GJ > 競馬ニュース > 【日経賞&毎日杯】ボッケリーニ「中山コース安定」クロミナンス「2400mくらいまで」ベラジオボンド「力負けではない」東西重賞現場耳寄り情報
NEW

【日経賞&毎日杯】ボッケリーニ「中山コース安定」クロミナンス「2400mくらいまで」ベラジオボンド「力負けではない」東西重賞現場耳寄り情報

【この記事のキーワード】, ,
【日経賞&毎日杯】ボッケリーニ「中山コース安定」クロミナンス「2400mくらいまで」ベラジオボンド「力負けではない」東西重賞現場耳寄り情報の画像1
撮影:Ruriko.I

 23日には中山競馬場で日経賞(G2)、阪神競馬場では毎日杯(G3)とふたつの重賞の開催が予定されている。今年も両レースには今後G1を狙う有力馬たちが集結した。各陣営から編集部に届けられたマル秘情報の一部を紹介しよう。

■日経賞(G2)

【日経賞&毎日杯】ボッケリーニ「中山コース安定」クロミナンス「2400mくらいまで」ベラジオボンド「力負けではない」東西重賞現場耳寄り情報の画像2
ボッケリーニ/撮影:Ruriko.I

 天皇賞・春(G1)のステップレースに位置付けられている日経賞。今年も中長距離を得意とする競走馬が集ったが、中でも有力視されているのがボッケリーニ(牡8歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 前3走は、京都大賞典(G2)、チャレンジC(G3)、アメリカジョッキークラブC(G2)と、いずれもタイム差なしの2着。好走は続けているものの、勝利にまでは一歩届いていない。

「惜しい内容が続いています。中山コースでは安定した成績を残せていますし、今年8歳ながら年齢的な衰えもありません。中間も順調に調整ができていますし、変わらず体調は良さそうですね。

馬場状態の良、不良も問わないタイプですし、うまく立ち回れれば勝ち負けになっていいと思います」(栗東関係者・A)

 日経賞は2年連続でタイトルホルダーに敗れて2着。だが今年はそのライバルが不在のため、絶好のチャンスであることは間違いない。ここを勝利し、春の大一番につなげることができるだろうか?

 

 クロミナンス(牡7歳、美浦・尾関知人厩舎)は重賞初勝利を狙う。

 2走前に勝利を挙げてようやくオープン入りを果たした遅咲きタイプ。昇級初戦となったAJCCでは前目の競馬で善戦。最後の直線でもしぶとく脚を使って3着と健闘してみせた。

「前走は内で動けなかったのが痛かった。スムーズに外に出し、内回りコースをうまく捌くことができれば、もっと上位も狙えるかもしれません。

レース後は、ノーザンファーム天栄に放牧に出されて、ここを目標に調整してきたようです。稽古の動きを見る限り、順調で仕上がりに不安はなさそうですね。

ただ問題なのは距離。前走で騎乗したC.ルメール騎手は『2400mくらいまでかな』と話していたようです。今回は100m延長しているので、その辺りがネックになるかもしれないですね」(美浦関係者・A)

 ルメール騎手の見立ては当たるのか。

 

【日経賞&毎日杯】ボッケリーニ「中山コース安定」クロミナンス「2400mくらいまで」ベラジオボンド「力負けではない」東西重賞現場耳寄り情報の画像3
ヒートオンビート/撮影:Ruriko.I

 3年連続の挑戦で過去2回は3着と6着に入っているヒートオンビート(牡7歳、栗東・友道康夫厩舎)。

 昨年は日経賞後に向かった目黒記念(G2)を制し、うれしい重賞初勝利をゲット。秋初戦の京都大賞典こそ不利もあり9着に終わったが、2戦目のアルゼンチン共和国杯(G2)はトップハンデとなる59kgを課せられるも、3着と実力を証明した。

「前走の有馬記念(G1)は16着と殿負け。内に入れず、ずっと外を回る形になってしまい、脚を使わされてしまいましたね。

前走から立て直したいのは陣営としては当然。中間の追い切りの動きは上々で、最後までしっかり脚を伸ばしていましたよ。大敗も尾を引いておらず、フレッシュなとても良い状態でレースへ向かうことができそうです」(栗東関係者・B)

 2度目のG2勝利はあるか?

 

■毎日杯(G3)

 毎日杯は上位に入っても、3歳クラシックの優先出走権が得られるトライアルレースではない。だが、ここの勝馬がクラシックで好走することも多く、春の大一番に向けて重要な前哨戦として知られる。

 

 その1戦で結果を出して、クラシック戦線に名乗りをあげたいのが、ベラジオボンド(牡3歳、栗東・上村洋行厩舎)だ。

 阪神・芝1800mで行われた新馬戦では好位追走から、上がり33.9秒の末脚を使い、2着に3馬身差をつけて快勝。続いては出世レースとして知られる共同通信杯(G3)へ向かった。

 強豪が揃った中でクラシック出走のため、賞金加算を目論んだが、見せ場なく6着。騎乗した岩田望来騎手は「上にあがるようにゲートを出てしまい、(ポジションを)取ることができませんでした」と明かし、道中の流れも悪く、「瞬発力勝負になってしまい、あの位置からでは厳しかったです」と下を向いた。

「前走は決して力負けではないです。出遅れに加え、前の馬が折り合いを欠いたこともあり、動きにくいポジションで運ばれてしまいましたからね。展開が向きませんでした。

この中間の稽古では冷静に走れており、操縦性も良くなってるようです。新馬勝ちしたときにあれほどのパフォーマンスを発揮した舞台ですしスムーズに走れれば、上位もありえます」(栗東関係者・B)

 結果を残している舞台で巻き返しなるか。

 勝利の女神はどの陣営に微笑むのか。阪神の毎日杯は15時35分、中山の日経賞は15時45分の発走を予定している。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【日経賞&毎日杯】ボッケリーニ「中山コース安定」クロミナンス「2400mくらいまで」ベラジオボンド「力負けではない」東西重賞現場耳寄り情報のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感