GJ > 競馬ニュース > 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複1点勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
NEW

【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い

【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙いの画像1

 今回は数多のG1ホースを送り出してきた皐月賞(G1)トライアル、弥生賞ディープインパクト記念(G2)を予想していく。

 手始めに過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
ホープフルS(ラジオNIKKEI杯2歳S含む) 9頭
朝日杯フューチュリティS 6頭
若駒S(L、OP) 3頭
きさらぎ賞、東京スポーツ杯2歳S、条件戦(1勝クラス) 各2頭
共同通信杯、京成杯、京都2歳S 各1頭
新馬戦 1頭
条件特別(1勝クラス) 2頭
となっている。こちらも前日のチューリップ賞(G2)同様、牡馬のクラシック候補生が集まるレースだけに、2つの2歳G1からの転戦が目立つ。新馬戦や1勝クラスからの挑戦でも好走例があるので、2歳G1以外のローテーションは実質何でもアリのようである。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 3-4-1-2
2番人気 3-2-2-3
3番人気 2-0-2-6
4~6番人気 1-3-3-23
7~9番人気 1-1-1-27
10番人気以下 0-0-1-19
となっている。やはり1番人気、2番人気が信用できる数字を残している。近5年に絞ると1番人気4頭、2番人気3頭、3番人気3頭と上位人気が堅実に走っている印象。数字の上では3番人気が冴えないが、近年は好走傾向にあるようだ。こちらも4番人気か5番人気あたりまでがラインで、極端な人気薄は来ない。ただ、一昨年の9番人気3着や上位人気がすべて飛んだ19年の例もあるので、一ケタ人気までは最低でもチェックしておく方がいいだろう。


 これらを踏まえて「◎」は素直に5番シンエンペラーとする。

 前走はホープフルS(G1)。内目の枠からスムーズにスタートを切って、3番手につけて前を見ながらの追走。やや遅めのペースで流れていき、直線に向くと抜け出して先頭に立つも、後ろから怒濤の追い込みをかけたレガレイラに交わされ2着となった。

 2走前の京都2歳S(G3)の予想では△評価としたが、蓋を開けてみれば2000mで2分を切る優秀な勝ちタイムで完勝。それもあってホープフルSでは自信の◎を打ったわけだが、1番人気に推されたレガレイラに完敗してしまった。

 陣営は前走について「決して順調とは言えない調整過程で、あの結果。能力はやはり高い」と高評価。今回の弥生賞出走には「レースを使いながら問題を改善していきたい」ことと「鞍上の川田将雅騎手に感触を掴んでほしい」という思惑があるとのこと。「前走と同コースなので慣れも見込めるし、良い形で本番へ向かいたい」と、目標はあくまで皐月賞にある。

 そういう意味では、あくまでここは「叩きの一戦」として勝ち負けをあまり意識していない可能性はある。だが、ここで無様な競馬をしているようでは、ホープフルSの二の舞になるのは確実。メンバー中唯一の重賞勝ち馬ということもあり、実績も血統面も断然。人気になって当然だが、逆らわず素直に◎を打ちたい。


「○」は意外に人気がなさそうな3番シュバルツクーゲルを挙げる。

 前走は東京スポーツ杯2歳S(G2)。最内枠からのスタートで、逃げ馬を前に行かせて2番手につける積極策。平均よりやや速いペースで流れていき、直線で逃げ馬は脱落するも、この馬は直線で粘って、後ろにいた勝ち馬には交わされたものの2着を確保した。

 昨年9月の新馬戦でも番手につけてそのまま押し切る競馬で勝利しており、現状はこのスタイルで結果を出している。今回も先行策を採る可能性は高い。そして、このレースは前残りしやすい傾向にある。過去10年逃げ切り勝ちしたのは21年のタイトルホルダーだけだが、4コーナー2、3番手から押し切って勝利を挙げたケースは多い。

 陣営は前走に関して「厳しい展開だったがよくがんばってくれた」と評価。坂路とポリトラックの併用で順調に調整できたとして「勝ち星のある中山で期待したい」と色気を見せている。

 東京スポーツ杯2歳Sからの臨戦は好走例もあり、2着に敗れてはいるものの、重賞未経験馬が多めの今回のメンバーであれば、前走内容から考えても巻き返しできるのではなかろうか。


「▲」は人気サイドだが10番ファビュラススターを推す。

 前走は中山・芝2000mの1勝クラス。外目の枠からスタートしてポジションを下げ、中団後ろ目につけて追走。平均ペースで流れていく中、徐々にポジションを上げて、4コーナー6番手から直線へ。前で粘る馬を外から交わして抜け出し、勝利した。

 昨年10月に新馬戦を勝って3カ月の休養に入り、前走は3歳初戦にして休み明けの一戦となったが、きっちり仕上がっていたようで難なく連勝を決めた。新馬戦→条件戦と臨戦過程は地味だが、注目したいのは前走の勝ちタイム。今回と同じ中山2000mで2分を切る好タイムを叩き出している。

 今回のメンバーで2000mを2分切りで走破しているのは3頭。シンエンペラーとこの馬、そして前走で2着に入った3頭のみ。それだけでも能力の高さがわかる。

 陣営も前走は半信半疑だったが「思った以上に強かった」とベタ褒め。中間も「良い雰囲気で追い切ることができた」とのこと。気性面でまだ若さがあるものの「改善してきているので、このメンバーで良い勝負ができれば本番が楽しみ」と、こちらも皐月賞を見据えたコメント。

 この陣営のコメントを素直に信じて乗ってみたいと思う。

 ということで、今回は11頭立てと頭数も少なめなので、3番、5番、10番の3連複1点勝負としたい。人気どころを押さえているので、配当は期待できないが、それよりも皐月賞本番で頭を悩ませるような競馬をここで見せてもらえれば十分だ。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配