GJ > 競馬ニュース > 「あの武豊が乗ってくれます。信じられません」まさかのサプライズに祝福の嵐!「身の程知らずとは私のこと」から大逆転…発端は超大物オーナーの鶴の一声
NEW

「あの武豊が乗ってくれます。信じられません」まさかのサプライズに祝福の嵐!「身の程知らずとは私のこと」から大逆転…発端は超大物オーナーの鶴の一声

【この記事のキーワード】, , ,
「あの武豊が乗ってくれます。信じられません」まさかのサプライズに祝福の嵐!「身の程知らずとは私のこと」から大逆転…発端は超大物オーナーの鶴の一声の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 競馬界のスーパースター武豊。54歳となった現在でもトップジョッキーとして活躍を続けるレジェンドは、まだまだ健在だ。

 昨年の日本ダービー(G1)をドウデュースとのコンビで制し、歴代最多となるダービー6勝の快挙を達成しただけでなく、4月の大阪杯(G1)でもジャックドールを見事な手綱捌きでG1初勝利へと導いた。オグリキャップ、メジロマックイーン、ディープインパクトなど、武豊騎手とのコンビで名を馳せた馬は枚挙に暇がないほどである。

 武豊騎手といえば、競馬ファンでなくとも、誰もが一度は耳にしたことがあるはずの超大物人気ジョッキーだ。中央の馬主になることは、そう簡単なことではないのだが、もし自分が馬主になることができたなら、愛馬に武豊騎手を乗せてみたいと夢見る競馬ファンは決して少なくないだろう。

 先日の兵庫チャンピオンシップ(G2)を圧勝したミトノオーにしても、同馬のデビューから4戦続けて手綱を取っていた木幡巧也騎手が降板となり、武豊騎手に乗り替わった経緯もあったが、これにはオーナーサイドの強い要望も関係したといわれている。

 こちらについては、弟子を乗せてやりたかった牧光二調教師が、最終的に折れた格好となったらしいのだが、この日の園田競馬場には“武豊効果”もあって多くのファンが来場。武豊騎手も初コンビのミトノオーを巧みなエスコートで勝利へと導いた。結果的に、この乗り替わりは大成功に終わったといえる。

 そんな武豊騎手だが、オークス(G1)を控える今週末の東京競馬でまたしても渦中の人となったらしい。

「夫婦で涙を流して乾杯しました。長く生きてりゃいいことあるもんです。武豊さん、心からありがとうございます」

 奥様と祝杯をあげて、この上ない感動と喜びをTwitterで発信したのは、JRA東京馬主協会役員であり、静岡県司法書士政治連盟副会長を務めている三岡陽オーナーだ。

 21日の日曜・東京7Rに愛馬のチャールストン(セ4、美浦・小桧山悟厩舎)の出走を予定している同オーナーだが、これまで本馬には若手騎手が起用されることも多く、前走も原優介騎手が騎乗していた馬だった。

 また、チャールストンも昨年1月のデビューから20戦2勝の成績。2勝の内訳も地方の盛岡と佐賀で挙げたように、これといって目立った戦績の持ち主でもない。前走で4着に入ったといっても、1勝クラスで10番人気という人気薄に過ぎなかっただけに、武豊騎手の騎乗に三岡オーナーが狼狽したのも頷ける。

 ただ異例にも映るこのエピソードには、確かな伏線も存在した。

 事の発端は17日に三岡オーナーが自身のTwitterで「チャールストン。想定は新潟と東京の両方。メンバー構成的に勝負になる可能性が高そうなのはやはり新潟ですがオークス当日の華やかな府中で所有馬を走らせてみたい気もします。今回は権利持ちなのでどちらにも出走可。あとは私の決断」とつぶやいたことだ。

 するとこのツイートに反応した「ニシノ」「セイウン」の西山茂行オーナーから「府中でしょう。一緒にランチ」と声が掛かり、新潟と府中で迷っていた三岡オーナーも東京馬主協会の副会長理事の「鶴の一声」で東京に使うことを決意したようだった。

 そこで三岡オーナーは、チャールストンを管理する小桧山調教師に連絡を取った際、「先生…た、武豊は無理ですよね?」と、オークスで騎乗するため東京に参戦するレジェンドの起用を相談。当時のツイートでは「無理ですと即答」され、「身の程知らずとは私のことかもしれませんね」と、三岡オーナーも落胆していた。

 ところが、翌日に状況が急変する。

「嘘のような本当の話ですが、あの武豊が乗ってくれます。信じられません」

 驚きの声と共にツイートされた内容には、チャールストンの鞍上に武豊騎手の名前が……。“ダメ元”で提案したリクエストが現実のものとなったのだから、さすがに驚きを隠せない様子だった。

 まだ夢見心地の三岡オーナーに裏事情を説明してくれたのは『競馬ブック』の赤塚俊彦氏だ。赤塚氏によると、武豊騎手に小桧山調教師が直接電話で交渉してOKをもらえたとのこと。

 師の粋な計らいもあれば、誰もが驚くサプライズでそれに応えた武豊騎手の人柄の素晴らしさも伝わるコンビ結成である。

 また、このサプライズに「陰のMVP」がいるとしたら、それは間違いなく西山オーナーではないだろうか。西山オーナーといえば、『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)に登場するニシノフラワー、セイウンスカイとの関係でも知られている超大物だ。

 当初、新潟と東京で迷っていた三岡オーナーに東京を勧めた人物であり、西山オーナーと小桧山調教師の親密な関係は競馬ファンも知るところ。武豊騎手の騎乗を喜んだ三岡オーナーのツイートに対し、西山オーナーも「奇遇ですねー。わしも1頭5Rで武豊に頼みました」とリプライ。ただのキューピッドだけで終わらないところは、さすが西山オーナーといったところだ。

 事の成り行きを目撃したファンから、多くのお祝いの声が届いたサプライズ。意外な注目を集めることとなった三岡オーナーのチャールストンで、武豊騎手はどのような手綱捌きを見せてくれるだろうか。

黒井零

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

「あの武豊が乗ってくれます。信じられません」まさかのサプライズに祝福の嵐!「身の程知らずとは私のこと」から大逆転…発端は超大物オーナーの鶴の一声のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは