GJ > 競馬ニュース > 【フィリーズレビュー(G2)】コラソンビート「ここは何とかしたい」シカゴスティング「操縦性は高いですし、レース前の消耗を減らせれば」バウンシーステップ「ひと追いごとに素軽さが出ている」桜花賞(G1)トライアル直前“東西特選情報”
NEW

【フィリーズレビュー(G2)】コラソンビート「ここは何とかしたい」シカゴスティング「操縦性は高いですし、レース前の消耗を減らせれば」バウンシーステップ「ひと追いごとに素軽さが出ている」桜花賞(G1)トライアル直前“東西特選情報”

【フィリーズレビュー(G2)】コラソンビート「ここは何とかしたい」シカゴスティング「操縦性は高いですし、レース前の消耗を減らせれば」バウンシーステップ「ひと追いごとに素軽さが出ている」桜花賞(G1)トライアル直前東西特選情報の画像1
コラソンビート 撮影:Ruriko.I

フィリーズレビューの直前情報!

 10日(日)に阪神競馬場で行われるフィリーズレビュー(G2)。過去10年で1番人気が勝利したのはわずか1回のみ。過去には3連単で100万円超えの高配当がつくなど、荒れることでも知られる。

 今年も波乱が期待される1戦を前に、現場から編集部に出走馬の情報がもたらされた。今回はその一部をお伝えする。

 実績十分のコラソンビート(牝3歳、美浦・加藤士津八厩舎)は、ここでも期待される1頭だ。

 京王杯2歳S(G2)で牡馬を撃破すると、暮れの阪神ジュベナイルF(G1)では2番人気に支持された。最後の直線で外から勢いよく上がって行ったものの、アスコリピチェーノとステレンボッシュらとの競り合いに敗れ3着に終わっている。

「春のクラシックも見据えて、2月中旬から栗東滞在をしています。はじめは環境の変化に戸惑っていたようですが、慣れてきてからは、攻め馬でもいい感じに動けているようです。スタッフも『しっかりと成長しています。得意としている1400mですし、阪神コースも経験済み。ここは何とかしたいです』と勝ち負けを意識していましたよ」(美浦関係者・A)

 態勢は十分に整っていると見てよさそうだ。

【フィリーズレビュー(G2)】コラソンビート「ここは何とかしたい」シカゴスティング「操縦性は高いですし、レース前の消耗を減らせれば」バウンシーステップ「ひと追いごとに素軽さが出ている」桜花賞(G1)トライアル直前東西特選情報の画像2
シカゴスティング 撮影:Ruriko.I

 シカゴスティング(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎)も得意の距離で結果を出したい。

 デビュー2戦目で勝ち上がると、続くフェニックス賞(OP)で単勝1.1倍の人気に応えて2連勝。秋初戦となったファンタジーS(G3)では12番人気ながら、中団から伸びて3着に入ると、阪神JFでも12番人気ながら5着と掲示板を確保してみせた。

「燃えやすいタイプなので、その辺の気性を考慮して調整しているそうです。スタッフは『操縦性は高いですし、レース前の消耗を減らせればもっといいパフォーマンスができるはず。取り組んできた成果が実を結んでほしいです』と教えてくれました」(栗東関係者・B)

 重賞でそろそろ明確な結果を出したいところだ。


 侮ると痛め目に遭いそうなのが、バウンシーステップ(牝3歳、栗東・高橋亮厩舎)。

 前走のつわぶき賞(1勝クラス)では道中後方に控えると、最後の直線で猛然と進出。上がり33秒7の末脚を繰り出し、ライバルをごぼう抜きにして勝利を飾っている。

「前走が圧巻の内容で、時計も速かったですね。レース後は放牧に出されていましたが、帰厩後の調整は順調そのもの。スタッフは『ひと追いごとに素軽さが出てきました。フレッシュで活気があります』と満足気でした。G1や重賞で好走した馬が揃っていますが、バウンシーステップも条件は合っているのでいい走りを見せてくれるのでは?」(栗東関係者・C)

 ここでも鬼脚が炸裂するか。


 ドナベティ(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)は距離短縮で巻き返しを図りたい。

 2走前のファンタジーSでは9番人気ながら、中団から徐々に脚を伸ばし2着と好走。前走の阪神JFでは8着に終わったが「8枠18番の大外枠を考えれば、うまく立ち回ってくれた」と関係者の評価は下がらない。

「稽古を見ていると、まだイレ込む面はあるものの、明らかに前よりは良くなっている気配はあります。1週前にしっかりと負荷をかけることができたのも、その証でしょう。距離短縮はプラス材料ですし、スタッフも『確実に脚は使えるのでうまく噛み合えば』と色気を見せていましたよ」(栗東関係者・D)

 得意の距離で重賞初制覇なるか。


 レディマリオン(牝3歳、栗東・長谷川浩大厩舎)はB.ムルザバエフ騎手を鞍上に迎えて重賞に初挑戦する。

「ムルザバエフ騎手が先週に乗って、感触を掴んでいたようでした。今週の追い切りはいい時計が出ていましたが、スタッフは『無理はしていません』とのこと。期待できそうですが、どうにも右トモの方が弱いようでバランスが悪く、ハミが左側に乗りやすい状態とのこと。『今回は工夫するかもしれない』とちょっと悩んでいました」(栗東関係者・E)

 能力全開ならチャンスがあるだけに、陣営の手腕が試される一戦になりそうだ。

 今年も波乱の決着となるのか、それとも順当に人気馬が勝つのか。フィリーズレビューは15時35分の発走を予定している。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【フィリーズレビュー(G2)】コラソンビート「ここは何とかしたい」シカゴスティング「操縦性は高いですし、レース前の消耗を減らせれば」バウンシーステップ「ひと追いごとに素軽さが出ている」桜花賞(G1)トライアル直前“東西特選情報”のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  3. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  6. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  7. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  8. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  9. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  10. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート