GJ > 競馬ニュース > ゴールドシップ産駒 障害、平地G1の同一週制覇に挑む
NEW

オジュウチョウサン「後継者候補」にG1級快速馬がスタンバイ、あの「ゴルシワープ」から12年…中山GJと皐月賞に期待

オジュウチョウサン「後継者候補」にG1級快速馬がスタンバイ、あの「ゴルシワープ」から12年…中山GJと皐月賞に期待の画像1

 今週末でフィナーレを迎える中山開催だが、13日には中山グランドJ(G1)、翌14日には牡馬クラシック初戦、皐月賞(G1)と2つのG1レースが組まれており、最終週まで盛り上がるのは間違いなさそうだ。

 そんな中、この2レースに有力馬を送り込むゴールドシップ産駒が、障害、平地G1の同一週制覇に挑もうとしている。

 ゴールドシップと言えば、2012年の皐月賞で見せた通称「ゴルシワープ」が有名だ。

 目撃したファンも度肝を抜かれたこのレースでは、道中を最後方追走から進んでいたにもかかわらず、最終コーナーで一気に6番手まで進出することに成功。各馬が馬場の悪い内を避けて外に進路を取ったのに対し、あえて最内に進路を取ったゴールドシップの鞍上・内田博幸騎手の思い切りの良さが光る好騎乗だった。遠心力で外に振られた馬も多かった中、最短距離を通るコーナーワークで2着ワールドエースに2馬身半の差をつけて快勝したのだ。

 ゴールドシップのその後の活躍は言うまでもないが、父が歴史に名を刻んだ皐月賞ウィークにその産駒たちも続きたいところである。

オジュウチョウサン「後継者候補」がスタンバイ

 まず13日に行われる中山GJでは、2頭の産駒が出走を予定している。そのうちの1頭、マイネルグロン(牡6歳、美浦・青木孝文厩舎)は、2021年に平地から障害に転向すると、徐々に素質を開花させ、昨年は無敗で中山大障害(G1)を制覇、最優秀障害馬にも選出された。また今年初戦となった阪神スプリングJ(G2)でも、2着馬エコロデュエルに7馬身差の圧勝で5連勝と、王者の風格すら漂ってきている。

 主戦を務める石神深一騎手は前走のレース後「連勝してスターと呼ばれる馬になっていってほしいと思います」と今後に期待するコメントを残しているが、それはファンも同じ。『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズは1倍台の断然人気に想定。見事6連勝を飾れるだろうか。

 またマイネルグロンは、オジュウチョウサンの後継者として期待する声も多い。主戦を務める石神騎手、父系にステイゴールドの血も入っていることから、障害界の絶対王者の姿も重なるのだろう。障害界の絶対王者として長期政権を築いたオジュウチョウサンは、2016年からJRA賞最優秀障害馬にも計5回選出された名ジャンパー。マイネルグロンも偉大な先輩に続いて障害界の新時代幕開けを告げられるか。

 また翌日の皐月賞ではメイショウタバル(牡3歳、栗東・石橋守厩舎)も注目の1頭だ。前走の毎日杯(G3)はスタートからハナを主張し、重馬場で1000m通過59.6秒というタフなペースを自ら演出。並の馬ならバテてもおかしくない展開だったが、逆に直線でライバルを突き放して“圧逃”した。6馬身も置き去りにされた2着ノーブルロジャーは、シンザン記念(G3)をデビューから無敗の2連勝で制していた相手だけに価値がある。

オジュウチョウサン「後継者候補」にG1級快速馬がスタンバイ、あの「ゴルシワープ」から12年…中山GJと皐月賞に期待の画像2
「ゴルシワープ」の皐月賞はファンにも大人気

 特筆すべきは1分46秒0の勝ちタイムだ。この怪時計は2007年より現在の阪神1800mで施行されている毎日杯で歴代2位タイだっただけでなく、時計を要する「重馬場」だったのだから、額面以上に中身が濃い。ちなみにこの日の同条件だった君子蘭賞(3歳1勝クラス)のそれは同じ重馬場でも1分48秒3。両レースの間に2.3秒も差がついたことも、メイショウタバルがいかに尋常ではない走りを披露していたかを証明している。

「重馬場への適性があったことは確かですが、それだけではこんなタイムは出ません。現在の条件で行われるようになった2007年以降の毎日杯を1.46.5秒以内で勝利した馬はメイショウタバル含め6頭いますが、その顔触れもシャフリヤール、キズナ、アルアインなどG1馬がズラリ。こういった過去の事例と照らし合わせると、G1級のパフォーマンスだったと言って差し支えないと思います」(競馬誌ライター)

 皐月賞の鞍上は浜中俊騎手に戻るが、この日は日経賞(G2)のボッケリーニに騎乗予定があったため、坂井瑠星騎手が代役を任された格好。乗り替わりといっても主戦とのコンビだけに問題はなさそうだ。

「ゴールドシップの父ステイゴールドは、2011年にマイネルネオスが中山GJ、オルフェーヴルが牡馬三冠と有馬記念(G1)を制して、同一年による障害、平地G1制覇を達成しました。ただ同一週で障害、平地のG1を連勝するようなら2014年12月のディープインパクト産駒以来となります。今回の2頭ならチャンスは十分ありそうですね」(同ライター)

 先週の中山開催でも2勝をあげて好調のゴールドシップ産駒だけに、今週の快進撃にも期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

オジュウチョウサン「後継者候補」にG1級快速馬がスタンバイ、あの「ゴルシワープ」から12年…中山GJと皐月賞に期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”