GJ > 競馬ニュース > 関東のベテランが「1年未勝利」の大苦戦…「俺のジョッキー人生は終わらない」の意地、3連単200万円超えの存在感
NEW

JRA関東のベテランが「1年未勝利」の大苦戦…「俺のジョッキー人生は終わらない」の意地、3連単200万円超えの存在感

JRA関東のベテランが「1年未勝利」の大苦戦…「俺のジョッキー人生は終わらない」の意地、3連単200万円超えの存在感の画像1

 最下位人気の馬に騎乗することも多いものの、1年に何度か“穴を開ける”いぶし銀の騎乗を見せている武士沢友治騎手。ネットは一部のファンから「武士沢チャレンジ」なる言葉まで生まれ、いつ来るかわからない「大仕事」を待ち望んでいるファンも少なからずいるようだ。

 そんなファンの声に応えるように、今年の4月には中山12R・4歳以上1勝クラスで11番人気のエターナルプライドに騎乗して殊勲の2着。複勝2340円の配当を記録し、3連複34万6100円、3連単にいたっては249万1960円という大波乱の立役者にもなっている。

 今年も8番人気以下の馬を馬券内に導いている武士沢騎手。だが穴騎手としての面目躍如はできているものの、残念ながら今年の勝利はまだない。それどころかデビュー27年目を迎えた45歳の大ベテランは、昨年6月の3歳未勝利戦をステップで勝利したのを最後に、それから約1年近く勝ち星から見放されている。

 先週の日曜東京2R・3歳未勝利戦は、2番人気ピックアップラインとコンビを組んだ武士沢騎手にとって、この長い連敗トンネルから脱出するチャンスが訪れた一戦だった。同馬は勝利こそはないものの、これまで2着1回3着1回4着2回と安定した成績を残していたパートナーだったからだ。

 武士沢騎手にとっても昨年11月以来となる2番人気への騎乗とあって、期するところは大いにあっただろう。

 無難なスタートを見せたピックアップラインは、武士沢騎手に促されるように前に出て果敢にハナに立つ。逃げ切り勝ちを狙ったものの、残り400mからムチが入り、外から来た3頭に交わされて4着。馬券圏内に残すこともできなかった。

「これで武士沢騎手は207連敗。昨年も200連敗以上を記録していますが、ここまで期間が空いているのは稀ですね。今年はソロフレーズで中山記念(G2、13着)、ダービー卿チャレンジT(G3、15着)と3年ぶりに重賞に騎乗する機会もあるなど騎手としては上り調子のようにも思えたのですが、勝利には繋がっていないです。過去にはトウショウナイトやマルターズアポジーとのコンビで重賞戦線を賑わせた騎手ですし、そろそろレースで勝って会心の笑顔を見せて欲しいところなのですが……」(競馬記者)

 6年前に300勝達成を記念して『netkeiba.com』に掲載されたインタビューで武士沢騎手は、「ジョッキーを辞めようと思ったことはありますか?」との質問に、「毎週毎週、乗る馬がいるわけじゃないですか。だから、俺のジョッキー人生は終わらない」「結局、見切りをつけるのは自分だし、自分があきらめたらそこで終わりだからね。でも、今はまだあきらめてない。だから終わらない」と騎手としての心構えを明かしていた。

 自分があきらめたらそこで終わりと語っていた武士沢騎手。人気薄の馬で2着、3着に入るのではなく、約1年ぶりの勝利を挙げて、「武士沢チャレンジ」を大成功させることができるだろうか。ベテランの騎乗を見守るファンに歓喜の声が上がる日を待ちたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA関東のベテランが「1年未勝利」の大苦戦…「俺のジョッキー人生は終わらない」の意地、3連単200万円超えの存在感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは