GJ > 競馬ニュース > 「元ダービー馬候補」が8ヶ月の充電を経て復帰戦! リバティアイランド、タイトルホルダーら超大物を多数輩出も早逝、父の後継種牡馬候補として期待する声も?
NEW

「元ダービー馬候補」が8ヶ月の充電を経て復帰戦! リバティアイランド、タイトルホルダーら超大物を多数輩出も早逝、父の後継種牡馬候補として期待する声も?

【この記事のキーワード】, ,
「元ダービー馬候補」が8ヶ月の充電を経て復帰戦! リバティアイランド、タイトルホルダーら超大物を多数輩出も早逝、父の後継種牡馬候補として期待する声も?の画像1
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

 今週末、東京競馬場で開催されるオークス(G1)。下馬評ではリバティアイランドが圧倒的な人気になることが予想されている。次元の違う末脚で1冠目の桜花賞(G1)を制したのだから当然だろう。

 また同馬の父である種牡馬ドゥラメンテにとっては、昨年のスターズオンアースに続いて春の牝馬二冠連覇の期待もかかっている。

 ドゥラメンテ産駒は2頭の他にも、シャンパンカラーが先々週に行われたNHKマイルC(G1)を優勝。来週の日本ダービー(G1)にもG1馬のドゥラエレーデと重賞ウイナーのシーズンリッチがエントリーを済ませるなど、今まさに一世を風靡しているといっても過言ではない。

 古馬にもG1・3勝馬のタイトルホルダーがいる。これまで続々と超が付くほどの大物を輩出してきただけに、ドゥラメンテが2年前に早逝してしまったのがつくづく残念でならないのは筆者だけではないだろう。

「元ダービー馬候補」が8ヶ月の充電を経て復帰戦! リバティアイランド、タイトルホルダーら超大物を多数輩出も早逝、父の後継種牡馬候補として期待する声も?の画像2
ドゥラドーレス 撮影:Ruriko.I

 そんな種牡馬ドゥラメンテの2世代目の産駒であり、昨年のクラシック路線では「ダービー馬候補」との呼び声もあったドゥラドーレス(牡4歳、美浦・宮田敬介厩舎)が来月24日、江の島S(3勝クラス)で8ヶ月ぶりの復帰戦を予定している。

 同馬は一昨年11月にデビューして2連勝。2戦目のセントポーリア賞(1勝クラス)は1分45秒7の好時計で制しており、これは同レースが東京・芝1800mで開催されるようになって以降、最速のタイムであったことから、ダービーの有力候補の1頭として取り上げられるようになった。

 しかし、3戦目の毎日杯(G3)では当時主戦の戸崎圭太騎手がレース後「馬群を捌けずに追い出しが遅れました」と話した通り、勝負どころでスムーズさを欠いて3着に敗退。賞金加算に失敗したことで春クラシックを断念している。

 ただ、8月の夏競馬で3勝目を挙げると、秋には菊花賞(G1)に出走。アスクビクターモア、ボルドグフーシュ、ジャスティンパレスといった今ではG1戦線を賑わせているビッグネーム3頭に続く4着に入っただけに、今後に期待が高まってくるのも当然だろう。

 復帰戦の江の島Sは東京・芝2000mで行われるだけに、ここを難なく突破するようであれば、秋には同じ舞台の天皇賞・秋(G1)で面白い存在にもなれるかもしれない。久々になるとはいえ、その走りに大いに注目が集まりそうだ。

父の後継種牡馬候補として期待する声も?

「ドゥラドーレスは素質も然ることながら、母方の3代母がウインドインハーヘアということで、近親にはディープインパクトがいるなど血統的にも魅力を秘めた1頭です。

父ドゥラメンテは既にこの世を去ってしまっているだけに、これからの活躍次第では本馬に後継種牡馬候補としての期待がかかってきても不思議ではないでしょう。実際にネット上などの一部ファンからは『ぜひ種牡馬入りしてほしい』なんて声も出ているみたいですね」(競馬誌ライター)

 なお復帰戦の鞍上は、今のところ明らかになっていないようだ。前走に続いて横山武史騎手が手綱を取るのか、それとも戸崎騎手とのコンビ再結成はあるのか、注目してみるのも面白いかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「元ダービー馬候補」が8ヶ月の充電を経て復帰戦! リバティアイランド、タイトルホルダーら超大物を多数輩出も早逝、父の後継種牡馬候補として期待する声も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは