GJ > 競馬ニュース > 【フラワーC(G3)予想】抜けた馬のいない混戦模様で、特注穴馬を本命・対抗に指名、高配当を狙いに行く
NEW

【フラワーC(G3)予想】抜けた馬のいない混戦模様で、特注穴馬を本命・対抗に指名、高配当を狙いに行く

【フラワーC(G3)予想】抜けた馬のいない混戦模様で、特注穴馬を本命・対抗に指名、高配当を狙いに行くの画像1

 今回は桜花賞(G1)やその先のオークス(G1)を見据えた3歳牝馬の中距離重賞、フラワーC(G3)を予想していく。

 先週の振り返り…たくない結果。中山牝馬S(G3)○ククナこそ来たが1着、3着はノーマーク。金鯱賞(G2)はドゥレッツァの頭から行って、△ヨーホーレイクが来たが、肝心の勝ち馬は「叩き」の情報を得て切ったプログノーシス。しかも菊花賞馬相手に5馬身差の圧倒的な差をつけての勝利。叩きでコレなら本番はどれだけ……という話だ。

 予想に戻ろう。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていこう。
未勝利戦 4頭
フェアリーS、条件戦(1勝クラス) 各3頭
阪神ジュベナイルF、白菊賞(1勝クラス)、若竹賞(1勝クラス) 各2頭
京成杯、アルテミスS、リステッド、新馬戦 各1頭
条件特別(1勝クラス) 10頭
となっている。デビューが遅めだった馬が勝ち上がりの次戦にここを選んで、クラシックへ間に合わせようというパターンが多いのだろう。ここまで使われてきた馬とキャリアの浅い馬の力関係の比較がキモになりそうだ。前走重賞組は数も少ないのだろうが、ここでの好走例も意外と少ない。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 3-1-3-3
2番人気 4-2-1-3
3番人気 1-1-1-7
4~6番人気 1-3-2-24
7~9番人気 0-3-1-26
10番人気以下 1-1-1-52
となっている。1番人気、2番人気が信用できる数字。近5年に絞っても4頭ずつ来ているので、十分軸候補になり得るだろう。一方、3番人気はまったくアテにできず、近5年でも去年3着に1度来ただけ。多くは1番人気、2番人気のどちらか、あるいは両方来たところに中穴以下が来るといった感じ。ただ、この1頭なり2頭なりがクセ者で、8番人気以下の激走例が多い。前走データと人気は一致していないので、検討材料多めで人気薄まで手広くチェックがおすすめだ。


 これを踏まえて「◎」は穴馬だが8番エルフストラックとする。

 前走のデイジー賞(1勝クラス)では、エフフォーリアの半妹イゾラフェリーチェにまんまと逃げ切られ、1馬身及ばずの2着だったが渋った馬場で大健闘したと言えよう。2走前は若駒S(L)で牡馬クラシックの有力馬と目されているサンライズジパングを相手に掲示板を確保する好走も見せている。

 京都2000mの未勝利で勝ち上がったが、タイム自体はごく平凡。ただ、デイジー賞は今回の舞台と同じで、渋った馬場ながら例年のこのレースの勝ちタイムとそれほど差のない走破タイムをマーク。良馬場であれば、もっといいタイムが出せるのではないか。

 また、前走は2番手で押し切る競馬となったが、このレースは前残りしやすい傾向のレース。そういう意味では前走の再現ができれば再度の一発も考えられよう。


「○」も人気薄の7番マルコタージュを挙げる。

 前走がデビュー戦で、人気馬が中団から差す競馬だったのに対して、こちらは先行策で押し切って僅差の勝ちを拾った。外枠で実力がモロに出やすい東京1800m戦でこの競馬ができたのは能力値が高いからと考えている。

 また、勝ちタイム自体は良馬場ながら1分50秒台と平凡だったが、一方で先行しながらも上がり最速ではなかったものの33秒台の脚で押し切れるあたりも並みではないポテンシャルを感じる。新馬戦や未勝利戦からの転戦で好走するケースが多いレース。試金石として使われるのかもしれないが、予想以上にいい走りをするのではないか。


「▲」はそこそこ人気しそうだが4番テリオスサラを推す。

 前走のクイーンC(G3)では番手からの積極策を採るも、直線で力尽きて7着に敗れている。2走前のフェアリーS(G3)では出遅れて最後方からの7着と近走の重賞2戦が冴えない。

 3走前の赤松賞(1勝クラス)では、番手から押し切って勝ちを拾う寸前に後ろから差されて2着に甘んじている。ただ、未勝利勝ちは今回と同じコースで、勝ちタイムも稍重ながらこのレースの平均的な勝ちタイムと遜色ないタイムを記録している。3戦続けての負けは、おそらく距離適性の問題で、マイルでは少し短い可能性がある。

 赤松賞の走破タイムもこの時期の2歳馬としてはそれなりに評価できるタイムで、上がりも33秒台を記録するなど未勝利戦に続いてポテンシャルの一端を見せている。今回は重賞で敷居は高くなるだろうが、メンバーで前走重賞は2頭しかおらず、3歳重賞を経験しているのはこの馬だけ。前走3歳重賞で大敗して巻き返したケースもあるので、そういう意味でもこの馬は押さえられる。


「△」は人気しそうな6番カニキュルと2番カンティアーモの2頭とする。

 カニキュルは前走2戦目の未勝利で勝ち上がっているが、2歳馬ながら東京2000mで2分を切る好タイムで勝ち上がっている。ただ新馬戦、未勝利戦ともに2000m戦を使ってきているので、1800mと1ハロン短くなったときにどう出るか。それを割り引いての評価。


 カンティアーモはデイリー杯2歳S(G2)が前走で、ジャンタルマンタルの6着に敗れている。ただ、新馬戦は時計が出やすい新潟だったとはいえ、1800m戦で1分46秒台と破格の時計。単純比較はできないが、このレースの過去10年の勝ちタイムより速い時計である。

 ポテンシャルの高さはうかがえるが、前走は休み明けで敗退。ジャンタルマンタルに0.6秒差6着ならよくやったと見えなくはないが、今回は再び休み明け。さらに、鞍上のC.ルメール騎手も今年はここまで重賞に14鞍乗って2着、3着はあるものの未勝利。馬券圏内なら、という可能性で押さえまで。

 ということで今回は2番、4番、6番、7番、8番の5頭で3連複BOX10点勝負とする。人気馬を押さえているので、順当に決まるとショボい配当になってしまうが、印通りに来てくれれば高配当が見えてくる。中波乱程度の波乱の結果に期待したい。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【フラワーC(G3)予想】抜けた馬のいない混戦模様で、特注穴馬を本命・対抗に指名、高配当を狙いに行くのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感