GJ > 競馬ニュース > 【七夕賞(G3)予想】馬場悪化確実でバトルボーンを切り! 重だから買いたい穴馬を狙っていく
NEW

【七夕賞(G3)予想】馬場悪化確実でバトルボーンは切り! 「重」だからこそ狙いたい穴馬

【この記事のキーワード】, ,

【七夕賞(G3)予想】馬場悪化確実でバトルボーンは切り! 「重」だからこそ狙いたい穴馬の画像1

 今回はサマー2000シリーズの開幕戦にして、夏の福島の名物ハンデ重賞、七夕賞(G3)を予想していく。

 先週の振り返り。まずラジオNIKKEI賞(G3)だが、▲エルトンバローズ、△シルトホルンが来たところまでは良かったが、3着は堂々と切り宣言をしたレーベンスティール。予想で触れた以上にはちゃんと実力のある馬だったということか。

 CBC賞(G3)は△ジャスパークローネが1着、○スマートクラージュが3着と狙ったところが来てくれたのはいいが、2着はノーマーク。3走連続5着は気になっていたのは確か。ただ、他馬と比べるとパンチが弱かったとして検討までに終わった次第だ。馬券妙味もあっただけに押さえていれば5万馬券。惜しいことをした。

 予想に戻ろう。

 いつものようにまずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにする。
鳴尾記念、福島民報杯(L、OP) 各4頭
エプソムC 3頭
天皇賞・春、新潟大賞典、米子S(OP) 各2頭
ドバイシーマクラシック、安田記念、アメリカジョッキークラブC、目黒記念、京都記念、中山金杯、福島牝馬S 各1頭
オープン特別 3頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
条件特別(2勝クラス) 1頭
となっている。強い傾向らしい傾向はなく、一応鳴尾記念(G3)と福島民報杯からの臨戦が最多となっている。中距離戦ということもあって、前走マイルからでも参戦がある。G3のハンデ戦にしては珍しく条件戦からの好走は少なめ。前走重賞組を狙うのが正攻法か。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 2-1-1-6
2番人気 2-1-1-6
3番人気 3-0-0-7
4~6番人気 2-3-1-24
7~9番人気 0-4-2-24
10番人気以下 1-1-5-55
となっている。ハンデ戦らしく上位人気が振るわない。ただ、近5年で言えば2番人気は3頭、3番人気の3勝のうち2勝がこの期間に入っているので、人気馬も無碍にするわけにはいかないようだ。数字でもわかる通り、4番人気以下、特に6番人気以下の穴馬が好走している。近5年では8頭が該当、うち3頭は10番人気以下の超人気薄だったので、人気薄はやはり慎重に吟味すべきだろう。

 そして福島も開催当日は雨予報。土曜日は朝から終日雨で、日曜日も午前中は一時的に雨脚が弱まりそうだが、午後は再び本降りのよう。こうなると、いくら水はけが良くなっているとはいえ、最低でも重馬場は避けられまい。不良馬場まで考慮する必要がありそうだ。ということで、重適性を念頭に置いて予想を進めていく。

【七夕賞(G3)予想】馬場悪化確実でバトルボーンは切り! 「重」だからこそ狙いたい穴馬の画像2
ヒンドゥタイムズ 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は穴馬13番ヒンドゥタイムズとする。

 前走は鳴尾記念。中目の枠から出てポジションを下げて後方待機策を選択。淀みないペースで流れていくが、ポジションを変えないまま直線へ。直線では上がり最速の脚で追い込んできたが、前残り展開で届かず7着に終わった。

 3走前の小倉大賞典(G3)で重賞初制覇を飾るが、続く大阪杯(G1)でしんがり負けを喫し、そこからの前走でまだ立て直しができていないという印象。とはいえ、勝った小倉大賞典では上がり2位、前走は上がり最速とどうにもならない不調ではないように感じる。

 陣営は年齢的なものもあるので「ここ一連のデキは変わらずいい」として、前走は「坂で甘くなっただけに福島に替わるのはいい」とコメント。ただ、今回はトップハンデの58.5kgということも微妙に影響するのでは、と懸念している。

 この馬を本命に指名したのは重適性の高さから。重馬場で過去3戦していて2勝。4着が1回あるが、20年のこのレースでのもの。この時は出遅れて後方からの競馬を余儀なくされたため敗因ははっきりしており、それでも4着に食い込んだのは重馬場を苦にしない適性の高さ故だろう。

 今回のメンバーは良馬場しか経験がない、あるいは稍重までならこなしているという馬が多く、その中で重馬場で2勝し、うち1勝は重賞でのものだけにトップハンデの不利を覆すポイントはここになるだろう。このレースは意外に前が残りにくい傾向がある。脚質的にも向いていると見て、本命に推しておきたい。


「○」も穴馬、8番ガロアクリークを挙げる。

 前走はエプソムC(G3)。中目の枠から上手くスタートを切って、ポジションを取りに行き、中団前目につけて追走。速めのペースで流れる中、3コーナーからポジションを3番手まで上げて直線へ。しかし、直線では伸びを欠いて10着に大敗した。

 前走は脚部不安で1年の長期休養明けで臨んだ1戦。2走前が昨年の同じレースで2着に来ていた。今回は叩き2戦目ということで、初の福島参戦となる。

 陣営は前走で「直線の半ばまで見せ場を作った」と意外に高評価。中間は「脚元の不安もなく順調」とデキの良さを強調しており、コメントからは自信がうかがえる。

 この馬も鬼レベルではないが、重馬場には適性がありそうで、稍重・重馬場で過去4走して2着1回3着1回と上々の成績。2着は上述した昨年のエプソムC、3着は20年の皐月賞(G1)でコントレイルの3着に入った時のもの。馬場が渋ったG1でも馬券圏内に入るポテンシャルの高さを本来持っている馬。それだけに重馬場はもってこいの舞台になるはず。

 実力の割に近走パッとしないがために人気にならないが、だからこそ狙い目というもの。馬券妙味もあり、積極的に押さえたい。

【七夕賞(G3)予想】馬場悪化確実でバトルボーンは切り! 「重」だからこそ狙いたい穴馬の画像3
セイウンハーデス 撮影:Ruriko.I

「▲」は人気サイドだが15番セイウンハーデスを推す。

 前走は新潟大賞典(G3)。内枠から好スタートでそのままハナに立って逃げ。不良馬場ということもあって緩いペースを作って淡々と先頭を譲らぬまま直線へ。直線でも脚色が鈍らず、外で粘りに粘ったが後ろから来た馬に交わされて2着となった。

 3歳クラシックは皐月賞こそ間に合わなかったが、プリンシパルS(L)を勝って日本ダービー(G1)に出走して大敗。秋はセントライト記念(G2)4着で始動して菊花賞(G1)でブービー負けと見せ場がなかった。

 だが、今年初戦で自己条件の3勝クラスを勝ち上がり、初の古馬重賞で2着に入ったあたり実力は相応以上のものがあると思われる。前走は勝ち馬と3/4馬身差ついたが、3着とは実に8馬身も離れており、上手く逃げがハマったのだろう。

 不良馬場でそんな芸当をしてのけたのだから、重適性は高いと思われる。前走も含めて過去4戦しているが2着2回と上々。残る2回も掲示板は外していないので、渋った馬場は歓迎なはず。◎ヒンドゥタイムズの項で触れたが、このレースは意外に前残りしない。だが、馬場が悪化すれば前走のように残る可能性も十分あり得る。その可能性にかけて押さえてみたい。


「△」は人気サイドだが1番エヒトと11番フェーングロッテンの2頭とする。

 エヒトの前走はサウジアラビアのレッドシーターフH(G3)で、終始後方からの競馬を進め、4コーナーから外に出されるも直線半ばで脚が止まり7着に終わった。

 前走に関しては初の海外遠征ということに加えて、3000mという距離が響いた可能性が高い。むしろ2走前のAJCC(G2)2着や3走前のチャレンジC(G3)3着を評価すべきだろう。

 今回は2月の海外遠征から4カ月半の休養明けとなるが、鉄砲が利くタイプであり問題はないだろう。重馬場適性に関しては3歳時に不良馬場で4着と昨年稍重だった京都記念(G2)で7着の2回があるだけで、得意と言い切れないところはあるが、不良馬場の1戦は出遅れがあり、それでいて上がり最速で来ているので、それほど苦にしない可能性がある。

【七夕賞(G3)予想】馬場悪化確実でバトルボーンは切り! 「重」だからこそ狙いたい穴馬の画像4
フェーングロッテン 撮影:Ruriko.I

 フェーングロッテンの前走は鳴尾記念で、逃げを打って直線で粘ったがクビ差交わされ2着に終わっている。

 今年に入ってから重賞を3走して3着→2着→2着と好調を維持していることがわかる。昨年のラジオNIKKEI賞(G3)の覇者でもあり、福島替わりは好材料と言えるだろう。

 近走の実績ではメンバー中最上位と言ってもいいところだが、重適性が昨年重馬場を1走して3着があるだけで、計れないところがある。陣営からは「少しくらい渋っても問題ない」という話が出ているが、陣営から見て「少し」であり、今回おそらく少しでは済まない渋り方をする可能性が高いので、上手くハナを切ってペースを作れれば、といったところだろう。

 人気の軸になるのは確実であるため、馬券妙味もさほどないので消極的な押さえ、といったところ。さすがにこれだけ重賞で好走を重ねられると無視はできない。


 人気どころでは3番バトルボーンを切り。

 キャリア5戦で4勝2着1回とほぼパーフェクトな成績を挙げ、目下4連勝中という勢いのある馬ではあるが、初重賞でいきなり渋った馬場というのは、なかなかハードルが高いように感じる。稍重は経験して勝利しているが、それ以上に渋った場合にどうなるかが何とも言えないところがある。陣営も「できれば良馬場で」と漏らしているので、今回は苦戦すると見て消しておきたい。

 ということで、今回は1番、8番、11番、13番、15番の5頭で3連複BOX10点勝負とする。人気どころを押さえているが、意外にオッズが割れそうで一本被りはなさそう。そういう意味では、順当に決まっても意外に配当は望めるのではなかろうか。

【七夕賞(G3)予想】馬場悪化確実でバトルボーンは切り! 「重」だからこそ狙いたい穴馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か