GJ > 競馬ニュース > 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯!
NEW

関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ

【この記事のキーワード】, ,
昨年8月以来の勝利を挙げた江田照男騎手
昨年8月以来の勝利を挙げた江田照男騎手

江田照男騎手が205戦ぶりの祝杯!

 19日の新潟7Rに行われた4歳以上1勝クラスは、9番人気の穴馬トーセンニック(牡6歳、美浦・田村康仁厩舎)が優勝。騎乗していたのは今年35年目の大ベテラン、江田照男騎手だ。

 江田照騎手といえば、1998年の日経賞(G2)を単勝355.7倍の超人気薄テンジンショウグンで優勝。単勝257.5倍のダイタクヤマトで逃げ切った2000年のスプリンターズS(G1)や、18番人気ミナレットに騎乗した2015年のヴィクトリアマイル(G1)では3着に入りG1最高配当の三連単2070万5810円を演出するなど、数々の大波乱を起こしてきた穴男である。

 ただ、2020年に年間27勝を挙げたのを最後に、近年の成績は右肩下がり。一昨年8勝、昨年4勝、そして今年はここまで未勝利だった。昨年8月の勝利を最後に白星から遠ざかっており、中央では204連敗を喫していたのだが、久々の祝杯となった。

「ダート1200mで争われた一戦で、江田照騎手とトーセンニックのコンビは道中4番手付近を追走。4コーナーで上手く内を回り最後の直線に向くと、ゴール寸前で測ったように差し切るという、ベテランらしい巧みな手綱さばきでしたね。

レース後も『早めに先頭に立つとやめる面があるので、前に目標を置いてじっくり運びました』と冷静なコメントを残していた同騎手ですが、なんせ中央では約9ヶ月ぶりの白星。内心ではホッとされたのではないかと思います」(競馬誌ライター)

JRA通算1000勝まであと「34」

 穴男らしく9番人気の伏兵とともに、長いトンネルから脱出となった江田照騎手。またこの勝利でJRA通算966勝となり、大台の1000勝まであと「34」と迫っている。

 今年35年目を迎えている関東の大ベテラン52歳の江田照騎手だが、今から10年前の2014年、『週プレNEWS』(集英社)から取材を受けた際には「こんなに長く続けてると思わなかったよね」と、ジョッキー人生について話していた。

 さらに「同じ世代でほかの現役の騎手はみんな1000勝とかしてるけど、僕みたいのもまだまだ需要があるんで、自然体でいいパフォーマンスを見せたいと思ってます」と語っていたが、それから約10年の月日が経ち、自身も着実に1000勝へ近づいてきた。

 近年は勝ち星のペースが落ちているものの、かつては年間60勝以上をマークしており腕は確か。年上である武豊騎手や横山典弘騎手、柴田善臣騎手もまだまだ勝利を積み重ねている。

 SNSやネット上でもかねてから「通算1000勝頑張ってほしい!」といった激励の言葉や「江田照男の通算1000勝達成を応援する会の一員です」と名乗るファンもいるなど、大記録達成を後押しする声は多い。大台到達を目指すとともに、これからも穴馬とのコンビでファンを魅了してほしい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着