GJ > 競馬ニュース > 武豊×社台レースホースの「隠し玉」が狙う皐月賞優先権! C.ルメールも高評価を与えた「逸材」に注目、コンビ継続で本番参戦の可能性は
NEW

武豊×社台レースホースの「隠し玉」が狙う皐月賞優先権! C.ルメールも高評価を与えた「逸材」に注目、コンビ継続で本番参戦の可能性は

【この記事のキーワード】, ,
武豊×社台レースホースの「隠し玉」が狙う皐月賞優先権! C.ルメールも高評価を与えた「逸材」に注目、コンビ継続で本番参戦の可能性はの画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 17日の阪神大賞典(G2)でシルヴァーソニックに騎乗予定の武豊騎手。昨年の天皇賞・春(G1)で3着に好走した実力馬が回ってきたことからも察せられる通り、同馬を所有する社台レースホースとはここのところ良好な関係が目立っている。

 社台RHとレジェンドのタッグは、先月17日の京都牝馬S(G3)もソーダズリングで優勝しており、コンビを継続して24日の高松宮記念(G1)に挑むことを想定。また京都牝馬Sの翌週に行われた中山記念(G2)でも、社台RHはソーヴァリアントの鞍上に武豊騎手を起用するなど、良好な関係が続いている。

 そしてシルヴァーソニックが出走する阪神大賞典の前日、阪神・芝2000mで開催される皐月賞トライアルの若葉S(L)にも彼らの隠し玉が控えている。それがオルトパラティウム(牡3歳、栗東・安田翔伍厩舎)だ。

C.ルメールも高評価を与えた「逸材」に注目

 エピファネイア産駒の同馬はここまで1戦1勝。つまりまだ新馬戦を勝ったばかりである。

 C.ルメール騎手を背に迎えた初戦はスタートで出遅れてしまい、ほぼ最後方からのレースを強いられたものの、光るものを見せていた。

 バックストレッチで一気に逃げ馬に並ぶ位置まで進出したオルトパラティウムは直線に入り、ルメール騎手のステッキが入ると再び加速。並の馬なら脚をなくしても不思議ではない展開をモノともせず、2着を3馬身半も置き去りにしてしまったのである。

 この勝利にはルメール騎手も「飛びが大きく、ポジションを上げていってじわじわと伸びていました。まだ伸びしろがあります。良い馬です」と将来性を高く評価したのは当然だろう。

 ちなみにこの新馬戦で離された2着のスマートワイスに騎乗していたのが、今回新コンビを組む武豊騎手だ。

 こちらも2戦目ですぐに勝ち上がったように、武豊騎手が「伸びしろがまだまだありますね。楽しみです」と高評価を与えていた逸材である。ただオルトパラティウムはそんなスマートワイスを初戦でまったく寄せ付けなかったのだから、レジェンドも強さを肌で感じ取っているのではないか。

 まだ1勝馬のため皐月賞(G1)に参戦するには最低でも2着以内が至上命題となる本馬だが、初戦のレースぶりを見ればここも好勝負して不思議ではない。

「母ザレマは現役時代、若葉Sと同舞台である忘れな草賞(OP・当時)を快勝していることも、息子であるオルトパラティウムにとっては前向きになれる材料でしょう。

武豊騎手は牡馬クラシック路線のお手馬にエコロヴァルツ、サンライズジパングなどがいますが、どの馬で一冠目に臨むのかまだ発表されていないんですよ。オルトパラティウムの結果次第では、継続騎乗でクラシック参戦の可能性もゼロではなさそうです」(競馬誌ライター)

 また、武豊騎手は本馬の母ザレマに一度だけ騎乗した経験がある。2007年のオークス(G1)でレース当日はベッラレイアに次ぐ2番人気に推されていた。

 しかし、最後の直線では伸びを欠いて10着。その時のリベンジも兼ねて、息子オルトパラティウムと臨む若葉Sの走りに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊×社台レースホースの「隠し玉」が狙う皐月賞優先権! C.ルメールも高評価を与えた「逸材」に注目、コンビ継続で本番参戦の可能性はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?