GJ > 競馬ニュース > 【葵S(G3)展望】
NEW

【葵S(G3)展望】3歳戦唯一のスプリント重賞!ダービー馬ロジャーバローズ産駒VS桜花賞5着馬…勝利のカギは「先行力」!?

京都競馬場 撮影:Ruriko.I
京都競馬場 撮影:Ruriko.I

3歳戦で唯一のスプリント重賞、葵S(G3)

 25日、京都競馬場では3歳戦で唯一のスプリント重賞、葵S(G3)が行われる。これまでマイル路線を歩んできた馬と短距離路線に専念してきた馬が入り乱れる楽しみな一戦といえるだろう。

 重賞に格付けされた2018年以降の勝ち馬6頭にはある共通点が存在する。それは前走4角通過順が3番手以内というもの。その条件を満たす実力馬3頭から紹介していきたい。

 前走のファルコンS(G3)で2着に逃げ粘ったのはオーキッドロマンス(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 デビューから2戦は1600mで3着と5着。3戦目で1200mに距離を短縮するとこれが功を奏し、未勝利戦、カンナS(OP)と連勝を決めた。

 その後は1400mの京王杯2歳S(G2)3着、初ダートの兵庫ジュニアグランプリ(G2)は6着に敗れるも、近2走はクロッカスS(L)とファルコンSで連続2着と安定した先行力を発揮している。

 スタートセンスとダッシュ力はピカイチで、前走も好発を決めてすんなりハナを切ると、前半3ハロン33秒8の単騎逃げ。残り200m過ぎまで楽な手応えのまま逃げ切り態勢に入っていたが、ゴール前でダノンマッキンリーの急襲に遭った。

 ただ、3着馬ソンシには2馬身の差をつけており、負けて強しの内容。2戦2勝のスプリント戦なら持ち前のスピードを如何なく発揮できるだろう。ロジャーバローズ譲りの先行力でダービー週に父へ重賞初勝利をプレゼントできるか。

 

桜花賞5着馬が参戦

 前走・桜花賞(G1)を4角2番手から0秒3差の5着に粘り込んだエトヴプレ(牝3歳、栗東・藤岡健一厩舎)も実力上位の1頭だ。

 マイルG1でも掲示板を確保したエトヴプレだが、2走前のフィリーズレビュー(G2)を11番人気で逃げ切っているように、距離は短い方がベター。実際に6ハロンの福島2歳S(OP)を勝つなど、この距離は「2-2-0-1」の好成績を残している。

 1200mで唯一着外の4着に敗れた中京2歳S(OP)は、エトヴプレがこれまで唯一経験した左回りだったが、コーナーで外に張ってスピードに乗り切れなかったことが大きく響いた。京都は初お目見えとなるが、右回りなら存分に力を発揮してくれるだろう。


 前走のフローラルウォーク賞(3歳1勝クラス)を2番手から押し切ったエポックヴィーナス(牝3歳、栗東・新谷功一厩舎)にも“勝つ資格”がある。

 これまでの5戦はすべてマイルを走ってきたが、前走で初の先行策を披露。終始2番手を進むと、直線で逃げ粘るモアニをクビ差交わして2勝目を挙げた。

 また特筆すべきは2走前のチューリップ賞(G2)。桜花賞で4着に入ったスウィープフィートと0秒5差、オークス(G1)に駒を進めたタガノエルピーダとはハナ差の5着に善戦しており、今回のメンバーが相手なら能力は一枚抜けている可能性もありそう。

 一気に2ハロン短縮となる初のスプリント戦でハイペースに戸惑わなければあっさり勝利を飾っても驚けない。

 

差し追い込み馬も2~3着に台頭している

 京都の内回りコースが舞台なら、先行力が重要になるのは間違いない。ただし、2~3着には差し追い込み馬がしっかり台頭しているのもまた事実である。

 前走のゆきつばき賞(3歳1勝クラス)で強烈な決め手を発揮して2着馬を3馬身突き放したアウェイキング(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)も侮れない1頭。翌日の日本ダービー(G1)に出走予定のシンエンペラーと同じ矢作厩舎×藤田晋オーナーの豪華コンビが前祝いとなる祝杯をあげられるか。


 ナムラクレアの弟として注目を浴びるナムラアトム(牡3歳、栗東・長谷川浩大厩舎)は、姉に似てスピードと瞬発力を兼ね備えている。前走のファルコンSは4着に敗れたが、のちのNHKマイルC(G1)3着馬ロジリオンには先着していた。距離短縮で巻き返しを期す。


 この他には、昨夏の小倉2歳王者でスプリント戦はそれ以来となるアスクワンタイム(牡3歳、栗東・梅田智之厩舎)、1400mに距離を短縮して未勝利戦、橘S(L)を連勝中のガロンヌ(牡3歳、栗東・上村洋行厩舎)、1200m戦で先行した時は「2-5-0-0」の好成績を残しているアララララ(牡3歳、美浦・清水英克厩舎)などにも注目したい。

 2年前に当レースを制したウインマーベルはその年の秋にスプリンターズS(G1)で2着、その後も短距離重賞をいくつも制している。今年もここをステップに飛躍する馬は現れるのか。注目の葵Sは25日の15時35分に発走予定となっている。

【葵S(G3)展望】3歳戦唯一のスプリント重賞!ダービー馬ロジャーバローズ産駒VS桜花賞5着馬…勝利のカギは「先行力」!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り