GJ > 競馬ニュース > 【ジャパンC】イクイノックス×リバティアイランド「パンサラッサ電撃参戦」どちらに有利? カギを握る川田将雅の「姿勢」とは
NEW

【ジャパンC】イクイノックス×リバティアイランド「パンサラッサ電撃参戦」どちらに有利? カギを握る川田将雅の「姿勢」とは

【ジャパンC】イクイノックス×リバティアイランド「パンサラッサ電撃参戦」どちらに有利? カギを握る川田将雅の「姿勢」とはの画像1
パンサラッサ 撮影:Ruriko.I

「逃げるだけ。バテたら仕方ないという気持ち」

 22日、ジャパンC(G1)に出走するパンサラッサ(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)の最終追い切りを見届けた矢作調教師の口を突いたのは、堂々の逃げ宣言だ。また、これには『東京スポーツ』の取材を受けた主戦の吉田豊騎手も「こっちはその競馬しかない」と同調。現役屈指の逃げ馬タイトルホルダーも参戦するが「他の馬関係なしに」と不退転の構えだ。

 戦前の逃げ宣言は、当然ながら他陣営へのけん制の意味も含まれている。こうなってくると、タイトルホルダーにとってはライバルのハナを叩いてでも逃げるリスクが大きくなる。パンサラッサを先に行かせて2番手から優勝した昨年の宝塚記念(G1)のように、まずは“泳がせてみる”のが無難か。

 いずれにせよ、稀代の逃げ馬パンサラッサの参戦は、今年のジャパンCの「流れ」に大きな影響を与えることは間違いない。

 今回の2400mは自他ともに距離がやや長いことは否めないものの、だからといってあまり楽に泳がせ過ぎると危険な有力馬であることは実績が示す通り。7番人気の伏兵だった昨年の天皇賞・秋(G1)では、最終的にイクイノックスと1馬身差の2着と見せ場十分の逃げだった。今週まで出否が未定だった強力なペースメーカーの登場で、今回のジャパンCがより締まった流れになることは間違いないだろう。

 その上で注目したいのが、このパンサラッサの参戦がイクイノックスとリバティアイランドの「どちらに有利に働くか」という点だ。

 まず前提条件として、昨年の宝塚記念の1000m通過が57.6秒、天皇賞・秋が同57.4秒とパンサラッサが逃げる以上、レースは必然的にハイペースになる可能性が高い。距離に不安があるだけに少しペースを落としたいところだが、それは2番手濃厚のタイトルホルダーが許さないだろう。吉田豊騎手は、これまで通りの腹を括った逃げを見せてくれるはずだ。

「自分はイクイノックスに追い風になると思います。やはりパンサラッサが実際に逃げた昨年の天皇賞・秋を勝っている点が大きいですし、異次元の強さを見せた今年の天皇賞・秋でもジャックドールが1000m通過57.7秒と外連味のない逃げを見せたことが、イクイノックスの強さをより際立たせました。

イクイノックスも素晴らしい切れを持っていますが、リバティアイランドはデビュー戦でJRA史上最速タイとなる上がり3ハロン31.4秒を記録したような稀代の切れ者。スローの瞬発力勝負では分が悪くなるイクイノックス陣営にとって、厳しいペースを作ってくれるパンサラッサ参戦は歓迎材料だと思います」(競馬記者A)

 その一方で、リバティアイランドにとっても歓迎する点があるという。

カギを握る川田将雅騎手の「姿勢」とは

【ジャパンC】イクイノックス×リバティアイランド「パンサラッサ電撃参戦」どちらに有利? カギを握る川田将雅の「姿勢」とはの画像2
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

「主戦の川田将雅騎手も『久々に挑戦者になる』と話していた通り、レースではリバティアイランドがイクイノックスをマークする形になると思います。つまりイクイノックスが前で、リバティアイランドがその後ろになるわけですが、後者からすれば気になるのが他の馬による紛れ。戦前に囁かれていた少頭数ならまだしも、フルゲートが濃厚な現状では思い通りにマークするのが難しくなってきます。

その点、パンサラッサが参戦すれば少なくともスローの団子状態ということは避けられそう。ペースが流れて、馬群が縦長になれば川田騎手もイクイノックスを見つけやすいですし、当然ながらペースが上がって得をするのは、より後方から競馬をする馬。

個人的にはパンサラッサを捕まえるという“仕事”が増えたイクイノックスよりも、挑戦者としてライバル1頭に集中できるリバティアイランドの方が有利だと思います」(競馬記者B)

 実際に世界レコードが飛び出すなど、一見まったく非の打ち所がないイクイノックスの前走の天皇賞・秋だが、ラスト1ハロンの11.7秒は最初の1ハロンを除けば最も遅い時計。ゴール前は流し気味だったとはいえ、世界No.1ホースといえどもわずかに失速しているのだ。

 パンサラッサの参戦は確かに厳しいペースを生む分、実力通りに決まる可能性が高くなったといえる。だが、その一方で、先に抜け出すであろうイクイノックスの“傷”が大きくなる可能性があることも示唆している。リバティアイランドに付け入るスキがあるとすれば、まさにそこだろう。究極の底力勝負になるのなら、挑戦者の斤量4キロ分のアドバンテージが大きくモノを言うはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【ジャパンC】イクイノックス×リバティアイランド「パンサラッサ電撃参戦」どちらに有利? カギを握る川田将雅の「姿勢」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】