GJ > 競馬ニュース > 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!?
NEW

【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴

【この記事のキーワード】, ,
無敗二冠のかかるジャスティンミラノ 撮影:Ruriko.I
無敗二冠のかかるジャスティンミラノ 撮影:Ruriko.I

 今週末のオークス(G1)が終了すれば、いよいよ翌週の26日には3歳世代の頂点を決める日本ダービー(G1)が行われる。

 昨年のホープフルS(G1)で牡馬を蹴散らしたレガレイラの参戦も注目を集めるが、主役を務めるのはデビューから3連勝で皐月賞(G1)を制したジャスティンミラノ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)だ。

無敗の二冠狙うジャスティンミラノに不吉な予兆?

 ここまでキャリアはわずか3戦ながら、クラシック一冠目で3着に下したジャンタルマンタルがNHKマイルC(G1)を圧勝してその実力の高さを証明。2歳チャンプを共同通信杯(G3)、皐月賞で立て続けに撃破したのだから、ジャスティンミラノがすでに世代トップクラスであることは疑いようがない。

 前走でクビ差の接戦を繰り広げたコスモキュランダは、J.モレイラ騎手からM.デムーロ騎手への乗り替わりが発表済み。手強い相手であることは間違いないものの、こちらは3戦無敗の皐月賞馬。ライバルがすでに8戦を消化していることを思えば、伸びしろで上回るだろう。

 ただ、データ的な面では「不吉な予兆」があることもまた事実だ。

 ポテンシャルの高さで他馬を圧倒しているからこそ、無敗の皐月賞馬が誕生する訳だが、そのまま日本ダービーまで無敗を続けるには、速いだけではなく運も必要。過去、無敗の皐月賞馬がダービーで二冠を目指したケースを振り返ると、近年はイメージほど結果を残せていなかった。

 グレード制導入後に無敗の二冠を達成した馬は5頭。その顔触れはシンボリルドルフをはじめ、その仔トウカイテイオー、ミホノブルボン、ディープインパクト、コントレイルと歴史的な名馬が名を連ねる。ミホシンザンとアグネスタキオンは故障のため、出走が叶わなかったものの、出走していれば優勝していたかもしれない。

■無敗の皐月賞馬の日本ダービー成績

1984年 シンボリルドルフ 優勝
1985年 ミホシンザン 不出走
1991年 トウカイテイオー 優勝
1992年 ミホノブルボン 優勝
2001年 アグネスタキオン 不出走
2005年 ディープインパクト 優勝
2019年 サートゥルナーリア 4着
2020年 コントレイル 優勝
2021年 エフフォーリア 2着
2023年 ソールオリエンス 2着
※グレード制導入以降

 しかし、ディープインパクトの2005年までは勝率100%だった成績も、2019年のサートゥルナーリアが4着に敗れてからは傾向に変化が起きた。2020年のコントレイルは菊花賞(G1)も制して無敗の三冠馬に輝いているが、近5年においては「1勝3敗」という苦戦が続いているのである。

 スタートの出遅れが響いたサートゥルナーリア、ハナ差で敗れたエフフォーリア、クビ差で敗れたソールオリエンスがツキに見放されていたかどうかはさておき、ジャスティンミラノにとっては歓迎できない近年の傾向といえよう。

 11年前の日本ダービーを制した父キズナは、弥生賞(G2)を敗れ皐月賞の出走すら叶わず、毎日杯(G3)と京都新聞杯(G2)を経由したキャリア7戦目での栄冠だった。最短距離で夢の舞台に臨む孝行息子は、このままエリート街道を歩み続けることが出来るだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も