GJ > 競馬ニュース > 「女王交代」を予感させる女の戦いが熱い!川田将雅、C.ルメールに負けないリーディング争い…新潟2歳S(G3)永島まなみに訪れた絶好のチャンス
NEW

「女王交代」を予感させる女の戦いが熱い!川田将雅、C.ルメールに負けないリーディング争い…新潟2歳S(G3)永島まなみに訪れた絶好のチャンス

【この記事のキーワード】, ,
「女王交代」を予感させる女の戦いが熱い!川田将雅、C.ルメールに負けないリーディング争い…新潟2歳S(G3)永島まなみに訪れた絶好のチャンスの画像1
永島まなみ騎手

 先週末の開催を終えて99勝で1位の川田将雅騎手と95勝で2位のC.ルメール騎手がデッドヒートを繰り広げているリーディング争いだが、女性騎手のリーディング争いも盛り上がりを見せている。

 現在は22勝を挙げてトップの永島まなみ騎手を1勝差の21勝で追いかけているのが2位の今村聖奈騎手。昨年は今村騎手が年間51勝を挙げて独走を演じたのに対し、永島騎手は21勝と大差をつけられていたことを思えば、8月半ばで逆転に成功した永島騎手の急成長が伝わる前進だ。

 このままリードを守り切って女王交代をアピールしたい永島騎手だが、ライバルに後れを取っているのは、いまだに重賞タイトルに手が届いていないことである。

 先週末の小倉記念(G3)では、当初今村騎手が騎乗すると思われたエニシノウタとコンビを組むチャンスを得たものの、後方から伸び切れず9着。まだ重賞初騎乗となった7月のCBC賞(G3)のアビエルト(11番人気12着)に続く2度目の騎乗だっただけに、まだまだこれからといったところだろう。

 だが、3度目のチャンスは予想外に早いタイミングで訪れた。

新潟2歳S(G3)永島まなみ騎手に訪れた絶好のチャンス

 27日に新潟競馬場で行われる新潟2歳S(G3)にルクスノア(牝2、栗東・平田修厩舎)とのコンビで挑むことが分かったのだ。

 7月22日の中京でデビューした本馬は、ハマの大魔神こと元プロ野球選手、佐々木主浩オーナーの秘蔵っ子であるエヴァンスウィートや下河辺牧場期待のドゥラメンテ産駒マックスセレナーデらの強敵相手に3馬身差をつけて完勝した期待馬だ。

「これまでの重賞2戦は、どちらかというと勝ち負けよりも女性騎手が騎乗するという話題の方が優先でした。敗れはしましたが、永島騎手の乗り方次第で結果が変わったという内容でもなかったように思います。

ただ今回のルクスノアは2着以下に決定的な差をつけただけでなく、上がり3ハロンの時計もメンバー最速と好内容でした。最近はダートで活躍が目立つオルフェーヴルですが、産駒の初重賞勝ちが芝なら初G1勝ちも芝。十分に勝ち負けを意識できるパートナーだと思います」(競馬記者)

 いわれてみれば確かに代表産駒のラッキーライラック、エポカドーロ、オーソリティ、ソーヴァリアントらは芝の重賞で活躍している馬たちだ。

 芝からダートに転向してドバイワールドC(G1)でアッといわせたウシュバテソーロや武蔵野S(G3)を制したギルデッドミラーの存在がダート種牡馬の印象を強くしたとはいえ、産駒が記録したJRA平地重賞26勝の内訳は芝の24勝に対し、ダートはわずか2勝。少なくともダート専用の種牡馬とは言い難い。

 もし今回、ルクスノアが無敗で新潟2歳Sをも制するようなら、暮れの阪神ジュベナイルF(G1)への参戦も視野に入ってくる。永島騎手にとっては初重賞勝ちだけでなく、今度は今村騎手より先にG1制覇を叶えるチャンスを手にすることができるかもしれない。

黒井零

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

「女王交代」を予感させる女の戦いが熱い!川田将雅、C.ルメールに負けないリーディング争い…新潟2歳S(G3)永島まなみに訪れた絶好のチャンスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ