GJ > 競馬ニュース > 【大阪杯】世間を驚かせた皐月賞馬の主戦降板…そして遅すぎた再会「アルアインの無念」から4年3か月。最後まで感謝を貫いた松山弘平が挑むリベンジの時
NEW

【大阪杯】世間を驚かせた皐月賞馬の主戦降板…そして遅すぎた再会「アルアインの無念」から4年3か月。最後まで感謝を貫いた松山弘平が挑むリベンジの時

【この記事のキーワード】, ,
【大阪杯】世間を驚かせた皐月賞馬の主戦降板…そして遅すぎた再会「アルアインの無念」から4年3か月。最後まで感謝を貫いた松山弘平が挑むリベンジの時の画像1
松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

初G1を飾ったパートナーと、複雑な別れ

「最後まで、よく頑張ってくれました――」

 2019年の有馬記念(G1)。ラストランを終えたアルアインを松山弘平騎手はそう労った。結果は11着。前々走の天皇賞・秋(G1)が14着で、前走のマイルCS(G1)も16着。2017年の皐月賞馬は5歳の12月を迎え、覆し難い衰えが来ていた。

「この舞台に連れてきてくれた馬と関係者に感謝したいです」

 開口一番に関係者への感謝を口にできるのは、松山騎手がJRAを代表する人格者と言われる所以だろう。だが、同時に「騎手という職業は、こんなにも厳しいものなのか」と改めて感じたのは、筆者だけではないはずだ。

 まさに、前代未聞の乗り替わりだった。2年前の2017年の春、松山騎手とアルアインは皐月賞(G1)を制覇し、クラシックの主役に躍り出た。毎日杯(G3)からコンビを結成しての連勝であり、松山騎手にとってはこれが嬉しいG1初制覇。続く日本ダービー(G1)では敗れはしたものの4番人気で5着。勝ったレイデオロと0.3秒差なら、皐月賞馬の威厳は示したと言えたはずだ。

 しかし、アルアインと共に充実の春を終えた松山騎手に悲報は唐突にやってきた。アルアインは秋の始動戦となるセントライト記念(G2)から、C.ルメール騎手と新コンビを組むことが発表されたのだ。

【大阪杯】世間を驚かせた皐月賞馬の主戦降板…そして遅すぎた再会「アルアインの無念」から4年3か月。最後まで感謝を貫いた松山弘平が挑むリベンジの時の画像3
大阪杯を勝ったのは北村友一騎手とのコンビだった 撮影:Ruriko.I

 ここから、アルアインと松山騎手の運命は大きく分かれてしまった。ルメール騎手の後、川田将雅騎手、C.デムーロ騎手、北村友一騎手、柴山雄一騎手、R.ムーア騎手と次々と鞍上を替えたアルアインだが、松山騎手の再登板はなし。2年後の大阪杯(G1)では見事な復活勝利を飾ったが、その鞍上にもやはり松山騎手の姿はなかった。

 そんなアルアインが松山騎手の元に帰った来たのがコンビ解散から約2年7か月後、引退レースとなった有馬記念だった。結果は先述した通り、単勝160.6倍の15番人気で11着。確かに「頑張った」と言えるかもしれないが、勝ち目があったかと言われれば「正直なかったのでは」と言わざるを得なかった。

 それでも松山騎手がレース後「しっかりと好位で競馬できましたし、直線で一瞬は先頭に立てるかと思うくらいの走りでした」と相棒に最大限の賛辞を送ったのは、アルアインが自身初のG1馬だからという理由だけではなかったはずだ。繰り返しになるが、これこそが松山騎手が人格者たる所以である。

 そして、あのアルアインの引退から3年5か月が経った昨年の春、松山騎手はまたも世間を驚かせた大きな乗り替わりを経験している。

【大阪杯】世間を驚かせた皐月賞馬の主戦降板…そして遅すぎた再会「アルアインの無念」から4年3か月。最後まで感謝を貫いた松山弘平が挑むリベンジの時の画像2
タスティエーラ 撮影:Ruriko.I

 タスティエーラと松山騎手のコンビは、トライアルの弥生賞ディープインパクト記念(G2)を勝利し、本番の皐月賞でも5番人気で2着するなど3歳クラシック指折の有力コンビだった。

 しかし、日本ダービーでタスティエーラの鞍上に松山騎手の姿はなかった。

最後まで感謝を貫いた松山弘平騎手が挑むリベンジの時

 ハーツコンチェルトに騎乗した松山騎手は、レース後「よく頑張ってくれました」と3着に善戦した相棒をねぎらったが、「悔しい気持ちでいっぱいです」とも語っている。皮肉にもダービーを制して世代の頂点に立ったのはD.レーン騎手と新コンビを結成した、かつての相棒タスティエーラだった。

 そこから約1年後、今週末31日の大阪杯でタスティエーラの手綱が松山騎手の元に戻ってきた。アルアインと最後の戦いに挑んだ2019年の有馬記念と大きく異なる点は、本馬がまだ一線級の力を十分に残している点だろう。

「結果は悔しいの一言に尽きますが、馬は最後まで頑張ってくれました。先々が楽しみです」

 上記は、タスティエーラに最後に騎乗した昨年の皐月賞2着後の松山騎手のコメントである。アルアインの時に果たせなかったリベンジを、かつてアルアインが勝った大阪杯で果たす。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【大阪杯】世間を驚かせた皐月賞馬の主戦降板…そして遅すぎた再会「アルアインの無念」から4年3か月。最後まで感謝を貫いた松山弘平が挑むリベンジの時のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配