GJ > 競馬ニュース > 「モノが違う、必ず走ります」藤田菜七子、函館初参戦で日本ダービー除外のご褒美? オーナー大絶賛の好素材と臨む今年最初の2歳新馬戦
NEW

「モノが違う、必ず走ります」藤田菜七子、函館初参戦で日本ダービー除外のご褒美? オーナー大絶賛の好素材と臨む今年最初の2歳新馬戦

【この記事のキーワード】, ,
「モノが違う、必ず走ります」藤田菜七子、函館初参戦で日本ダービー除外のご褒美? オーナー大絶賛の好素材と臨む今年最初の2歳新馬戦の画像1
藤田菜七子騎手

 先月末の日本ダービー(G1)にトーセントラムとのコンビで参戦予定だったものの、惜しくも除外となってしまった藤田菜七子騎手。女性騎手初の同レース騎乗とはならなかったが「またチャンスがあればいいなと思います」と前向きなコメントを残している。

 今村聖奈騎手らが先月から騎乗停止中のため、現在もJRA唯一の女性騎手として奮闘を続けている藤田騎手だが、11日にはデビュー8年目にして初めて函館競馬場に参戦する。

 競馬学校時代に研修で訪れたことはあるようで、当時は函館のグルメにも舌鼓を打ったようだが、本番のレースに参加するのは今回が初となる。5鞍に騎乗予定である同騎手は「凄く楽しみ。勝利して思い出の地にできるように頑張りたいです」と意気込みを語っている。

「函館初勝利が期待できそうな馬といえば、所属する根本康広厩舎の管理馬であり、デビュー戦からコンビを組み続けている3Rのアイファースキャンではないでしょうか。

ここ5戦で2着4回3着1回と惜しいレースが続いていますが、藤田騎手は『センスがあって未勝利クラスは勝ち上がれる馬』と話しているだけに、同馬で初Vを飾る確率はかなり高そうです。記念馬券を購入して応援してみるのもありかもしれません」(競馬誌ライター)

 そしてアイファースキャンの次の騎乗機会となる函館5R。藤田騎手にとって今年初となる2歳新馬戦には、新種牡馬サンダースノー産駒ドリームボール(牝2歳、美浦・小桧山悟厩舎)とのコンビで臨む予定だ。

 先述の通り日本ダービーのトーセントラムはゲートインが叶わなかったが、同馬と同じ小桧山厩舎の2歳新馬に早くも騎乗する機会が巡ってきた。牡馬と牝馬の違いこそあるが、ダービー除外の分までこの馬に懸ける意気込みは強いのではないだろうか。

 またドリームボールを所有する三岡陽オーナーも以前から「モノが違う、こいつは必ず走ります」と自身のTwitterで同馬を大絶賛するなど、相当の期待を込めているようだ。

 ただ、ドリームボールが出走する新馬戦は他にも、武豊騎手が乗るグレイトフルペインや、重賞3勝馬ビアンフェの妹ロータスワンドなど、かなりの好メンバーが顔を揃えている。

 しかし三岡オーナーは「強豪が揃い過ぎた感はありますがこっちも血統的にはそんなに見劣りしないはず。出るからには夢を持っています」とツイートするなど、あくまでも強気の姿勢。果たして藤田騎手とドリームボールのコンビはライバルたちを抑えて、オーナーに待望の初白星をプレゼントすることができるだろうか。

「デインヒル系の新種牡馬サンダースノーは、ドリームボールがJRA初出走になりますね。同じデインヒル系の種牡馬には北海道の洋芝を得意としているハービンジャーがいるだけに、サンダースノーも函館の馬場に高い適性を持っているかもしれません。いきなり好勝負が期待できると思います」(同)

 なおドリームボールを手掛ける小桧山師は、来年2月をもって定年により厩舎解散を予定している。同馬で最後に一花咲かせてくれることにも期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「モノが違う、必ず走ります」藤田菜七子、函館初参戦で日本ダービー除外のご褒美? オーナー大絶賛の好素材と臨む今年最初の2歳新馬戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か