GJ > 競馬ニュース > 【ダービー卿チャレンジT(G3)予想】過去10年で1番人気1勝の荒れるレース、実績で買える穴馬から「チョイ荒れ」狙いで
NEW

【ダービー卿チャレンジT(G3)予想】過去10年で1番人気1勝の荒れるレース、実績で買える穴馬から「チョイ荒れ」狙いで

【ダービー卿チャレンジT(G3)予想】過去10年で1番人気1勝の荒れるレース、実績で買える穴馬から「チョイ荒れ」狙いでの画像1

 今回は安田記念(G1)の前哨戦となる、マイルのハンデ戦、ダービー卿チャレンジT(G3)を予想していく。

 先週の振り返り。まず日経賞(G2)は「◎」ボッケリーニに自信を持っていたが、まさかの5着。「○」クロミナンスが2着、「▲」シュトルーヴェが勝利したはいいが、3着が迷っていたマイネルウィルトス。「買わないと来る」馬が今回もまた、といった具合で、こればっかりはどうにもならない。また、雨模様だったにもかかわらず良馬場だったのも誤算であった。

 一方、高松宮記念(G1)の方はと言えば、こちらも自信の「◎」ナムラクレアがやはり2着、「○」マッドクールが勝利したところまでは良かったものの、3着に外国馬。香港のトップスプリンターだったようだが、正直なところ外国馬が重馬場で好走するとは思えなかった。

 では、予想に戻ろう。

 いつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。

東風S(L、OP) 8頭
東京新聞杯 6頭
洛陽S(L) 2頭
香港C、中山記念、阪神C、ターコイズS、京都牝馬S、小倉大賞典、阪急杯 各1頭
オープン特別 1頭
条件特別(3勝クラス) 6頭

 となっている。

 開催時期にも関係しているのか、前走重賞組が思ったより少ない。リステッドや特別戦からの臨戦と五分の割合くらい。ハンデ戦のせいもあって、条件戦からの挑戦で好走する例が多く、荒れやすい原因のひとつにもなっていそうだ。

 続いて人気順の成績を見ていく。

1番人気 1-1-1-7
2番人気 1-1-2-6
3番人気 2-1-0-7
4~6番人気 5-4-3-18
7~9番人気 0-1-4-25
10番人気以下 1-2-0-66

 となっている。

 上位人気がとにかくアテにできない。近5年に絞っても1番人気1頭、2番人気2頭と振るわない。3番人気が3頭来ているので、ここから下の評価をされている馬に出番が多い。数字でもわかるように中穴クラスの好走がやはり目立つ一方、10番人気以下が近5年で3頭来ている。過去より今に近い方がより荒れ模様の傾向が強いので、人気薄でもしっかり検討した方が良さそうだ。

【ダービー卿チャレンジT(G3)予想】過去10年で1番人気1勝の荒れるレース、実績で買える穴馬から「チョイ荒れ」狙いでの画像2
セッション 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は9番セッションとする。

 昨年秋にオープン入りを果たして、直後のリステッドで4着とそれなり。今年初戦の京都金杯(G3)では終始2番手からの競馬で0.1秒差2着と地力のあるところを見せた。

 3歳時にもNHKマイルC(G1)こそ惨敗しているが、前哨戦のアーリントンC(G3)では2着と、重賞連対の実績を残しており、重賞級の器であったことは証明済み。強いて不安点を挙げれば、惨敗したNHKマイルCで背負った57kgを今回背負わなければならないことか。ここまで55~56kgで好走してきただけに、1kg増がどう出るか。

 重賞2着2回の実績があれば仕方ないところであり、大型馬ということもあるので、おそらく克服できるだろう。持ちタイムもあるので本命で推したい。

「○」は5番アスクコンナモンダを挙げる。

 前走の東京新聞杯(G3)では後ろから上がり2位の脚で追い込み、接戦の末惜しい4着に敗れているが、昨年の最終戦となったリステッド3着を考えると、今年初戦で引き続き調子のいいところは見せた感じだろう。

 この馬は13戦のキャリアで5回馬券圏外に飛んでおり、うち3回は重賞。そういう意味では重賞まで届かない素材なのかと感じなくもないが、前走は勝ち馬から0.2秒差と僅差での敗退。過去2走に比べれば明らかに成長している。

 マイルの持ち時計もあり、前走も敗れたとは言え1分32秒台前半で走破しており、このレースの平均的な勝ちタイムはクリアしている。加えて、このレースは前が残りにくい傾向があり、差し・追い込み型のこの馬には有利に働くはず。上がり32秒台の切れる脚もあり、ハンデ差がほとんどない今回のメンバーなら一発あってもおかしくはない。

「▲」は2番パラレルヴィジョンを推す。

 3走前にダート戦を勝利し、オープン入りを果たしたこともあってか2走前はダートのオープン戦を使われ、人気を背負うが大敗。今年初戦は再び芝に戻して順当に勝利を挙げている。

 キャリア12戦で馬券圏外が3回と堅実な走りをしてきたが、ここに来て上で触れたダートのオープン戦で大敗したことを除くと、3走で2勝と調子は上々なはず。

 中山コースでは3走して2勝3着1回と好相性であり、前走も今回と同コースで1分32秒台前半で勝利した。3歳時の神戸新聞杯(G2)以来の重賞となるが、今回は距離もマイルということで前走同様に好走する可能性は十分あろう。

「△」は15番レイベリングと7番ディオの2頭とする。

 レイベリングは前走の3勝クラスを勝ち上がって、オープン入り。もっとも、2歳時には朝日杯フューチュリティS(G1)で3着があるなど重賞級の素質はあった。3歳初戦の共同通信杯(G3)で大敗して、自己条件に戻って地道に走ってきたわけだが、2走前と4走前に馬券圏外があるだけで、条件戦は6戦3勝2着1回と好成績を残してきた。

 懸念があれば、近3走がいずれも1400m戦で好走しており、1ハロン延びる今回はどう出るか、というところだろう。初の中山コースという点も引っかかりはするが、上述したようにマイルG1・3着の実績もあり、その割にハンデは今回のメンバーで最軽量の55kgと前走より2kg恵まれた。

 フランケル産駒は1400m戦のスペシャリストというイメージはあるが、1ハロン延長ならギリギリ持つだろう。斤量差を生かしての一発に期待したい。

 ディオは2勝クラスから前走のリステッドまで怒濤の3連勝を飾って、ここに臨んできた。

 この馬も18戦のキャリアで馬券圏外がわずか3回、その3回も掲示板を確保しているので、とにかく大崩れしない。ただ、堅実に走ってきたというのは、同時に勝ちきれないレースを繰り返してきたことでもある。3連勝の前には4走連続2着などもある。

 3連勝の勢いは買いたいところだが、マイル戦17走のうち1分32秒台の時計が1度だけというところにやや不安が残る。また、ローテーションは好走例が多く、申し分ないのだが人気馬が来ないという傾向がここ数年は顕著になっている。

 重賞勝ちも連対実績もないのに斤量は前走より0.5kg増も微妙に作用しそうな気がするので、馬券圏内はあると思うが勝ち負けまでは果たして、と判断して押さえまでとしておく。

 ということで、今回は2番、5番、7番、9番、15番の5頭で3連複BOX10点勝負。順当に決まる可能性も考えてチョイスした。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【ダービー卿チャレンジT(G3)予想】過去10年で1番人気1勝の荒れるレース、実績で買える穴馬から「チョイ荒れ」狙いでのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感