GJ > 競馬ニュース > 三浦皇成「何もできなかった」絶望の34.6秒…【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?テーオーロイヤルに安藤勝己氏が「辛口」の持論展開!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

三浦皇成「何もできなかった」絶望の34.6秒…【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?テーオーロイヤルに安藤勝己氏が「辛口」の持論展開!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,
三浦皇成「何もできなかった」絶望の34.6秒…【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?テーオーロイヤルに安藤勝己氏が「辛口」の持論展開!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!

三浦皇成「何もできなかった」絶望の34.6秒…【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?テーオーロイヤルに安藤勝己氏が「辛口」の持論展開!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
三浦皇成騎手/撮影:Ruriko.I

三浦皇成「何もできなかった」絶望の34.6秒。「本当に申し訳ない」リベンジの機会もすれ違い…遠ざかる悲願のG1制覇

ライター「A」:ファルコンS(G3)は北村友一騎手が騎乗した7番人気ダノンマッキンリーが優勝。一方、2番人気だった三浦皇成騎手のロジリオンは5着に終わっています。

デスク「Y」:三浦騎手がレース後に、「何もできなかったです」と悔しがっていたのが印象的だったなぁ。

ライター「A」:今後、ロジリオンはNHKマイルC(G1)に向かうそうです。そこでリベンジといきたいところなのですが、三浦騎手は前日に米国で開催されるケンタッキーダービー(G1)にラムジェットで参戦する予定。残念ながらそれも難しいですね。

デスク「Y」:リベンジするにしても、もうちょっと先のことになりそうねぇ。ラムジェットでケンタッキーダービーを勝利して、その後、ラムジェットエンジンがついた飛行機に乗って、ラムスキンでできたジャケットを着てラム酒で祝杯をあげつつ、ラムダッシュのひげ剃りで身なりを整えてから参戦するわけにもいかないものね。

ライター「A」:そんなことできるわけ無いでしょ。大体ラムって言いたいだけじゃないですか。そんで、ラムって言いすぎたから、ジンギスカン食べながらお酒が飲みたいって言うんでしょ。

デスク「Y」:いや、ちょっとあの癖のある匂いが苦手だから、それはないなぁ。やっぱり、ラムといえば『うる星やつら』(小学館)でしょ。三浦騎手の奥様であるほしのあきさんに、ラムちゃんのコスプレをしてもらって、『いつも頑張ってるっちゃね。ご褒美をあげる★』って褒めてもらいたいっちゃ。

ライター「A」:そっちのラムに行くのかよ。まじで見境ないな。

三浦皇成「何もできなかった」絶望の34.6秒…【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?テーオーロイヤルに安藤勝己氏が「辛口」の持論展開!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
C.ルメール騎手/撮影:Ruriko.I


【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?C.ルメール、国枝栄師も大絶賛の逸材登場…「牝馬限定重賞以下」のタイムとメンバーレベルに疑問符

ライター「A」:スプリングS(G2)は、C.ルメール騎手が騎乗したシックスペンスが勝ちました。

デスク「Y」:シックスペンス……、こないだシックスセンスって誤字って怒られたなぁ。まぁ、馬名はややこしいから仕方ないよね(テヘペロ)。

ライター「A」:仕方なくない。しかも、『シックスペンスとシックスセンスって、名前が近いから間違えないでよ』とか、スタッフに言ったあとに間違っていたんだから、驚きましたよ。

デスク「Y」:シックスペンス、シックスペンス、シックスペンス、シックスペンス、シックスペンス、シックスペンス……シックスペンス、シックスセンス?、シックスペンス、シックスザンス?? シックスペンス、シックスセンス、サックスペンス? っていう風に、何度も頭の中で反芻していたら、いつの間にか……ペンスがセンスになっていたザンス。シックスペンス、恐ろしい子!

ライター「A」:注意力散漫なだけでしょ。

デスク「Y」:今後は大丈夫。集中力どころか、小宇宙全開で行くから。見てろ、小宇宙全開! 燃え上がれ、俺の小宇宙ぉ~! ほら、あの馬名の問題出して!

ライター「A」:はい、はい。今年のスプリングSの勝馬は?

デスク「Y」:セブンセンシズ!

ライター「A」:全然ダメじゃねぇか。

三浦皇成「何もできなかった」絶望の34.6秒…【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?テーオーロイヤルに安藤勝己氏が「辛口」の持論展開!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
テーオーロイヤル/撮影:Ruriko.I

「5馬身差圧勝」テーオーロイヤルに安藤勝己氏が「辛口」の持論展開!? 「G1ではワンパンチ足りんだけに」…一部ファンから賛同の声も

ライター「A」:テーオーロイヤルが阪神大賞典(G2)を5馬身差で圧勝。ですが、元JRA騎手の安藤勝己氏は、「G1ではワンパンチ足りんだけに、前哨戦を勝ちにきたのは正解やと思うね」とXで持論を展開し、波紋を呼んでいます。

デスク「Y」:なにか少しだけ物足りなく感じたんだろうねぇ。一流の目から見ると。

ライター「A」:デスクは何が足りないかわかります?

デスク「Y」:あったりまえじゃん。あれだよ、あれ? え? もしかしてわかんないの? 何年競馬ライターやってんのよ。

ライター「A」:なんかムカつきますね。じゃあ教えて下さいよ。デスクなりの見解を。

デスク「Y」:どうしよっかなぁ。『超天才のデスク様、お願いします。今後お酒のお誘いを断ることは致しません。また仕事を振られたときに一切嫌な顔をしません。絶対忠誠を誓いますから』、って宣言したら教えてあげる。

ライター「A」:……じゃあ、いいや。どうせトンチンカンなこと言い出すに決まっているし。

デスク「Y」:え? そんなに急に引く? まぁ、じゃあ、誓わなくてもいいから教えるよ。えっとね。

ライター「A」:いや、もういいです。なんかスゲー腹立ったし。会話するって構成の都合上聞いただけだし。まじで興味ないし。あんたのそういうの当たったためしないし。

デスク「Y」:いや、そこまで言う? 今回は意外に自信あるんだから。ね、ちょっとだけ時間をくれない?

ライター「A」:結構です! もう終わり、終わり。さて、毎度バカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

三浦皇成「何もできなかった」絶望の34.6秒…【皐月賞】「無傷の3連勝」シックスペンスに期待と不安?テーオーロイヤルに安藤勝己氏が「辛口」の持論展開!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?