GJ > 競馬ニュース > 【川崎記念(G1)展望】大器セラフィックコールが待望のG1獲りへ王手! 2番手は武豊ノットゥルノも気になる「あの馬」
NEW

【川崎記念(G1)展望】大器セラフィックコールが待望のG1獲りへ王手! 2番手は武豊ノットゥルノも気になる「あの馬」

【この記事のキーワード】, ,

【川崎記念(G1)展望】大器セラフィックコールが待望のG1獲りへ王手! 2番手は武豊ノットゥルノも気になる「あの馬」の画像1

 4月3日には川崎競馬場で川崎記念(G1、ダート2100m)が行われる。

 昨年まで川崎記念は1月下旬もしくは2月初旬に開催されており、近年はドバイワールドC(G1)へのステップレース的な役割を果たしていた。しかし、今年から新設されたダート三冠を目玉にした、いわゆる「ダート革命」の流れで今年から4月に開催されることなった。

 30日深夜に行われたドバイワールドCから、わずか4日後という日程に注目度やメンバーレベルが心配されたが、G1馬2頭を含むまずまずのメンバーが集結。6月の帝王賞(G1)へ繋がる重要な一戦となりそうだ。

 今年の主役は、未完の大器セラフィックコール(牡4歳、栗東・寺島良厩舎)だ。

 昨年、デビューから怒涛の5連勝でみやこS(G3)を制覇。12月のチャンピオンズC(G1)では、G1初挑戦ながらダート王レモンポップに続く2番人気に支持された。

 ところが、レースでは本来の力を全く発揮できず10着に大敗。不可解な敗戦に、主戦のM.デムーロ騎手も「外を回った分があったのかな……」と敗因を絞り出す他なかった。

 名誉挽回がテーマになった今年は3月のダイオライト記念(G2)から始動。何かを変えたい陣営は、ここでB.ムルザバエフ騎手との再コンビを決断。賛否両論を呼んだものの、4馬身差で圧勝と「結果」で雑音を封じた。

【川崎記念(G1)展望】大器セラフィックコールが待望のG1獲りへ王手! 2番手は武豊ノットゥルノも気になる「あの馬」の画像2
ムルザバエフ騎手の継続騎乗は心強い 撮影:Ruriko.I

 今度こそG1獲りに待ったなし。ダート界の頂点を目指し、セラフィックコールがまずは1つ目の勲章を手にするか。鞍上は引き続きムルザバエフ騎手が務める。


 待望のG1制覇を目指すセラフィックコールだが、ライバルたちも黙ってはいない。特にG1馬のノットゥルノ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、ここで再び出る杭を打ちたいところだろう。

 一昨年のジャパンダートダービー(G1)を勝って世代の頂点に立ったノットゥルノ。しかし、飛躍が期待されたその後は鳴かず飛ばずで、すっかり交流G1の脇役になってしまった。

 そんなノットゥルノが変わり身を見せたのが、前走の佐賀記念(G3)だ。4コーナーで早々に先頭に立つと、あとは後続を引き離す一方。終わってみれば2着キリンジを4馬身ちぎる圧勝だった。これには主戦の武豊騎手も「途中からは完全にプラン通りのレースができた」と自画自賛。大きな手応えを得て、川崎記念に駒を進めてきた印象だ。


 そんな武豊騎手にとって、気になる存在が女王アイコンテーラー(牝6歳、栗東・河内洋厩舎)ではないだろうか。

【川崎記念(G1)展望】大器セラフィックコールが待望のG1獲りへ王手! 2番手は武豊ノットゥルノも気になる「あの馬」の画像3
昨日の友は今日の敵 武豊騎手にとってアイコンテーラーは気になる相手だ

 昨年のJBCレディスクラシック(G1)を制覇し、ダート界の女王の座に君臨したアイコンテーラー。他にもシリウスS(G3)2着など、男馬相手でも十分に戦える力は持っている。

 だが、昨年のチャンピオンズCの大敗を経て、挑んだ前走の仁川S(L)では1番人気に推されながらも3着。必勝を託された武豊騎手だったが、レース後には「3コーナー辺りで突っ張ってブレーキをかける感じに。気性面(の悪さ)が出てしまった」とテン乗りの難しさを語っている。今回は松山弘平騎手が騎乗する。


 重賞2勝のグロリアムンディ(牡6歳、栗東・大久保龍志厩舎)も当然、優勝候補の一角だ。

 前年のチャンピオンズCで2番人気を背負いながらも大敗した素質馬が、ダイオライト記念で重賞制覇――。どこかで聞いた話に似ているが、こちらは昨年のグロリアムンディの話である。ダイオライト記念の後には、平安S(G3)で重賞連勝。さらに韓国へ遠征したコリアC(G3)でも2着と完全に本格化した印象だった。

 しかし、リベンジを期して挑んだ昨年のチャンピオンズCで、またも大敗……。G1の壁というよりも、今のグロリアムンディにとって1800mは少し短いのかもしれない。何故なら、そう言いたくなるほど、昨年のダイオライト記念の勝利が圧巻だったからだ。

 最後の直線で逃げ粘るテリオスベルをあっさりパスすると、後続をグングン引き離して独走。終わってみれば9馬身差の圧勝だったように、ダート2400mでは怪物級のパフォーマンスを見せている。今回はダート2100mだが、ハマれば圧勝まであるかもしれない。鞍上は坂井瑠星騎手。

 他にもJRA勢からは、昨年の浦和記念(G2)と名古屋グランプリ(G2)を連勝したディクテオン(セ6歳、栗東・吉岡辰弥厩舎)や、No.2女王グランブリッジ(牝5歳、栗東・新谷功一厩舎)も出走予定。地方勢からもシルトプレや、ライトウォーリア、ロードブレスなどが好調ぶりを見せているが、やはり中央勢の壁は厚そうだ。

 果たして、新たな歴史を踏み出した川崎記念を制すのはセラフィックコールか、それとも――。レースは4月3日(水)20時10分に発走を迎える。

【川崎記念(G1)展望】大器セラフィックコールが待望のG1獲りへ王手! 2番手は武豊ノットゥルノも気になる「あの馬」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配