GJ > 競馬ニュース > タイトルホルダーに続くG1バトンタッチ!横山武史から和生のスイッチも大成功…桜花賞でもコラソンビートに一発の期待
NEW

タイトルホルダーに続くG1バトンタッチ!横山武史から和生のスイッチも大成功…桜花賞でもコラソンビートに一発の期待

【この記事のキーワード】, ,
タイトルホルダーに続くG1バトンタッチ!横山武史から和生のスイッチも大成功…桜花賞でもコラソンビートに一発の期待の画像1
横山武史騎手 撮影:Ruriko.I

 エフフォーリアの登場とともにブレイクした関東の横山武史騎手だが、一時期に比べると元気がなくなっている。

 コンスタントに重賞を勝ってはいるものの、トウシンマカオで制した3月のオーシャンS(G3)は、当初騎乗予定だった菅原明良騎手が病気で乗れなくなったことによる代役。その前に重賞勝ちを決めた昨年11月の武蔵野S(G3)にしても、主戦を任されていた戸崎圭太騎手からのスイッチによるものだった。

 もちろん、チャンスをしっかりとモノにした手腕はさすがだが、最近の騎乗にかつてのような安心感は薄れつつあるかもしれない。

関東リーディングで戸崎圭太騎手と争う横山武史騎手

 近年は全国リーディングの上位を争っていたものの、先週の開催終了時点で36勝を挙げた関東リーディングの戸崎騎手に5勝差の31勝。全国リーディングにおいても6位と健闘しているとはいえ、もうひとつ。先週の大阪杯(G1)も5番人気ソールオリエンスとコンビを組んだが、デビューから無敗の3連勝で皐月賞(G1)を制した人馬としては、予期せぬ6連敗となってしまった。

 また、大阪杯を2番人気で制したベラジオオペラだが、本馬は横山武騎手が騎乗したスプリングS(G2)を優勝していた元パートナー。皐月賞と日本ダービー(G1)ではソールオリエンスに敗れたが、古馬となって逆転に成功した。

「察しのいいひとはもうお気づきかと思いますが、タイトルホルダーのときと状況が少し似ていますね。菊花賞(G1)を横山武騎手とのコンビで制した後に、次走の有馬記念(G1)から兄の和生騎手へ乗り替わって、天皇賞・春(G1)と宝塚記念(G1)を優勝しました。

対するエフフォーリアは有馬記念優勝後に謎のスランプに陥って早期引退。この馬もソールオリエンスも無敗の皐月賞馬という共通点があります。こういった素質馬の騎乗依頼があるのも武史騎手が各陣営から信頼されているからこそ。本人も体が2つ欲しいところだったでしょうね」(競馬記者)

お手馬のコラソンビートも万全の出来でスタンバイ

 両者の関係性も横山家の長男と三男であり、兄弟の仲も悪くない。一時期は騎乗馬に恵まれず、上昇のきっかけをつかめなかった兄としても、後からデビューした弟に援護射撃をしてもらった感じである。乗り替わりの経緯はともかくとして、横山和騎手の攻めの騎乗はベラジオオペラの大阪杯勝利に多大な貢献をした。

タイトルホルダーに続くG1バトンタッチ!横山武史から和生のスイッチも大成功…桜花賞でもコラソンビートに一発の期待の画像2
コラソンビート 撮影:Ruriko.I

 となると次は弟の横山武騎手の活躍に期待したい訳だが、今週の桜花賞(G1)には、お手馬のコラソンビート(牝3、美浦・加藤士津八厩舎)がスタンバイ。距離が1ハロン長いと懸念する声もあるが、2戦目のマイル戦でハイペースを押し切ったように持たない訳ではない。

 今週の追い切りもスピード感ある軽快なフットワークを見せていただけに、後は鞍上の乗り方次第。それほど人気は被らなさそうなだけに、思い切った騎乗で一発に期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

タイトルホルダーに続くG1バトンタッチ!横山武史から和生のスイッチも大成功…桜花賞でもコラソンビートに一発の期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想