GJ > 競馬ニュース > 【皐月賞】「急失速」スワーヴリチャードにとっても正念場?
NEW

【皐月賞】「急失速」スワーヴリチャードにとっても正念場?レガレイラ、アーバンシックの“そっくりさん”対決も実現…「早熟疑惑」払拭かかる大一番

【この記事のキーワード】, ,

【皐月賞】「急失速」スワーヴリチャードにとっても正念場?レガレイラ、アーバンシックのそっくりさん対決も実現…「早熟疑惑」払拭かかる大一番の画像1

 牝馬クラシック第一冠の桜花賞(G1)が終わり、今週末は牡馬クラシック第一冠の皐月賞(G1)が開催される。

 阪神の芝1600mから中山の芝2000mへと舞台の替わる一戦だが、こちらも主役を務めるのは牝馬のレガレイラ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 昨年は阪神ジュベナイルF(G1)には向かわず、ホープフルS(G1)に出走して牡馬を撫で切り。近年は男勝りの牝馬が活躍する時代へと変わったが、本馬もまた女傑として歴史に名を刻むこととなった。

勝てば76年ぶりの偉業もかかるレガレイラが出陣

 ただ皐月賞には、牝馬が勝てば76年ぶりの偉業という歴史も立ちはだかる。2017年にはデビューから無敗の3連勝でファンディーナが挑み、ファンも1番人気に支持したものの7着に終わった。今年のレガレイラはこの高いハードルを乗り越えられるか。

 また、今年の皐月賞にはレガレイラの“そっくりさん”も同じく出走する。それは横山武史騎手とのコンビで参戦を予定しているアーバンシック(牡3、美浦・武井亮厩舎)のことである。

 いずれも父がスワーヴリチャード、母父ハービンジャーというだけでなく、母母もランズエッジ。それもそのはず、レガレイラの母ロカとアーバンシックの母エッジースタイルは全姉妹だからだ。つまり、血統構成的には母の名前以外が同じとなる。兄弟や姉妹の対決は時折見掛けることもあるが、これほど近親の同世代がG1で相まみえるのは非常にレアケースだろう。

 上位人気に支持されそうな2頭だが、父スワーヴリチャードにとってもちょっとした正念場となるかもしれない。昨年に2歳世代(現3歳)が目覚ましい活躍を見せたことにより、2024年度の種付け料が前年の200万円から一気に7.5倍の1500万円に設定されたことで話題となったことは記憶に新しい。

父スワーヴリチャードにとっても今後を占う一戦

 ただ年末に近づくにつれ勢いが失速し、強気に映る価格設定が勇み足だったのではないかという声もチラホラ聞こえ始めていたことも事実。そんな不安の声をシャットアウトしたのが、レガレイラのホープフルS優勝だったといっていい。

 しかし、この“早熟疑惑”はまだ完全に払拭されたとは言い難い。

 というのも、今年に入ってもスワーヴリチャード産駒の勢いは落ち続けているからだ。

 昨年6月から年末までの成績は【25-17-22-87/151】の勝率16.6%だが、 今年の1月から4月7日までの成績では【6-7-7-77/97】の勝率6.2%まで落ち込んでいる。種牡馬リーディング(2021年生まれ世代、勝利度数順)も4位から27位と大きく順位を下げてしまった。こういったデータ的な側面でも成長力に不安を残す結果だったといえよう。

 それだけに皐月賞へ出走する2頭は、父の疑惑を晴らすためにも結果が欲しいところである。昨年末はレガレイラがG1勝利という満点回答を出してくれた。現役時代の父が6着に敗れた大一番で、どちらかが再び父の救世主となってくれるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【皐月賞】「急失速」スワーヴリチャードにとっても正念場?レガレイラ、アーバンシックの“そっくりさん”対決も実現…「早熟疑惑」払拭かかる大一番のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想