GJ > 競馬ニュース > 「うまく力を出せた」2年目女性騎手が2ヶ月ぶり白星!
NEW

「うまく力を出せた」2年目女性騎手が2ヶ月ぶり白星! 「負担重量の注意義務」を怠り戒告処分も…翌日1Rで名誉挽回の好騎乗

【この記事のキーワード】, ,
河原田菜々騎手 撮影:Ruriko.I
河原田菜々騎手 撮影:Ruriko.I

河原田菜々騎手が今年3勝目!

 先月28日の新潟1R・3歳未勝利は、3番人気アナスタシス(牝3歳、栗東・岡田稲男厩舎)が勝利。騎乗した河原田菜々騎手はおよそ2ヶ月ぶりとなる、今年3勝目をマークした。

 ダート1200mの一戦でスタートを決めた人馬は、道中で積極的に2番手を追走。残り1ハロンで抜け出すと、最後は2着に3馬身差をつける完勝だった。

 同馬の手綱を取った前走で2着に敗れていた河原田騎手はレース後、「引き続きデキがよかったですし、うまく力を出せた。勝ち上がることができてよかったです」と、うまく初勝利に導けたことに安堵のコメントを残している。

「スタートして強気に先行したのが勝因でしょう。河原田騎手は前走の2着について『自分がうまく誘導できず惜しいレースだった』と話していましたが、今回は前回の反省を生かした積極性の光った好騎乗だったと思います」(競馬誌ライター)

 ジョッキー時代にナリタトップロードの主戦を務めた渡辺薫彦調教師の下、昨年3月に騎手デビューした河原田騎手。25戦目の騎乗となったテーオーソラネルでJRA初勝利。12月には勝ち星を二桁に乗せると「もっともっと勝ちたいです」とさらなる意欲をみせ、最終的に13勝をマーク。同期のなかでは田口貫太騎手の35勝に次ぐ2位の白星を挙げた。

 2年目の今年は2月10日の小倉7Rで初勝利。1ヶ月後の3月9日に2勝目を挙げるなど、まずまずの滑り出しをみせていたといっていいだろう。

3月の中京競馬で負担重量超過が判明……

 しかし2勝目を挙げた翌週の土曜、中京競馬の1Rと3Rで河原田騎手は負担重量超過が判明……。両レースともに斤量が51.0キロから51.5キロに変更となってしまったのである。

「競馬は斤量1キロにつきおよそ1馬身違うと言われていますので、0.5キロ増えたことで半馬身ほど不利が生じてきますね。前売りで河原田騎手の馬券を購入していたファンもいたでしょうし、公正競馬の観点でもあってはならないことだったと思います」(競馬誌ライター)

 そんな河原田騎手だったが、実は先月27日、ミッシーフォールに騎乗し9着に敗れた新潟6Rの後にも、負担重量について注意義務を怠ったとのことで、JRAから戒告処分を受けていたのである。

 前回の負担重量超過からまだ2ヶ月も経っていない中で、負担重量について処分……。SNSやネットの掲示板には一部のファンから「この短いスパンでまたやってしまったのか」「体重調整が厳しいのかな」「もう1回やらかしたら本当にヤバそう」など、厳しい声も寄せられたのも仕方がなかったかもしれない。

 ただ、戒告を受けた翌日の1Rでさっそく勝利。3番人気のアナスタシスに騎乗し、しっかりと勝利に導く騎乗を披露したことで、まずは1つ名誉挽回に成功したといったところだろうか。

 本人もストロングポイントだと語っているように、女性騎手の中でも豪快な追い方に定評のある河原田騎手。ジョッキーの宿命である体重調整には十分に気をつけながら、これからも腕を磨いていってほしい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「うまく力を出せた」2年目女性騎手が2ヶ月ぶり白星! 「負担重量の注意義務」を怠り戒告処分も…翌日1Rで名誉挽回の好騎乗のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想