GJ > 競馬ニュース > 【天皇賞・春(G1)】超強力“現場ネタ”から紐荒れで狙える伏兵が浮上!?
NEW

【天皇賞・春(G1)】リピーターはディープボンドではなく「長丁場で大崩れがない」アノ1頭? 単穴は「豊富なスタミナが武器」の堅実派…まさに伏兵といえるベテランも? 超強力“現場ネタ”から紐荒れで狙える伏兵が浮上!?

京都競馬場 撮影:Ruriko.I
京都競馬場 撮影:Ruriko.I

 28日、京都競馬場で行われる天皇賞・春(G1)。長い歴史と伝統を持つ元祖・最強馬決定戦だ。淀の3200mという長丁場を制するべく、今年も名うてのステイヤーが出走メンバーに名を連ねた。

 このレースは、過去10年で1番人気【3.3.0.4】、2番人気【5.0.1.4】、3番人気【1.1.1.7】と、人気上位馬の決着が目立つ。だが、2014年に12番人気のホッコーブレーヴが3着、15年に10番人気のカレンミロティックが3着、16年にも13番人気の同馬が2着、20年は11番人気のスティッフェリオが2着に入るなど、意外な伏兵が馬券圏内に飛び込み、紐荒れの決着を見せることもある。

そこで今回は現場から届いた声をもとに、あまり人気しないだろうと予想される“紐荒れ”期待馬たちを紹介していきたい。

人気薄リピーターの取捨は?

ディープボンド 撮影:Ruriko.I
ディープボンド 撮影:Ruriko.I

 天皇賞・春といえば、リピーターが多いことでも知られる。過去10年で、前年の1~3着馬は【3.5.0.6】と好成績。この傾向から21年、22年、23年と3年連続で2着に入ったディープボンド(牡7歳、栗東・大久保龍志厩舎)が気になる人も多いだろう。

 しかし、今回について関係者は、「トップスピードが落ちているのは否めない。高速決着になると分が悪い」と語るなど、あまり景気の良い話は聞こえてこない。

シルヴァーソニック 撮影:Ruriko.I
シルヴァーソニック 撮影:Ruriko.I

 その一方、昨年の3着馬シルヴァーソニック(牡8歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、調子を取り戻しつつあるようだ。

 復帰戦となった前走の阪神大賞典(G2)は、4番人気に推されるも11着と大敗。だが、関係者たちはこの結果をあまり悲観していない。

「前走は休養からの復帰戦ということで、長いブランクがあり、テンションが高くなりすぎてしまいました。ただ1戦叩いたことで状態は上向いています。

もともと長丁場では大崩れがありませんし、素質の高さもピカイチ。ロスなく運べれば見せ場を作ってくれるでしょう」(栗東関係者・A)

 昨年の激走の再現なるか?

 

単穴狙いならばこの2頭?

 前走の阪神大賞典では、1番人気ながら3着に終わったブローザホーン(牡5歳、栗東・吉岡辰弥厩舎)。だが関係者によれば敗因は明確で、さらに上積みも見込めるという。

「レースでは外ハミを噛んでしまい、スタミナをロスしていたようです。それでも最後は伸びてくれたので、改めて能力の高さを感じましたよ。

この中間は馬具や調教を工夫して改善を図っていました。ある程度は直ってきたようで、直前に乗った菅原明良騎手も好感触を得ていましたよ。京都は結果を出しているコースなので、3枠5番の内枠を活かしてロスなく立ち回ってほしいですね」(栗東関係者・B)

 巻き返す準備は整った?


 長距離で堅実な走りを見せるワープスピード(牡5歳、美浦・高木登厩舎)も侮れない。

 昨秋、京都3000mの古都S(3勝クラス)を勝利し、OP入り。その後は長距離重賞であるステイヤーズS(G2)4着、ダイヤモンドS(G3)3着と、阪神大賞典2着と大崩れしない安定感が魅力だ。

「ジワジワと脚を使うタイプだけに、少し前目の位置で進むのが理想なんです。だけど、前走はゲートから上手く出られず、位置が思ったより後ろになってしまいましたね。それでも、最後はしぶとく脚を使って2着に入ったのだから、合格点をあげてもいいでしょう。今回も自慢の持久力を武器に、上位進出を果たしてほしいです」(美浦関係者・A)

 高木師も『スタミナは十分』と胸を張る。乾坤一擲の走りに期待したい。

 

虎視眈々と上位を狙う伏兵2頭

 今年に入って中長距離戦を2連勝している伸び盛りのスマートファントム(牡4歳、栗東・石橋守厩舎)。

 前走の御堂筋S(3勝クラス・芝2400m)ではスタートで出遅れ。しかし、慌てることなく落ち着いて後方から追走すると、最後の直線では狭いスペースにも物怖じせず割って入り、長くいい脚を使って勝利を収めた。

「前走は出遅れたことを考えれば、着差以上に強い内容でしたね。元々、素質は評価されていましたけど、今年に入ってからグングン力をつけていますよ。実績面では見劣りしますが、スムーズな競馬ができれば面白いと思います」(栗東関係者・C)

 ゲートに課題を残すが、キレイなスタートさえ切れれば……!?


 まさに“伏兵”という言葉にふさわしいのが、今年の3月に復帰したスカーフェイス(牡8歳、栗東・中竹和也厩舎)だろう。

 3月の大阪城S(L)では11番人気ながら4着、続く、大阪ーハンブルクC(OP)でも9番人気で4着に入っている。これらの走りが思いの外、関係者たちからの評価を得ているという。

「復帰2戦の内容が本当によかった。年齢は8歳とベテランなので、ガラッと変わることはないですが、やってくれそうな雰囲気が漂っています。

中間も順調そのものでこの馬なりにいい状態です。折り合いはつくので長距離にも対応してくれるでしょう。相手なりに走るので、変に色気を出さず、今回も自分の競馬に徹してほしいです」(栗東関係者・D)

 スカーフェイスが春の嵐を巻き起こす!?

 春の天皇賞は人気上位馬が馬券圏内に入り、順当な決着を見せるのか。はたまたダークホースの激走が光るのか? 発走は15時40分を予定している。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【天皇賞・春(G1)】リピーターはディープボンドではなく「長丁場で大崩れがない」アノ1頭? 単穴は「豊富なスタミナが武器」の堅実派…まさに伏兵といえるベテランも? 超強力“現場ネタ”から紐荒れで狙える伏兵が浮上!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは