GJ > 競馬ニュース > ドゥレッツァVSシュトルーヴェ「遅れてきた大物」対決再び!? 明暗が大きく分かれた昨夏から7か月、リベンジの時は来るのか
NEW

ドゥレッツァVSシュトルーヴェ「遅れてきた大物」対決再び!? 明暗が大きく分かれた昨夏から7か月、リベンジの時は来るのか

【この記事のキーワード】, ,
ドゥレッツァVSシュトルーヴェ「遅れてきた大物」対決再び!? 明暗が大きく分かれた昨夏から7か月、リベンジの時は来るのかの画像1
鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I

鮫島克駿騎手「馬の力強さに感動した」

 23日、中山競馬場で行われた日経賞(G2)は、4番人気のシュトルーヴェ(セ5歳、美浦・堀宣行厩舎)が勝利。5歳ながらこの11戦目が重賞初挑戦という遅咲きの大器が、実績馬を破って大きな勲章を手にした。

 10頭立て、芝2500mのレース。横山典弘騎手のマテンロウレオが巧みなペースでレースを支配すると、最後の直線でも粘りに粘る。そんな中、シュトルーヴェは4コーナーでも3列目の苦しい位置だったが、最後の直線では1頭1頭ねじ伏せるように馬群の中を鋭伸。ゴール前は6着アドマイヤハレーまでが0.4秒差にひしめく接戦となったが、力強く抜け出した。

「乗っていて楽しいレースでしたし、馬の力強さに感動したレースでした」

 レース後の勝利騎手インタビューで、鞍上の鮫島克駿騎手から最大限の賛辞を送られたシュトルーヴェは、これで11戦5勝。特に目立った成績ではないが、2200m以上では8戦4勝2着3回と抜群の安定感を誇っている。鮫島駿騎手は「今後、どの路線に進むかわからない」と話したが、優先出走権を得た天皇賞・春(G1)は本命不在の混戦が予想されている。もし駒を進めるようなら当然、面白い存在になるはずだ。

 昨年8月の日本海S(3勝クラス)は、シュトルーヴェとその陣営にとって苦い記憶が残っている。

ドゥレッツァVSシュトルーヴェ「遅れてきた大物」対決再び!?

 課題のスタートでダッシュがつかずに後方からになったものの、シュトルーヴェの4コーナーを回る手応えは決して悪くないように見えた。鞍上の内田博幸騎手が最後の直線へ向けて進路を意識し始めた際、すぐ内から勢いよく伸びてくる馬の存在に驚き、一瞬だけ後ろを振り返っている。

ドゥレッツァVSシュトルーヴェ「遅れてきた大物」対決再び!? 明暗が大きく分かれた昨夏から7か月、リベンジの時は来るのかの画像2
ドゥレッツァ 撮影:Ruriko.I

 単勝2.1倍に推された1番人気ドゥレッツァだ。

 この時、内田騎手にはドゥレッツァについて行くように内を突く選択肢もあったはずだ。だが、それでこの馬に勝つのは難しい。咄嗟に外への進路を選んだが、これがモロに裏目に出た。ドゥレッツァが内で馬群を割った影響で、弾かれるようにシルバーエースが外へ。結果的に、これがシュトルーヴェの進路を塞ぐ格好になった。

 ラフなプレーではなかったし、競馬では決して珍しいアクシデントではなかった。だが、不完全燃焼のまま敗れたシュトルーヴェは、今年2月まで長期休養を強いられることに。戻ってきた際は、去勢されてセン馬になっていた。

 一方のドゥレッツァは、この勝利で菊花賞(G1)出走を確固たるものにすると、本番ではダービー馬タスティエーラに3馬身半差をつける圧勝。遅れてきた大物が5連勝でG1馬に上り詰めた。

「レースセンスの良さ、乗っていても乗りやすく、何も癖がないのがいいところ」

 両者の明暗が分かれた日本海Sから約7か月。日経賞の勝利騎手インタビューで鮫島駿騎手が挙げたシュトルーヴェの長所は、そのまま類稀な長距離適性を示唆している。来月開催される天皇賞・春(G1)で、再びシュトルーヴェとドゥレッツァの運命が交わるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ドゥレッツァVSシュトルーヴェ「遅れてきた大物」対決再び!? 明暗が大きく分かれた昨夏から7か月、リベンジの時は来るのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感