が高そうだ。

 しかしながら、スターズオンアースを所有する社台サラブレッドクラブは、ホームページで同馬の次走をヴィクトリアマイル(G1)に予定していると発表。これは本馬を「2400mの馬」と評したルメール騎手の見解と異なる距離短縮だ。もちろん大阪杯前からの既定路線だった可能性もあるが、陣営と鞍上のあいだでスターズオンアースに対する認識の違いが生じている感は否めない。

スターズオンアースの選択は迷走か名采配か

 確かに近年のヴィクトリアマイルは、アーモンドアイやグランアレグリアなど牡馬とも互角かそれ以上に戦える馬が圧勝するシーンが目立っている。陣営からすれば、牝馬相手で東京競馬場の長い直線がプラスに出れば勝てるという思惑だろうが、残念ながら今年のヴィクトリアマイルはそれだけで勝てるほど甘くはなさそうだ。

 というのも、今年のヴィクトリアマイルにはメイケイエール(牝5、栗東・武英智厩舎)とナムラクレア(牝4、栗東・長谷川浩大厩舎)が参戦を予定。2頭ともスプリント路線のトップホースだけに、マイルでも短距離戦に近いようなスピード能力が求められる可能性が高い。スプリントG1でも余裕で追走できるこの二頭が展開のカギを握るようなら、レース前半は速い流れになることが想定される。

 スターズオンアースはここ2戦とも前半のポジションが仇となって敗れており、マイルG1のペースについて行けるかがカギとなりそうだ。またしても位置取りが後方となって差し届かずというシーンがあっても不思議ではない。

C.ルメール「2400mの馬」もヴィクトリアマイル参戦表明!惜敗続くスターズオンアースの選択は迷走か名采配かの画像2
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 また、ヴィクトリアマイルには昨年の優勝馬ソダシ(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)も出走を予定している。こちらはマイルG1で3勝をあげているマイルのスペシャリスト。どのレースでも先行して押し切る勝ち方をしていることから、スターズオンアースにとっては間違いなく強敵となるだろう。

 スターズオンアース陣営としては、惜敗続きに何としてもピリオドを打ちたいところ。そのためには、同馬が最も力を発揮できるレースに出走させたいのは当然である。このタイミングでのマイルG1出走という選択が名采配となるのか迷走となるのか。来月の本番で答えが出る。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール「2400mの馬」もヴィクトリアマイル参戦表明!惜敗続くスターズオンアースの選択は迷走か名采配かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安