GJ > 競馬ニュース > 大注目の惑星が日本ダービー前哨戦に登場!
NEW

ステラヴェローチェに並ぶ「最速」を記録、メイショウタバルの毎日杯は凌駕…大注目の惑星が日本ダービー前哨戦に登場!

【この記事のキーワード】, ,
ウエストナウ 撮影:Ruriko.I
ウエストナウ 撮影:Ruriko.I

 4日に行われる日本ダービーの前哨戦・京都新聞杯(G2)。優先出走権は付与されないものの、1着になれば2700万円が収得賞金に加算されるため、ほぼ確実に出走圏内に入ることができる。

 大舞台出走を目指し3戦2勝のアドマイヤテラや、毎日杯(G3)3着ベラジオボンドなど面白そうなメンバーが顔を揃えたが、中でも最大の惑星として注目したいのがウエストナウ(牡3歳、栗東・佐々木晶三厩舎)である。

 同馬はまだキャリア1戦のキズナ産駒だが、4月阪神でのデビュー戦を既走馬相手に完勝。道中は中団後ろを追走すると、最後の直線で上がり3ハロン最速となる34秒0の豪脚を披露し、2着馬に2馬身の差をつけて突き抜けたのだからタダモノではない。これには手綱を取った西村淳也騎手もレース後に「すべてを経験できて、今日は100点満点の競馬でした。今後が楽しみです」と最大級の賛辞を送った。

 またウエストナウのポテンシャルの高さを物語るのは、そのレースセンスだけでなく優秀な勝ちタイムである。

ステラヴェローチェに並ぶ「最速」を記録

ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I
ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

 本馬が阪神・芝1800mで叩き出した勝ちタイムは、良馬場で1分45秒4という内容。実はこれ、3月の大阪城S(L)を勝ったステラヴェローチェと並んで、今年の同コース最速の時計なのだ。良と重の違いこそあれ、皐月賞(G1)で4番人気に評価された快速馬、メイショウタバルが6馬身差で圧勝した毎日杯のそれを0秒6も上回っている。

 ご存知の通り、ステラヴェローチェは次の大阪杯(G1)で0秒1差の4着に好走。同馬は過去に重賞を2つ制しており、皐月賞とダービーで3着に入った実績も持っている古豪だ。

 斤量やペースの違いもあっただろうが、ウエストナウは初出走だったにもかかわらず、そんな古馬G1級ステラヴェローチェと同じ勝ち時計をマークしたのだから、称賛されて然るべき内容だったといっていいだろう。

 その初戦から中3週で臨む今回も、追い切りでは抜群の動きを見せており、一度使われたことで状態はさらに上向いたようだ。初戦と同じく能力を発揮することができれば、たとえG2であっても、あっさりと通過点にして不思議ではない。

「皐月賞を無敗で制したジャスティンミラノや、同じく無傷の3連勝中であるシックスペンスなど、今年はキズナの当たり年だと言われていることもあり、ウエストナウも不気味な1頭ですね。

特にウエストナウはノースヒルズ出身で佐々木厩舎の管理馬というキズナとの共通点もあります。父は2013年に京都新聞杯とダービーの両レースを制しましたが、11年ぶりの再現に期待したいですね」(競馬誌ライター)

 初戦から距離は2ハロン延びるが、父も制しているように苦にはしないだろう。鞍上は新コンビとなる横山典弘騎手が務めることに決まった。ここで再び圧勝を演じるようだと、本番でもただの伏兵以上に怖い存在となるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ステラヴェローチェに並ぶ「最速」を記録、メイショウタバルの毎日杯は凌駕…大注目の惑星が日本ダービー前哨戦に登場!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは