GJ > 競馬ニュース > キタサンブラック産駒に新たな可能性!?
NEW

キタサンブラック産駒に新たな可能性!? イクイノックス、ソールオリエンスらと異なる距離適性…スプリント路線に期待の1頭が登場か

キタサンブラック代表産駒といえばイクイノックス 撮影:Ruriko.I
キタサンブラック代表産駒といえばイクイノックス 撮影:Ruriko.I

 5日、京都競馬場の1200mを舞台に鞍馬S(OP)が行われた。温度計が夏日を指すほどの暑さの中で切られたスタートは、ジャスパージャックがハナを主張する展開に。ミドルペースで刻まれ迎えた直線、外から猛然と上がってきたのはジャスティンスカイ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 ゴールまで残り100m、前で粘るスマートクラージュを捉えて先頭に躍り出ると、内から来たカリボールや後方から追い上げるプルパレイをしのぎ切りそのままゴール。大敗続きのマイルから距離を短縮して挑んだレースで嬉しい1年3ヶ月ぶりの勝利を手に入れた。

 ジャスティンスカイは父キタサンブラック、母リアリサトリスという血統。キタサンブラック産駒はイクイノックスやソールオリエンスなど、クラシックディスタンスを得意とする馬も多い。一方で1400m以下の短距離では、これといった大物が出ていなかった。

スプリント路線に期待の1頭が登場か

 ただ、管理する友道師が「(元々は2000mを主戦場にしていた本馬が)1600mに短縮して良さが出ましたが、最近は集中力が持続しません。それで距離をさらに短縮」と説明していたことを振り返れば、マイル戦からスプリント戦へシフトしたことは、結果的に正解だったといえるだろう。

 連敗の長いトンネルを抜け、スプリント路線で活路を見つけたジャスティンスカイ。スプリンターとしての可能性は未知数だが、今後の活躍次第では秋に注目の1頭として名乗りを上げているかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

キタサンブラック産駒に新たな可能性!? イクイノックス、ソールオリエンスらと異なる距離適性…スプリント路線に期待の1頭が登場かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”