GJ > 競馬ニュース > 【共同通信杯】川田将雅、武豊のクラシックに黄色信号!?「遅れてきた大物」が勢力図塗り替えに成功…戸崎圭太に「エフフォーリア級」救世主登場か
NEW

【共同通信杯】川田将雅、武豊のクラシックに黄色信号!?「遅れてきた大物」が勢力図塗り替えに成功…戸崎圭太に「エフフォーリア級」救世主登場か

【この記事のキーワード】, ,

【共同通信杯】川田将雅、武豊のクラシックに黄色信号!?「遅れてきた大物」が勢力図塗り替えに成功…戸崎圭太に「エフフォーリア級」救世主登場かの画像1

 11日に東京競馬場で行われた共同通信杯(G3)。過去、勝ち馬だけでなく敗れた馬からも後のG1ホースが多数誕生した重要ステップに昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)を優勝したジャンタルマンタル、同2着のエコロヴァルツが参戦した。

遅れてきた大物がクラシック候補に名乗り

 川田将雅騎手と武豊騎手の手綱捌きに大きな注目が集まったが、人気の両馬を破ってニューヒーローに名乗りを上げたのは、戸崎圭太騎手とジャスティンミラノのコンビ。まだ新馬戦を勝ったばかりで実力は未知数だったものの、G1馬を負かした意味は大きい。

「追ってからも味のある馬で、強かったです。乗りやすかったので距離も問題ないと思います」

 会心の勝利をそう振り返った戸崎騎手の言葉通り、過去のレースにも調教にも乗っていなかったまったくのテン乗り。今回の騎乗が人馬の初コンタクトながら、完璧なレース運びで人気の2頭から主役の座を奪い取り、「遅れてきた大物」が勢力図の塗り替えに成功した。

「スタートはそれほどよくなかった中で、外から位置を取りに行った判断が勝負の決め手となりましたね。逃げたパワーホールの刻んだラップも1000m通過62秒7という超スローペース。同じく芝1800m条件だった同日の未勝利ですら1分46秒2でしたから、共同通信杯の1分48秒0がいかに遅かったのかもわかります。

ただ、勝ちタイムは平凡でも内容はそれなりに濃かったと思います。超スローでもピタリと折り合った操縦性の良さは、初騎乗の戸崎騎手にとっても幸運でした。ジャスティンミラノの本当の強さは、残り800mのラップに秘密があります」(競馬記者)

 記者の言う残り800mのラップとは、ゴールから逆算した45秒3(12秒2-11秒4-10秒9-10秒8)のことである。過去10年の共同通信杯において、これに近いラップを刻んでいたのは、2019年ダノンキングリー(45秒3)、21年エフフォーリア(45秒7)の2例しかない。

 ジャスティンミラノのマークした32秒6の上がり3ハロンは、前者の32秒9や後者の33秒4を上回っている。前半が超スローで脚が溜まっていたことは事実だが、ラスト1ハロンでラップの落ちた2頭に対し、ゴールまで加速し続けている点は特筆だ。少なくともレース後半で後にG1を勝った馬と遜色のないパフォーマンスを演じていたことになる。

 本馬が戸崎騎手に「乗りやすかった」「距離も問題ない」と評された一方で、春のクラシック戦線に黄色信号が灯ってしまったのは、川田騎手のジャンタルマンタルと武豊騎手のエコロヴァルツだ。

距離延長のクラシック戦線で致命的な不安を露呈

【共同通信杯】川田将雅、武豊のクラシックに黄色信号!?「遅れてきた大物」が勢力図塗り替えに成功…戸崎圭太に「エフフォーリア級」救世主登場かの画像2
ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I

 スタートを決めた両馬だが、予想以上のスローペースを嫌がったのか、前半から折り合いを欠くシーンが見られた。レース映像でも2番手をリズムよく走る勝ち馬と、行きたがるパートナーを懸命に宥めようとする姿は対照的だった。

 こちらについて川田騎手は「直線で1馬身まで差が詰まったのですが、さらにそこから離されてしまった」、武豊騎手は「懸念材料がモロに出た感じです。引っ掛かかってしまい、ちゃんと走れなかったです」と振り返ったように、前半のロスが尾を引いた。

 元JRA騎手の安藤勝己氏もSNSで「今日のところは操縦性の差」としつつ、ジャンタルマンタルを「行かせれば勝ってたかな」、エコロヴァルツを「先行力あるのに前走のイメージを優先したんやね」と振り返ったように、騎手の判断が明暗を分けたニュアンスの評価を発信していた。

 ただ、牡馬クラシックの距離は皐月賞(G1・芝2000m)、日本ダービー(G1・芝2400m)、菊花賞(G1・芝3000m)とさらに延長していく舞台設定。1800mの共同通信杯で折り合いがつかないようでは不安が残る。

 ダノンキングリーやエフフォーリア級のパフォーマンスを演じた勝ち馬の評価を下げる必要はないものの、ジャンタルマンタルやエコロヴァルツにとって、本番を見据えるには致命的な不安を露呈したかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【共同通信杯】川田将雅、武豊のクラシックに黄色信号!?「遅れてきた大物」が勢力図塗り替えに成功…戸崎圭太に「エフフォーリア級」救世主登場かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着