GJ > 競馬ニュース > リバティアイランド、ドゥレッツァのドゥラメンテ産駒、今週の新馬戦も素質馬が揃い踏み
NEW

リバティアイランド、ドゥレッツァのドゥラメンテ産駒、今週の新馬戦も素質馬が揃い踏み

リバティアイランド、ドゥレッツァのドゥラメンテ産駒、今週の新馬戦も素質馬が揃い踏みの画像1
ドゥレッツァ 撮影:Ruriko.I

 22日、牡馬三冠最終戦となる菊花賞(G1)が開催され、ドゥラメンテ産駒の上がり馬ドゥレッツァが、2着のダービー馬タスティエーラに3馬身半差をつける完勝劇を見せつけた。

 序盤は鞍上のC.ルメール騎手さえ想定していなかった「逃げ」で会場をどよめかせつつ、最後には上がり最速の末脚を繰り出した常識外れのレース。ドゥレッツァの父ドゥラメンテの早逝を改めて惜しんだファンも多いだろう。

 ドゥラメンテ産駒は15日の秋華賞(G1)もリバティアイランドが快勝し、2週連続でG1を勝利中。今週の天皇賞・秋(G1)でスターズオンアースが勝っていればドゥラメンテ産駒の3週連続G1制覇となっただけに、直前で回避になってしまったのは残念だ。

 しかし、その代わりと言うべきか、今週の新馬戦にはドゥラメンテ産駒の素質馬が多数出走予定となっている。

名前だけじゃない? 陣営の期待も「ガチ」な、あのドゥラメンテ産駒も出陣予定

 まず注目したいのは、土曜日・東京芝1600mの新馬戦に、戸崎圭太騎手で出走予定のショウナンラピダス。本馬はセレクトセールにおいて2億2000万円(税別)で落札された超高額馬で、早くから活躍を期待されてきた逸材だ。姉にはケンタッキーオークス(G1)を制したキャスリンソフィアがいるなど血統面も申し分ないだけに、いきなりの圧勝劇を期待したい。

 そして、天皇賞・秋当日となる日曜日・東京芝2000mの新馬戦には、ショウナンガチが出走予定だ。母は北米で20勝を挙げ、カナダ最優秀古馬牝馬にも選ばれたエスケイプクローズという良血。現在大活躍中のJ.モレイラ騎手を配している辺り、「冠名+本気。相撲用語のガチンコより」という馬名の通りに関係者の期待は非常に大きいだろう。

 同じく日曜日・東京芝2000mの新馬戦にはジャスティンローマも出走予定となっている。日本で走ったきょうだい馬は全頭未勝利ではあるが、アイルランドで走った姉にはモイグレアスタッドステークス(G1)を制したイントリケイトリーがおり、叔父にはG1・7連勝記録を持つロックオブジブラルタルがいるなど、大物感漂う1頭だ。鞍上は三浦皇成騎手を予定している。

 残念ながら2021年に大腸炎で早逝し、残された世代も少なくなってきたドゥラメンテ産駒。タイトルホルダーやドゥレッツァのような牡馬の大物をどんどん輩出し、偉大な父の血を繋いでいってほしい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

リバティアイランド、ドゥレッツァのドゥラメンテ産駒、今週の新馬戦も素質馬が揃い踏みのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは