GJ > 競馬ニュース > 【フローラS(G2)予想】フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
NEW

【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!

【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!の画像1

2枚のオークス切符を巡る戦いが開幕!

 桜花賞(G1)が終わって間もないが、オークス(G1)への切符を巡る乙女たちの戦いが幕を開ける。今回はトライアル・フローラS(G2)を予想していく。

 いつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データから見ていこう。
フラワーC 8頭
君子蘭賞(1勝クラス) 5頭
未勝利戦 4頭
クイーンC 3頭
ミモザ賞(1勝クラス)、条件戦(1勝クラス) 各2頭
桜花賞、フェアリーS、アネモネS(OP) 各1頭
条件特別(1勝クラス) 3頭
となっている。フラワーC組が最多だが、賞金加算に失敗してこちらへ回ってきている。これは他の重賞組も同じで、オークスへの優先出走権を獲得するだけでなく、後々を考えて賞金加算を目論むケースが多い。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 1-2-0-7
2番人気 1-3-2-4
3番人気 2-0-1-7
4~6番人気 4-2-3-21
7~9番人気 1-0-2-27
10番人気以下 1-3-2-73
となっている。1番人気と3番人気がアテにできない反面、2番人気はそこそこ走っている感じ。近5年でも2番人気3頭に対して、1番人気と3番人気は1頭ずつと顕著な傾向が出ている。過去10年で上位人気がすべて飛んだのは2回きりだが、代わりに7番人気以下の人気薄の激走が目に付く。近5年でも4頭が該当。過去10年だと9頭が該当し、うち10番人気以下が6頭を占める。21年も14番人気が2着に入っており、上位人気よりも中穴以下の人気薄から荒れるつもりで探す方がいいかも知れない。

 

フラワーC組の優位は動かない?

 これを踏まえて「◎」は人気薄の4番エルフストラックとする。

 この時期の3歳牝馬で6戦のキャリアは使われている感じもするが、未勝利の脱出に3戦かかったのと、その後の若駒S(L)など、やや寄り道をしたことも影響している。

 1勝馬ではあるが、6戦ですべて掲示板を確保しているのは、まだ開花していないポテンシャルを秘めているからではないかと推測する。それが前走フラワーC(G3)5着に表れている。着順こそ掲示板ではあるが、着差はわずか0.2秒。2走前に番手につけて2着に入ったことで、前走は逃げを打ったと思うが、それで0.2秒差5着なら上々だろう。

 このレースは東京開幕週で前残りする傾向があり、昨年は逃げ切り勝ち、一昨年も前が粘って2着、3着と好走している。今回は前で競馬したい馬が多めではあるが、上手く前に出られれば、そのまま残る可能性はなきにしもあらず。フラワーCで◎を打ったが、再度期待をかけて。


「○」はそこそこ人気しそうだが、13番カニキュルを挙げる。

 前走のフラワーCでは3番人気に推されるも6着。だが、◎エルフストラック同様、着差は0.3秒差と僅差だった。

 未勝利戦が今回と同じ舞台だったが、2歳馬ながら勝ちタイムが2分を切る好タイムで勝ち上がっており、この点を買ってフラワーCの予想では印を下げて△を打ったが、今回は○へ昇格である。

 前走は休み明けだったことや、フラワーCの予想でも触れたが、1ハロン短縮がいくらかでも影響した可能性がある。その点、今回は未勝利を勝ったコースでの再戦。上述したように2歳馬で2000mを2分以下で走破したポテンシャルが今度こそ発揮されるのではないか。こちらもフラワーCで印を打ってコケているが、再度期待をかけて○とする。


「▲」も人気サイドだが14番クリスマスパレードを推す。

 今回のメンバーで唯一の無敗馬。重賞こそ経験していないが、2000mの新馬戦に次いで2200mの水仙賞(1勝クラス)も難なく勝ち上がっている。キタサンブラック産駒は短距離から長距離まで万遍なく走っているようだが、この馬は長い方に出たのではないか。

 切れる脚はないが、前目につけて直線で押し切る競馬をしてきている。極端なペースにならなければ、◎エルフストラック同様前残りして好走する目は十分あると考える。新興勢力でも無敗の分、期待もあるが、反面中山を2走しているだけで、左回りで直線の長い東京コースに替わってどう出るかが未知数なので、その分割り引いての評価である。


「△」は穴馬、9番サンセットビューとする。

 2走前の1勝クラスで競走中止になっており、一頓挫あったのは引っかかる。だが、単純にマイルでは距離が短いように思える。新馬戦でも上がり33.6秒といい脚を使って追い込んでいるが5着。1ハロン延ばした未勝利戦はあっさり勝ち上がっているので、この1ハロンの差がモノを言ったのではないか。

 競走中止しているのが2000m戦だっただけに、ゴールまで走っていたらもっとはっきりしたことも言えるのだろう。だが、前走クイーンC(G3)の敗戦は距離不足もあったのではないかと考えている。ここは仕切り直しで、2000mの距離に再度挑戦で好走を期待したい。

 ということで、今回は4番、9番、13番、14番の4頭で3連複BOX4点勝負とする。人気しそうな馬を入れてはあるが、上でも触れたように荒れるのが前提。近5年でも25万馬券、36万馬券と大穴馬券が2本も出ているので、順当には収まるまい。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も