GJ > 競馬ニュース > イクイノックス×リバティアイランド「平穏ワンツー決着」予想のファンは要注意? 今年のジャパンC(G1)も“異常オッズ”誘因の恐れ
NEW

イクイノックス×リバティアイランド「平穏ワンツー決着」予想のファンは要注意? 今年のジャパンC(G1)も“異常オッズ”誘因の恐れ

イクイノックス×リバティアイランド「平穏ワンツー決着」予想のファンは要注意? 今年のジャパンC(G1)も異常オッズ誘因の恐れの画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 勝つのはイクイノックスか、それともリバティアイランドか――。

 26日に東京競馬場で開催されるジャパンC(G1)は、21頭が特別登録。日本生まれのコンティニュアス、テーオーロイヤルなどの回避馬も出たが、最終的にはフルゲートの18頭によって争われることになりそうだ。

 外国馬として唯一参戦するフランスのイレジンを含めてG1ウイナーは計8頭。ただ、ファンの注目はあくまでも冒頭で述べた、2頭のどちらが勝つのか、その一点に尽きるだろう。

 22日正午時点で、『netkeiba.com』が公開している単勝の予想オッズでは、イクイノックスが1.3倍で1番人気、リバティアイランドが3.2倍で2番人気。3番人気想定のスターズオンアースは13.7倍なので、多くのファンがイクイノックスの一強、もしくはリバティアイランドとの二強と予想していることがうかがえる。

 それなりの軍資金があれば、2頭の馬連、もしくはワイドに大金を賭けるファンがいてもおかしくない。ワイドなら仮に的中しても1.2~1.3倍程度のオッズかもしれないが、それくらいの“銀行レース”と考えているファンは多いはずだ。

 ただ、注意したいのは、ジャパンCが東京の最終12Rとして開催される点である。

「平穏ワンツー決着」予想のファンは要注意?

 ジャパンCはもちろん26日の東京メインレースとして組まれている。競馬歴が長ければ長いほど、「メイン=11R」と自然に刷り込まれているはずだ。そんなファンにとって怖いのが、思い込みによる「買い間違い」である。

 ジャパンCの馬券を買うつもりが、マークシートでうっかり11Rの欄を塗りつぶしてしまい、馬券を買ってしまえば後の祭り。出走取消や競走除外にならない限り投じたお金は戻ってこない。何度でもいうが、今年の「ジャパンCが12R」であることはしっかり覚えておきたい。

 かつてジャパンCは9Rもしくは10Rで行われた時期が長かった。2012~19年は11Rだったが、2020年から今年と同じ最終12Rに組まれている。

 2020年といえば、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの三冠馬3頭による世紀の対決で盛り上がりを見せた年だ。レース史上初めて12Rとして行われたが、実は11RのウェルカムS(3勝クラス)で、レースを取り違えたファンが一定数いたのだろう、“三強馬券”が異常に売れていたという。

 ただし、そのレース(ウェルカムS)ではコントレイルとデアリングタクトと同じ馬番の2頭が馬券圏内(2着&3着)に好走。単勝6番人気と同11番人気という伏兵だったため、複勝やワイドで思わぬ高配当を手にしたファンがいたかもしれない。

 また、コントレイルが有終の美を飾った2年前も、11RウェルカムSで同じような“異常オッズ”が発生。単勝で「8番人気→15番人気→10番人気」の組み合わせの3連単が一時的にではあるが、1番人気になったという。

 これは馬番に直すと、「2→4→7」で、直後の12Rに行われたジャパンCの最終1番人気の組み合わせだった。ただし、この時はジャパンCで上位人気に支持された馬番の3頭はいずれもウェルカムSでは馬券に絡まず。買い間違いで痛い目に遭ったファンもいただろう。

 繰り返しになるが、今年のジャパンCデーも、11RがウェルカムS、そして12RがジャパンCだ。二強による平穏決着が濃厚とみて大勝負を予定している方は十分に注意していただきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

イクイノックス×リバティアイランド「平穏ワンツー決着」予想のファンは要注意? 今年のジャパンC(G1)も“異常オッズ”誘因の恐れのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ