GJ > 競馬ニュース > あわや「2度目の珍事」目前だった先週のWIN5、J.モレイラが阻止成功も20600円…過去にもこんなにあった「悲惨な低配当」の歴史
NEW

あわや「2度目の珍事」目前だった先週のWIN5、J.モレイラが阻止成功も20600円…過去にもこんなにあった「悲惨な低配当」の歴史

【この記事のキーワード】, ,
あわや「2度目の珍事」目前だった先週のWIN5、J.モレイラが阻止成功も20600円…過去にもこんなにあった「悲惨な低配当」の歴史の画像1
ステレンボッシュ 撮影:Ruriko.I

 7日に阪神競馬場で行われた桜花賞(G1)は、J.モレイラ騎手が騎乗したステレンボッシュが優勝。満開の桜に見守られた仁川で大輪の花を咲かせ、見事に一冠目の牝馬クラシックを制した。

 1番人気に支持されたのは、昨年の阪神ジュベナイルF(G1)を制した2歳女王アスコリピチェーノだったが、ゴール前の叩き合いで後れを取って3/4馬身差の2着。別路線組のクイーンズウォーク、チェルヴィニアも人気を集めたものの、それぞれ8着と13着に敗れた。

手綱捌きが冴えに冴えたモレイラ騎手は土日で重賞を連勝

あわや「2度目の珍事」目前だった先週のWIN5、J.モレイラが阻止成功も20600円…過去にもこんなにあった「悲惨な低配当」の歴史の画像2
J.モレイラ騎手 撮影:Ruriko.I

 短期免許で来日した名手の華麗な手綱捌きが際立つ一戦だった。鞍上のモレイラ騎手は前日土曜のメイン・阪神牝馬S(G2)もマスクトディーヴァで制しており、土日で重賞を連覇。ノリにノッているだけに皐月賞(G1)で騎乗を予定しているコスモキュランダも騎手人気を集めそうだ。

 2番人気→1番人気と堅い決着になった桜花賞だが、この日のWIN5もなかなか目にすることのない“堅過ぎる”決着が続いた。

 まず対象1レース目となった中山10R鹿野山特別(2勝クラス)を1番人気ホウオウスーペリアが勝利。鞍上の戸崎圭太騎手も鮮やかな手綱捌きで2着馬を2馬身半突き放す完勝を演じた。

 2レース目の阪神10RダイワスカーレットC(3勝クラス)は、3番人気までの3頭が単勝一桁台。三つ巴の人気となったが、川田将雅騎手の1番人気エーデルブルーメが外から豪快に伸びて勝利した。

 堅い決着が続いた中で最も注目を集めたのは3レース目の福島11RモルガナイトS(OP)だ。単勝オッズ1.5倍の断然人気に支持されたアサカラキングが出走していたため、多くのファンが1点勝負を敢行しただろう。そして結果も期待に応える快勝。5レース中3レースが終了した時点で1番人気が3連勝したこともあり、生き残ってはいるものの、WIN5を購入したファンから「堅過ぎて困る」「もしかしてめちゃくちゃ安い?」といった不安の声も出始めた。

 そろそろ小波乱くらい起きるのではないかと思われた4レース目の中山11R京葉S(L)だが、こちらもまた吉田豊騎手の1番人気シアージストが2番手から押し切って勝利。荒れるときにはとことんまで荒れるWIN5としても滅多にお目に掛かれない1番人気4連勝が実現していた。

 さすがにここまで堅いと、ラストの桜花賞が荒れない限り、低配当間違いなしとなった訳だが、こちらについては別の意味で密かに注目が集まった。

 というのも、2011年4月24日の第1回から始まったWN5の歴史で対象5レースすべてを1番人気馬が勝利したケースは、過去に一度しかなかったからである。ちなみにそのときの開催は、天皇賞・秋(G1)をラブリーデイが勝利した2015年11月1日。もし桜花賞を1番人気が勝つようなら、「史上2度目の珍事」となるところだった。

 だが結果は周知の通り、2番人気ステレンボッシュが勝ち、1番人気アスコリピチェーノは2着に敗れたため、当時の再現とはならなかった。

■WIN5の歴代低配当トップ10

2018.10. 8 グリーンCC、6050円(56058票)
2012.10.21 菊花賞、7320円(87953票)
2015.11. 1 天皇賞・秋、10260円(43675票)
2011.11. 6 みやこS、13720円(53509票)
2012. 1.15 日経新春杯、14600円(49839票)
2023. 9.18 セントライト記念、15380円(32947票)
2012. 6. 3 安田記念、15950円(42312票)
2017. 3.20 フラワーC、19160円(20912票)
2016.12.11 阪神JF、19560円(23392票)
2011. 7. 3 ラジオNIKKEI賞、19680円(108638票)
2024. 4. 7 桜花賞、20600円(24227票)
※開催日、5レース目、払戻(的中票数)

 そして注目の払戻は2万600円で、これは歴代でも11番目の低配当。もし1番人気が全勝していればトップ10入りの可能性も十分にあっただろう。

 とはいえ、毎週のように波乱が続いている今年のWIN5でもちろん最低配当。的中したファンも多かっただろうが、WIN5の魅力は何といっても宝くじにも匹敵する超高配当。数万単位で突っ込んでいるファンにとっては物足りない結果だったかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

あわや「2度目の珍事」目前だった先週のWIN5、J.モレイラが阻止成功も20600円…過去にもこんなにあった「悲惨な低配当」の歴史のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”