GJ > 競馬ニュース > 【小倉記念(G3)予想】マリアエレーナは押さえまで。重賞2度目・永島まなみ&G1馬妹の覚醒に期待!
NEW

【小倉記念(G3)予想】マリアエレーナは押さえまで。重賞2度目・永島まなみ&G1馬妹の覚醒に期待!

【この記事のキーワード】, ,

【小倉記念(G3)予想】マリアエレーナは押さえまで。重賞2度目・永島まなみ&G1馬妹の覚醒に期待!の画像1

 今回は夏の小倉開催の開幕を飾るサマー2000シリーズ第3戦のハンデ重賞・小倉記念(G3)を予想していく。

 先週の振り返り。まず、エルムS(G3)だが◎ワールドタキオンが2着に入ったところはいいが、1着は切ったセキフウ、3着ロッシュローブがノーマーク。セキフウは「お釣りがなかった」のではなく、「お釣りがあり余っていた」のだろう。ロッシュローブは前走が相性の良いマリーンS(OP)であったことをもう少し重視すべきだったか。

 レパードS(G3)は◎ライオットガールが1着、△ルクスフロンティアが3着といい感じだったのだが、2着オメガギネスをノーマーク。連勝で臨んでいたのは知っていたものの、休み明けで関係者情報も芳しくなかったので敢えて検討しなかったのだが……。休み明けでも現在の調教技術や設備は進歩しているので、侮れないのがよくわかった。

 予想に戻ろう。

 それではいつものようにまずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
七夕賞 5頭
鳴尾記念 4頭
エプソムC 3頭
天皇賞・春、中日新聞杯、マーメイドS 各2頭
皐月賞、日本ダービー、宝塚記念、新潟大賞典、巴賞(OP) 各1頭
条件特別(3勝クラス) 7頭
となっている。サマー2000シリーズに組み込まれているため、同シリーズの七夕賞(G3)からが最多。皐月賞(G1)や日本ダービー(G1)から転戦している3歳馬もいるなど、格式の高い重賞からの転戦も多い反面、条件戦からの臨戦でも通用しているので、その辺りはハンデ戦ならではというところか。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 2-0-2-6
2番人気 1-3-1-5
3番人気 2-0-1-7
4~6番人気 3-6-4-17
7~9番人気 0-0-1-29
10番人気以下 2-1-1-40
となっている。上位人気がいずれもアテにしづらい。近5年に絞ると1番人気が3頭来ているので、傾向としては信用できる方向に振れているか。数字でわかる通り、中穴クラスが中心ではある。ただ近5年で見ると8番人気以下の人気薄が4頭おり、うち3頭は10番人気以下。条件戦を勝ち上がれなかった馬が、ここで激走というパターンが散見される。前走成績だけではなく、広く分析する必要がありそうだ。

【小倉記念(G3)予想】マリアエレーナは押さえまで。重賞2度目・永島まなみ&G1馬妹の覚醒に期待!の画像2
ワンダフルタウン 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」はいきなり穴馬だが11番ワンダフルタウンとする。

 前走は鳴尾記念(G3)。中目の枠からスタートしてポジションを下げ、中団につけて追走。平均ペースで流れていき、そのまま直線に向くと前残り展開になり、逃げ馬が粘っているところを追い込むが、8着までの着差がすべてクビという大接戦になり、4着を確保した。

 2歳時の京都2歳S(G3)、3歳初戦の青葉賞(G2)を連勝し、一昨年の日本ダービーに挑戦と若い頃はエリートコースに乗っていた。しかし、そのダービーを10着に敗れて以降、勝ち星はおろか、掲示板にすら載れない大スランプに陥る。前走は約2年ぶりに掲示板を確保したという体たらくである。

 しかし、ダービーを含めて7戦してまったく掲示板にすら届かなかったのが、上記のように8着までクビ差という大接戦となった前走で4着に入ったのは、ようやく調子を上げてきたということだろう。

 曲がりなりにも重賞2勝馬、スランプだったとはいえハンデは2位タイの58kgとハンデキャッパーも実力は見込んでいるものと考えている。持ち時計にやや不安があるものの、今回のメンバーに引っ張って逃げるような馬がいないので、それほど速い決着にならないと思われ、上手く乗りきれるのではなかろうか。

 ローテーション的にも好走例が多い前走を使っており、そこで大接戦を演じるほど調子を戻してきているなら、ここは買っておくべきだろう。

【小倉記念(G3)予想】マリアエレーナは押さえまで。重賞2度目・永島まなみ&G1馬妹の覚醒に期待!の画像3
カテドラル 撮影:Ruriko.I

「○」も人気薄の6番カテドラルを挙げる。

 前走は平安S(G3)。スタートで出遅れて後方からの競馬を強いられる。速めのペースで流れていき、ポジションを徐々に上げていくが、直線で力尽きて12着に大敗している。

 この馬も3歳時にはアーリントンC(G3)2着、NHKマイルC(G1)3着と優秀な成績を残してきた。だが、その後は重賞戦線で勝ちきれない競馬が続き、一昨年の京成杯オータムH(G3)で初重賞制覇。その後もやはり凡走が続き、思い出したかのように重賞で連対するというところで、ここ2戦はダートを使われていた。

 この「思い出したかのような2着」がポイントで、一昨年と昨年の中京記念(G3)と今年の小倉大賞典(G3)が該当するのだが、すべて小倉開催。無類の小倉巧者なのだ。なぜか前後で凡走していても、小倉の重賞では好走している。

 G1 3着や重賞での連対実績が評価されて、今回はトップハンデの58.5kg。しかし、3走前の小倉大賞典では58kgを背負って人気薄ながら2着を確保しており、そこからプラス0.5kgなら許容範囲だろう。小倉巧者の一発に期待して押さえてみたい。

【小倉記念(G3)予想】マリアエレーナは押さえまで。重賞2度目・永島まなみ&G1馬妹の覚醒に期待!の画像4
ククナ 撮影:Ruriko.I

「▲」は人気サイドだが10番のククナを推す。

 前走は七夕賞。内枠からのスタートで、そのまま内から前を見るポジションで追走。逃げ馬が緩いペースを作り出し、直線に入ると前残り展開に。前に残っていた逃げ馬を交わしたものの、外から来た勝ち馬には届かなかったが2着を確保した。

 この馬も2歳から3歳春にかけてアルテミスS(G3)2着やクイーンC(G3)3着の実績があり、桜花賞(G1)やオークス(G1)にも出走している。春のクラシックが終わったあとは自己条件に戻って早々に2勝クラスは突破したが、3勝クラスで惜しい競馬が続く。今年の春先にようやくオープン入りして、前走はオープン入り後2走目だった。

 重賞の好走歴が評価されているはずだが、勝ち鞍がないのでハンデは据え置きの54kg。ここまで散々背負ってきた斤量だけに、苦になることはなかろう。前で競馬したいタイプのようだが、牝馬らしく切れる脚があるので、後ろからでも捲るだけの上がりタイムを持っている。

 人気にはなるだろうが、このくらいのハンデの馬の好走例が多いのがこのレース。ここまで大崩れした経験もなく、前走重賞2着、さらにローテーション的にも好走例が多いとなれば、押さえておくのが確実だろう。

「△」は人気の軸になろうが4番マリアエレーナと穴馬8番エニシノウタの2頭とする。

【小倉記念(G3)予想】マリアエレーナは押さえまで。重賞2度目・永島まなみ&G1馬妹の覚醒に期待!の画像5
マリアエレーナ 撮影:Ruriko.I

 マリアエレーナの前走は鳴尾記念で、好スタートを決めると2番手につけて追走。直線に入って粘りに粘ったが逃げ馬を捉えられず、後ろから来た馬に差されて◎ワンダフルタウンともクビ差の5着に敗れた。

 昨年のこのレースの覇者。昨年は中団前目から捲っていき、直線で5馬身差をつけての圧勝を飾ったが、続く天皇賞・秋(G1)では不利もあったが7着に完敗。今年に入って初戦の愛知杯(G3)こそトップハンデを背負って3着に好走したが、その後の3戦は牡馬の骨っぽいところと真っ向勝負をしてきたこともあり、掲示板が精一杯というところだった。

 しかし、これも見方を変えると大阪杯(G1)のような一線級を相手にしても5着を確保しており、時計も好タイムを残している。前走もG1級ではないが、重賞の常連がそろった中で大接戦の中5着に粘っている。決して調子落ちしているわけでもなく、相手関係が強すぎたということだろう。

 今回は同じG3戦ながら夏の重賞ということもあって、相手関係は一枚も二枚も落ちる。牡馬を相手に56.5kgは見込まれた感があるものの、こなせない斤量ではない。リピーターがあまり好走しない傾向のあるレースだが、このメンバーなら勝てないまでも馬券圏内は十分あり得る。人気でも押さえるべきだろう。

 エニシノウタの前走は御室特別(2勝クラス)で、内目の枠からスタートするとポジションを下げて後方待機策に。直線だけで12番手から上がり33.8秒の脚で一気に捲ってみせて勝利した。

 この馬は2歳でデビューして2着と勝ちを拾えなかった。そこから最後の未勝利戦まで勝ち上がれず、さらに1勝クラスに格上挑戦を続けていった結果、昨年の5月に1勝クラスを勝って、未勝利を脱出した。その後4戦かけて再び1勝クラスを勝ち、5戦かけて2勝クラスを脱出したのが前走となる。

 ここまでやった陣営にも頭が下がるが、この馬の全姉はエリザベス女王杯(G1)を勝ったアカイイト。姉同様、奥手に出た結果がこれなのだろう。したがってまだ3勝クラスの条件馬で、当然初オープン挑戦かつ初重賞挑戦となる。

 正直荷が重いのは間違いないが、その分ハンデは最軽量の50kg。軽量すぎる馬にも好走例がないレースではあるが、血統背景を考えると「化ける」可能性は秘めていると思われる。また、斤量の関係だろうが鞍上が重賞2度目の騎乗となる永島まなみ騎手にチェンジしている。

 後ろから行く馬ということもあり、展開の紛れで馬券圏内に突っ込んでくることがなきにしもあらず。そのくらいのことはやってのけるだろう、と期待値込みで押さえてみたい。

 ということで、今回は4番、6番、8番、10番、11番の5頭で3連複BOX10点勝負とする。人気しそうな馬を2頭押さえているが、仮にマリアエレーナが来ても残りの馬はどれも人気薄。組み合わせ次第では高配当も期待できそうだ。

【小倉記念(G3)予想】マリアエレーナは押さえまで。重賞2度目・永島まなみ&G1馬妹の覚醒に期待!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬