GJ > 競馬ニュース > 武豊は「太鼓判」もジャックドールは黄色信号!? 「30年間」勝ち馬が現れない鬼門の条件とは
NEW

武豊は「太鼓判」もジャックドールは黄色信号!? 「30年間」勝ち馬が現れない鬼門の条件とは

【この記事のキーワード】, ,
武豊は「太鼓判」もジャックドールは黄色信号!? 「30年間」勝ち馬が現れない鬼門の条件とはの画像1
ジャックドール 撮影:Ruriko.I

 6月4日に行われる安田記念(G1)。白毛初のG1馬であるソダシやヴィクトリアマイル(G1)覇者のソングラインなど、重賞覇者が多数揃ったハイレベルの戦いとなりそうだ。

 そんな中、上位の人気を集めそうなのが、前走の大阪杯(G1)で念願のG1を制したジャックドール(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)だろう。

 同馬の父モーリスは、4連勝で安田記念、マイルCS(G1)を制しただけでなく、そのままの勢いで香港G1も連勝した世界的なマイラーである。

 ただ、ジャックドールはデビュー以来一貫して芝の2000mを使ってきた。従って、マイルは今回が初挑戦である。

 未知数な距離に関しても感触は悪くない。管理する藤岡調教師は『スポーツニッポン』の取材に対し「体形的なものもそうだし、血統的な面も含め、もともとマイルは合うだろうと。スピード能力も高い」と話し、G1勝利へ導いた鞍上の武豊騎手も「安田記念はどうですか」と提案するなど、騎手・調教師ともに初めての距離でも勝利への自信は揺るがないようだ。

 ただ、懸念がまったくないのかとなると、そうとも言い切れない。

「30年間」勝ち馬が現れない鬼門の条件とは

 なぜなら安田記念は初マイルの馬にとって鬼門となっているからである。直近の勝ち馬が1992年のヤマニンゼファーだったように30年間勝ち馬が出ていない。

 過去10年でも中距離から参戦してきた馬は、安田記念を勝ち切ることができておらず、これはジャックドールにとっても他人事ではないだろう。
 
 中でも、2018年に大阪杯を制し、初マイルで安田記念に挑戦したスワーヴリチャードは今回のジャックドールと重なる。本馬も大阪杯でG1初制覇を果たし、安田記念で1番人気に支持されたが、結果はモズアスコットの3着に敗れ、涙を飲んでいる。

 データ的にも過去10年大阪杯から出走してきた馬は(0-1-2-13)で、前述のスワーヴリチャードや、ショウナンマイティが好走したものの、勝ち切るまでには至っていない。

 中距離馬は、後一歩までは迫りながらも初マイルの安田記念で勝ち切ることができていないのはなぜだろうか。

 その一因としてこのレースが高速馬場になりやすいということが影響している。1分31秒台の速い決着となることも珍しくない。そのため、スタミナで優る中距離タイプよりも、スピードに長けたスプリンターが好走しやすくなるのかもしれない。

 グランアレグリアやロードカナロア、古くはブラックホークなどもスプリントG1勝ちの実績を持っていただけに、ジャックドールは世界的マイラーだった父モーリスの血が頼り。後は武豊騎手の手腕に託すのみだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊は「太鼓判」もジャックドールは黄色信号!? 「30年間」勝ち馬が現れない鬼門の条件とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは