GJ > 競馬ニュース > 【東京大賞典】JBCクラシックの「波乱」にも関係?差し・追い込みは決まらない⁉
NEW

【東京大賞典】JBCクラシックの「波乱」にも関係?差し・追い込みは決まらない⁉

【東京大賞典】JBCクラシックの「波乱」にも関係?差し・追い込みは決まらない⁉の画像1

 29日に大井競馬場で行われる東京大賞典(G1)。現在『netkeiba.com』が公開している予想オッズでは、昨年の覇者ウシュバテソーロが1番人気、大井で6戦無敗のミックファイアが2番人気の想定となっている。

 いずれも大井で好走実績のある2頭だが、現在の大井競馬場の砂が入れ替えられたことには注意をしておきたい。

 大井では10月に砂の入れ替えを発表。説明によると「安定的な砂資源の確保及びより安全な馬場でのレース開催等を目指すため」ということで、これまで使っていた国産の砂からオーストラリア産の新砂にすることで排水性が向上。以前より馬場状態が悪化しにくい、騎乗者の視認性が良い、砂の張り付きも軽減できると安全面に配慮したものらしい。

 排水性が高い砂とはサラサラな状態が維持しやすい砂で、踏み込みによりパワーが必要になる。人間が砂場やビーチで走りにくいのと同じだ。渋ったダートで時計が出やすいのは、適度に粘土質な方が踏み込みやすいからだろう。

新大井の砂が東京大賞典の結果にも影響ある?

 イメージとしては、排水性が増したことによりパワータイプの差し馬向きになりそうだが、砂の入れ替えが終わってから開催されたJBCクラシック(G1)では、逃げたノットゥルノが2着に粘り込み、勝ち馬のキングズソードが3番手からの抜け出し。2番手につけたテーオーケインズが3着という結果。思いのほか前残りに終わっている。

 たまたまという可能性も考えられるものの、全体的な傾向でも砂の入れ替え前の方が差し追い込みが決まっていた印象だ。

砂入れ替え前(10月2日~10月6日)
脚質:勝率
逃げ:23.3%
先行:48.3%
差し:23.3%
追い込み:5.0%

砂入れ替え後(10月29日~11月2日)
脚質:勝率
逃げ:25.9%
先行:51.9%
差し:18.5%
追い込み:3.7%

 ミックファイアを管理する渡邉和雄調教師がSNSで「果たして大井の新しい砂は先行して粘り込むミックファイアに味方するのか??それともレコードタイムを連発した持ち前のスピードを削いでしまうのか??」と発信していたように、まだまだ未知数な新大井。前残り決着となるか、それとも差しが届くのか。今年最後の大一番に注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【東京大賞典】JBCクラシックの「波乱」にも関係?差し・追い込みは決まらない⁉のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル