GJ > 競馬ニュース > 「勝つまで食わない!」最高の寿司・焼肉のためのギャンブラーの心得【徒然なる神のくず競馬トーク】
NEW

「勝つまで食わない!」最高の寿司・焼肉を食すためのギャンブラーの心得【徒然なる神のくず競馬トーク】

【この記事のキーワード】, ,

「勝つまで食わない!」最高の寿司・焼肉を食すためのギャンブラーの心得【徒然なる神のくず競馬トーク】の画像1

「ギャンブラーと昼ご飯」

 これは人によって全然違うと思うし、少数派だと思うのですが、私は昔からギャンブル中に食事をしませんでした。何故ならば、勝ったら焼肉とか寿司を食べるという頭が常にあったからです。その為に腹をペコペコにしておかなければいけないと思っていたんです。負けたら泣きながらカップラーメンを食べればいい。

 その昔、毎日パチンコやパチスロに行っていた頃は、昼休憩を取って昼食を食べに行くなんて事はあり得なかった。高設定台を打っているのなら1回転でも多く回すべきだったし、高設定台を探している状況なのに昼食を食べたりして、その間に良い台が空いたのに取られてしまったりしたら、目も当てられない。焼肉や寿司を別にしても昼飯など食っている場合ではなかったのです。

 競馬の場合は終わるのも早いし、大勝ちしたら即焼肉というのを常に意識していたものです。ウイニング競馬に出演する前はWINSで買うことが多かったので、競馬場で飯を食うという感覚もあまりありませんでした。とにかく大勝ちした時に備えて、腹は空かせておいたのです。

 大勝ちした次の日に食べればいいじゃないかって? 愚問ですね。大勝ちした次の日もギャンブルをしているので、そこで勝ち分を失ったらもう食べられませんから(笑)。それに基本的に焼肉は誰か友達とかと食べに行って勝った人がオゴるんですけど、勝ち分が減ったらもうオゴる気が失せますからね(笑)。ギャンブラーはご馳走を食べるなら、勝ったその日に必ず食べなければいけないのです。

 借金に苦しんでいたあの頃、私にとって焼肉は本当にご馳走でした。ギャンブルで大勝ちしなければ食べられないものだった。その特別な物を食す時に、お腹がそんなに空いてないなどということはあってはならなかった。今でもご馳走ではあるんですけど、さすがにあの頃ほど高嶺の花ではなくなりました。

 でも、今もその時の名残りで、例えばウイニング競馬の中継がある日、私は弁当を食べません。というか、基本的に今でも昼飯を食べるという感覚があまりなくて、一日一食のことが多い。原始時代の名残りならぬ、原始ギャンブラーの名残りですね。

 今はもうパチンコやパチスロはほとんどやっていないので、休みの日にたまに例えばランチなんか食べたりすると、とても贅沢をしている気分になります。焼肉代より全然安いのにね。

 え〜実にどうでもいい話でしたが(笑)、読者の方の中にどれくらい共感してくれる人がいるのか気になった次第です。あ、ご馳走に限らず、例えば服とかを買うにしても、給料で余裕で買える時でもギャンブルで勝たなきゃ買わなかったりしますね。はい。わかりますよね?

 まあ、いいや。それでは皆さん! 今週はオークスで大勝ちして贅沢しましょう!!

キャプテン渡辺

キャプテン渡辺

お笑い芸人。1975年10月20日生まれ、静岡県静岡市出身。A型。放送芸術学院卒業。2005年にお笑いトリオ・キラッキラーズを結成。現在はピン芸人として活躍中。土曜の競馬中継「ウイニング競馬」レギュラー。競馬予想術の粋を集めた自著「神の馬券術」が好評発売中

【YouTube】くず競馬チャンネル

Twitter:@captain1975

「勝つまで食わない!」最高の寿司・焼肉を食すためのギャンブラーの心得【徒然なる神のくず競馬トーク】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは