GJ > 競馬ニュース > 現役最強イクイノックスと「酷似」、4連勝中バトルボーンに匹敵する最注目の「上がり馬」とは
NEW

現役最強イクイノックスと「酷似」、4連勝中バトルボーンに匹敵する最注目の「上がり馬」とは

【この記事のキーワード】, ,

現役最強イクイノックスと「酷似」、4連勝中バトルボーンに匹敵する最注目の「上がり馬」とはの画像1

 本格的な夏競馬がスタートした中央競馬。この時期といえば2歳戦はもちろんだが、秋の大舞台へ向けて「上がり馬」を探すのも楽しみの1つだ。

 福島競馬場で9日に開催される七夕賞(G3)には、4連勝中のバトルボーンが出走する。デビュー戦こそ後に共同通信杯(G3)を制するダノンベルーガに敗れたが、その後は土付かず。ここも突破するようであれば、秋のG1戦線で楽しみな1頭となるに違いない。

 ただ七夕賞の結果次第では、バトルボーンを凌ぐ上がり馬となり得そうな馬も存在する。目下3連勝と勢いに乗るテーオーソラネル(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 昨年まで10戦1勝と決して目立つ存在ではなかった同馬だが、今年初戦の自己条件でルーキー河原田菜々騎手の初勝利を3馬身差の大楽勝で演出。そこから一気の3戦3勝でオープン入りを果たした。

 ここにきて「覚醒」を遂げたことについて、今年からテーオーソラネルを担当している厩舎スタッフは『日刊スポーツ』の取材に「以前はレース後にガタッとくるところがあったそうですが、今はむしろ使うごとに良くなっている感じです」と、体質が強化されたことを理由の1つに挙げている。

「今年に入ってからの2戦はともに逃げ切り勝ちだったテーオーソラネルですが、前走の岸和田S(3勝クラス)は中団から競馬を進めて差し切り勝ち。先のことを考えるとレース運びに幅が出たことはこの馬にとって大きな収穫だったでしょうね」(競馬誌ライター)

 そんなテーオーソラネルがここからさらに大出世を果たしてくれるのではないかと期待を抱かせる要素の1つが、その血統背景である。

 同馬は父シルバーステート×母父キングヘイロー×母母父トニービンという配合パターンであり、母アドマイヤチャームはキタサンブラックの近親だ。

 そのため、キタサンブラック×キングヘイロー×トニービンという組み合わせであるイクイノックスと血統構成が酷似しているのである。

「シルバーステートの父ディープインパクトとキタサンブラックの父ブラックタイドは全兄弟になりますね。そのため、血統表を見るとテーオーソラネルとイクイノックスはほぼ4分の3が同血ということが分かります。

昨秋から国内外でG1・4連勝中の現役最強馬と血統が似通っているということも、テーオーソラネルの目下の充実ぶりと無関係ではないかもしれませんね」(同)

 SNSやネットの掲示板などには、一部ファンから「テーオーソラネルの血統ほぼイクイノックスやん」「ここに来て急に強くなった理由はこれか」などといったコメントが寄せられている。また、本馬が2走前に逃げ切った明石特別(2勝クラス)のレースぶりを「ドバイシーマクラシック(G1)のイクイノックスのような競馬」と例えているファンもいた。

 さすがに現時点で昨年の年度代表馬と比較するのは可哀想だが、テーオーソラネルの今年に入っての快進撃は、その血がいよいよ目覚めたという証拠なのかもしれない。果たして重賞初挑戦となる今回もただの通過点となるのだろうか。

 秋の大舞台で“本家”イクイノックスとの対決が見られることに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

現役最強イクイノックスと「酷似」、4連勝中バトルボーンに匹敵する最注目の「上がり馬」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か