GJ > 競馬ニュース > 新潟大賞典【週末重賞ピックアップ】
NEW

新潟大賞典(G3)1番人気「17連敗中」“魔物”立ち塞がるレーベンスティールより注目すべきはこの3頭!?【週末重賞ピックアップ】

昨年の新潟大賞典を勝利したカラテ 撮影:Ruriko.I
昨年の新潟大賞典を勝利したカラテ 撮影:Ruriko.I

 4月27日からスタートした新潟開催。5月5日には、穴党垂涎の荒れるハンデ重賞・新潟大賞典(G3)が行われる。

 現在、新潟大賞典は1番人気が17連敗中で、2番人気の勝利も2011年のセイクリッドバレーが最後だ。

 昨年は左回りコース4連勝中だったスパイダーゴールドが1番人気に支持されたものの、まさかの15着と殿負けを喫している。ここまで続くと、1番人気の前に“新潟大賞典の魔物”が立ち塞がっているようにすら思えてくる。

今年“魔物”に魅入られる1番人気は?

 レース前日の4日(土)13時現在で1番人気に想定されているのはレーベンスティール(牡4歳、美浦・田中博康厩舎)だ。3歳秋のセントライト記念(G2)で、皐月賞馬ソールオリエンスらに競り勝った実績を持つ。

 昨年12月の香港ヴァーズ(G1)ではJ.モレイラ騎手を背に1番人気ながら、まさかの最下位8着。陣営も「能力を全く出していません。前走(セントライト記念)時と全く違う馬でした」とコメントするなど不可解な敗戦となった。

 この中間は立て直しに注力したことが予想される。万全の状態で出走してくれば、優勝候補として上位人気に推されるだろう。しかし、その素質馬さえも“魔物”に魅入られる可能性があると考えるファンも多いはずだ。

 こんな悩ましいレースを予想する上で参考にしたいのが現場の声だ。今回は有力候補ながらも激走が期待できる競走馬たちを紹介していきたい。

今年も1番人気の勝利を阻む!? 上位進出期待の有力候補

ヨーホーレイク 撮影:Ruriko.I
ヨーホーレイク 撮影:Ruriko.I

 前走で約2年以上ぶりに戦線復帰したヨーホーレイク(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)。

 2022年に勝利した日経新春杯(G2)以来の出走となった今年の金鯱賞(G3)では、好位追走から粘って3着と好走した。

 今回の稽古を見る限り、前走の疲れはなく、むしろ叩いたことで調子は上向いている。59kgとカラテの59.5kgに次いで重い斤量を背負うことになるが、管理する友道師も「チャンスはあるはず」と前向きに語っている。

 一部のファンから行方不明疑惑もささやかれたエフフォーリア、タイトルホルダー世代の実力派。走ることができなかった約2年間の無念を胸に秘め、復活のVを狙う。

キングズパレス 撮影:Ruriko.I
キングズパレス 撮影:Ruriko.I

 芝中距離で存在感を示しているキングズパレス(牡5歳、美浦・戸田博文厩舎)は、約1年半ぶりとなる重賞挑戦に燃えている。

 1年前に2勝クラスを勝利後、3勝クラスでは長らく2200m以上を走り、3戦連続2着など惜敗が続いていた。しかし、前走の美浦S(3勝クラス)で2000mに距離短縮すると、これが功を奏して待望の勝利を手にしている。

 間隔を開けずに使って、今週の追い切りも調整程度の軽いもの。それでもスタッフは「馬体の雰囲気、精神面も安定している」と状態には太鼓判を押している。

 相手が強化された重賞の舞台でどれだけ戦えるのか。今後の試金石となりそうだ。

ノッキングポイント 撮影:Ruriko.I
ノッキングポイント 撮影:Ruriko.I

 昨年の新潟記念(G3、芝2000m)覇者ノッキングポイント(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)は得意の舞台で重賞2勝目を狙う。

 前走は金鯱賞で4番人気ながら12着。人気を裏切る結果となってしまった。それだけに陣営はここから巻き返したいという思いが強いようだ。

 その期待に応えるかのごとく、ノッキングポイントは帰厩後、グングン調子を上げており「毛ヅヤ、健康状態ともに前走よりも良くなっている」とスタッフもテンションが高い。騎乗するのは杉原誠人騎手。テン乗りとなるが、調教で手応えを掴んだようで『結果を出したい』と意気込んでいたという。

 結果を出している舞台で再度飛躍するきっかけを掴みたいところだが……。

 3連単の配当額が10万超えすることも珍しくない新潟大賞典。今年こそは1番人気が勝利して連敗をストップするのか、また“魔物”にやられてしまうのか……。発走は5月5日、15時20分を予定している。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

新潟大賞典(G3)1番人気「17連敗中」“魔物”立ち塞がるレーベンスティールより注目すべきはこの3頭!?【週末重賞ピックアップ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想